HOMEストーリー「誰かが喜んでくれる写真」を目指して。 形としても記憶としても残ってもらえるように

「誰かが喜んでくれる写真」を目指して。 形としても記憶としても残ってもらえるように

身近な日常の風景を題材に写真を撮影されている、つたやんさん。つたやんさんの撮る写真はデジタルでありながらも、フィルム写真とも思えるような質感に、どこか静かで詩的な印象を覚えます。そんなつたやんさんが、どんな瞬間に魅力を感じ、どのように残されようとしているのかを知りたくて、お話を伺いました。

つたやん
created: 2020.08.03 / update: 2020.09.13
@tokyo_night__diveより
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― はじめに、つたやんさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいった経緯について教えてください。
 
初めて一眼カメラを手にしたのは一年半前でした。
 
それまでは、スマホですら写真を撮る行為をあまりしなかったのですが、友人と散歩がてらたまたまスマホで撮っていた写真が上手かったらしく、褒めてもらった当時の僕は自惚れに自惚れ、友人が持っていたお古の一眼を貸してもらいました。撮る度におだてあげられ、もっと良い写真撮りたい!とまんまとめり込まされました笑

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― つたやんさんの写真は穏やかでどこか詩的な印象を受けます。一方で、写真を通じて何かを見出そうという意志のようなものを感じます。どんな瞬間に魅力を感じ、どんな思いでシャッターを切っていらっしゃいますか。
 
自分の中で答えはまだないのですが、ここ最近は「良い写真」より「誰かが喜んでくれる写真」を目指しています。
 
この「誰か」っていうのは一応、僕自身のことも含んでいて、送り手と受け手によって色づく、無味無臭の写真というものが人の心の中で形を成して意味としてずっと残っていて欲しいと思っています。
 
流行で終わらせたくないし、時代のものになりたくない。あわよくば僕自身が時代になりたいです笑。SNSにおいてもそういう意図を持って常に発信しています。 

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― つたやんさんの写真は表現が多彩で、中にはどう撮っているだろう・・・と思うものもあります。撮りたい瞬間を自分のイメージ通りに表現することはとても難しいことだと思いますが、写真の表現において心がけていることや、工夫されていることを教えてください。
 
おぉ、ありがとうございます!!これに関しては矛盾しているのですが、僕が教えて欲しいくらいです。
 
というのも、人格が二つあるんじゃないかと思うくらい、知り合いからも普段のイメージとはかけ離れた繊細な写真だねとか、写真の雰囲気と違って天然なんですねとか、褒められているのか、貶されているのか、よくわからないありがたい言葉を掛けてくれます。
 
自分でも見返してみてなんでこんな風に撮ったんだろうとわからなくなる時があります。きっと、余計なことを考えずに、瞳とか水面の揺れとか一部に注目して、潜在意識の中にある写したい「目的」に身を任せて、純度100%の表現をしています。心と体が分離して、ただシャッターを切るだけの器になる感覚なのかなと思います。
 
あと、楽しむことが何より大切だと思います! むしろこれさえあれば何もいらないと思います。

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― また、つたやんさんの写真は色合いがとても印象的です。自分の色合いに辿り着くには、様々な試行錯誤があったと思います。好きな色合いや色彩表現において大切にされていることについて教えてください。
 
常に変化させ続けているのですが、やはり根本にあるのはフィルムを再現したいということですね。
 
フィルムで撮った写真を血眼で見まくりました。あと、大切なことは常識に囚われない貪欲さだと思います。フィルムの質感を求めすぎて、基礎的な設定値とかレタッチ上手い人に見せたらボロクソ言われると思います笑。かすみの除去とかほぼ-50くらいですし笑。
 
でもそれくらい自分の好きなものに固執するのが丁度良いんじゃないですかね。 そうでもしないと個性なんて生まれてこないと思います笑。

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:.instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― 続いて、使用されているカメラ・レンズについて教えてください。つたやんさんがメインで使っていらっしゃるカメラ・レンズについて、それぞれに辿り着いた経緯やお気に入りのポイントについて教えてください。
 
ボディがSONY α7 IIでレンズがSuper-Takumar 55m F1.8です。
 
ボディに関しては友達のお古をいつまでも使っているのはいかん!と思い、自分が上手いと思う人がよく使っていたのがこれだったので購入しました。特徴としては、やはり発色の良さじゃないですかね。あとフルサイズにしては安いんじゃないかと思います。
 
レンズに関してはなんで買ったんでしょうね笑。ネットサーフィンしていたら巡り合いました笑。でも、愛着がすごく強くて今でも使っています! フレアや玉ボケなど、光次第では遊び心満載です!!

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram


― 最後に、つたやんさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。
 
僕のお気に入りはこれです!

SONY α7 II / Super-Takumar 55mm F1.8
出典:instagram

放課後に友達と噴水で撮った写真なんですけど、訳わからんくらい良い写真が撮れました笑。奥から夕陽がさしてオレンジと青のコントラストも好きだし、滴や波紋も良い! エモいってやつですね。
 
今欲しいカメラはcontax Ariaです!