HOMEストーリー私が見た「好き」と思える世界を。 オールドレンズ の個性と感性から生まれる私だけの表現

私が見た「好き」と思える世界を。 オールドレンズ の個性と感性から生まれる私だけの表現

フィルムカメラやオールドレンズ を中心にカメラファッションを提案するセレクトショップ「on and on」での勤務やフォトスクールでの講師経験をもつm.uca____さん。デジタルカメラ/フィルムカメラ/オールドレンズの性能や個性を知るm.uca____さんの写真の表現は実に多彩。綺麗に写すことだけが写真の表現ではないということを改めて感じさせてくれます。そんなm.uca____さんの表現の裏側に潜む写真への向き合い方やこだわりを伺いました。

m.uca____
created: 2020.01.18 / update: 2020.09.13
@m.uca____より
出典:instagram

PENTAX MX / SMCtakumar50mmF1.7
出典:instagram

SONY α7II / Super-Takumar 55mmF2
出典:instagram

SONY α7II / Super-Takumar 55mmF2
出典:instagram

― はじめにm.uca____さんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいったきっかけについて教えてください。
 
大学の入学祝いに両親からPanasonicのミラーレスカメラをもらったことがきっかけです。当初憧れのカメラを持てたことが嬉しく、休みの日があればカメラを持ち歩いていました。ただ、カメラ初心者なのでなかなかうまく撮れず頭を抱える日々でした。もちろんその時はオートでの撮影ばかりでした…。
 
大学生の頃カメラを持っていたこともあり、関西の某有名テーマパークで1年半ほどアルバイトでカメラマンの仕事をしていました。(ただ難しい設定などは社員さんやレギュラーさんがしてくれていたので、なかなかカメラの知識はつきませんでしたが…)
 
そこでは、今日一日楽しむぞ!と言うお客様の笑顔が見られること、その瞬間を残すことができる嬉しさがたまりませんでした。今考えると、写真が好きになったきっかけはここなのかもしれません。
 
 
― m.uca____さんの写真を拝見していると、切り取るシーンが実に様々で、どういう瞬間に何を感じてシャッターを切っているのかがとても気になったのですが、ご自身ではどう捉えていらっしゃいますか?また、影響を受けた方はいますか?
 
写真を撮る際決まったイメージはなく、生活していて 「好き」 と思える瞬間瞬間にシャッターを切るようにしています。なので、普段からカメラは持ち歩くようにしていますし、友人と遊びに行くときも撮らしてもらうことも多々あります。

SONY α7II / Yashinon50mmF1.9
出典:instagram

SONY α7II / Super-Takumar 55mmF2
出典:instagram

Panasonic LUMIX DMC-GM1 / Kodak Anastigmat 25mm F1.9
出典:instagram

カメラを好きになる事はもちろんですが、撮った写真も「好き」になってあげないと…と思うんですよね。もちろん失敗写真もありますが、それもいい思い出になりますし、自分が「良い!」と思える写真がたくさんあると自信にもつながるので。
 
恥ずかしながら写真家さんに疎くて…。よく参考にするのは「instagram」で気になっているワードをよく検索します(#オールドレンズ #フィルムカメラなど)。たくさん素敵な写真が投稿されていますし、インスタだとより身近にこんな写真私も撮れるかもと感じられるんです。もちろん難しいですが…笑
 
あとは、周りでカメラをしている人も参考にしますね。よりわかりやすく説明してくれますし、レクチャーしてくれるので友達も先生みたいな感じですね。
 
これからもいろんな写真を見て勉強勉強…です◎


― 光の捉え方がとても素敵です。デジタルやフィルム、またレンズはどう使い分けていらっしゃいますか?
 
その日の気分でカメラは使い分けています。今日はデジタルで撮りたいなと思ったらデジタル持っていきますし、今日はフィルムだな…と思ったらフィルムだけですし。結構気分屋なのかもしれません…笑。ただ、少し遠出するときや友人と撮影に出かけるぞ!という時はどんな場面に出会えるかわからないので全部持っていくことが多いですね。
 
最近デジタルの時は昨年購入した【SONY α7Ⅱ】を持ち歩くことが多いです。それまでは【LUMIX DMC-GM1】と【Canon70D】を使用していたのですが、オールドレンズを使用する際基本50mmが多い為、何かと画角に無理が出ることがあったのでフルサイズ機に変更しました。α7はとても使いやすいですしオールドレンズとの相性も抜群なので満足です!
 
レンズもロケーションに合わせて癖の出やすい【PENTACON(ペンタコン)】や【Domiplan(ドミプラン)】を使用することもありますが、レギュラーレンズは【SuperTakumar55mm】ですね。このレンズ実は私が初めて購入したオールドレンズなんです。
 
初めて試した時に「あ!」「ドキッ!」と思えたんですよね。魅力はなんといっても「なめらかなボケ感」「ピントが来た時の鮮明さ」「フレア」です。

Canon 70D / Super-Takumar 55mmF2
出典:instagram

SONY α7II / Super-Takumar 55mmF2
出典:instagram

フィルムカメラは「PENTAX MX」を愛用しています。このカメラもフィルムカメラをはじめようと思って購入したカメラなのですが、とても簡単&デザイン性&軽量が良い点です!

PENTAX MX / SMCtakumar50mmF1.7
出典:instagram

PENTAX MX / SMCtakumar50mmF1.7
出典:instagram

改めて振り返ると衝動買いしたカメラやレンズほど大切にしているかもしれません。笑


― オールドレンズを使った写真が多いですが、オールドレンズのどんなところに魅力を感じていますか?
 
一言で言い表せないですね…笑。やはり、自分でピントを合わせるというところからドキドキしますし、レンズによってボケ方や色味が違ったり、触れば触るほどレンズ1本1本の個体差が愛おしく感じます。
 
同じロケーションでも季節や天候・時間によって写り方が変わるのもオールドレンズの良さです。先ほどと重複しますが、私自身オールドレンズで一番面白いと思えるのがフレア・ゴーストです。初めてオールドレンズで撮影した時もフレアの出方に感動したことを覚えています。純正のレンズでは味わえない楽しさが詰まっているのが魅力の一つです。

Panasonic LUMIX DMC-GM1 / Yashinon50mmF1.9


― オールドレンズは歴史がある一方で情報も少ないため、あまりカメラやレンズに詳しくない方にとってはハードルが高いと思いますが、これから始める方へのアドバイスがあれば教えてください。
 
ご存知の方も増えてきていますが中々スタートするには一歩を踏み出せない…という方も多くいらっしゃいますよね。最初はインスタグラムなどで「#オールドレンズ」から写真を見るところからはじめると良いと思います。たくさん写真出てきますし、一緒にレンズの名前が明記されていることも多いので、写真をそのままお店の方に「このレンズありますか?」と聞くこともできますし。お店の人もその人の好みがわかるので会話しやすくなります。
 
あとは、自分にあったカメラ屋さんを見つけるのもおすすめです。「中古カメラ屋さんは入りにくい」「聞き辛い」とお聞きしたこともありますし、現に私も勇気がないと入れない一人なので、すごく初心者の方の気持ちが分かるんですよ…笑
 
その中でも、ここは入りやすいな・声かけやすいな・話しやすいなというお店をが見つかれば、他のお店は「ココが良いよ!」「こんなオールドレンズの種類が置いているよ」とカメラ屋さんだからこそ知っている詳しい情報が聞けたりします。まずは、入りやすいお店を探すところからスタートしてもいいかもしれませんね!


― m.uca___さんはポラロイドカメラ専用のアカウント(@uca.photo)もお持ちでいらっしゃいますが、ポラロイドにどんな魅力を感じていますか。また、フィルムカメラとはどのように使い分けていますか?
 
70年代に生産された「SX70」というポラロイドカメラでも写真を撮っていますが、なんといっても他にはない色合いが特徴的でデジタルでも、ほかのフィルムカメラでも出せない風合いを表現してくれます。
 
その場で出てくる楽しみもありますし、写真1枚1枚大切に撮るので成功率も高いんですよね。これにハマると抜け出せない感は否めません!!!笑

SX70 model2
出典:instagram


― 最後に、m.uca____さんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。
 
友達と福岡県の糸島に弾丸で遊びに行った時の写真です。まだ、フィルムカメラを初めてまもない頃に撮ったのですが、彼女の背中から笑い声が今でも聴こえてくる写真なんです。気を張らず楽しい瞬間にシャッターが切れると良いですよね!

PENTAX MX / SMC takumar50mm F1.7
出典:instagram

次に狙っているのが「ハーフカメラ」です。コンパクトで気軽に撮れるのが◎ポイントです!ちょっと気軽にハーフカメラ旅とかドキドキしますし組写真を撮るなんてのも良いですよね。考えるだけでもワクワクしちゃいます。
 
写真って自分の個性を出す一つのツールだと思います。世の中一人一人見ている景色って、絶対違うと思います。私が見た「好き」と思える世界を、他の方にも感じてもらえると嬉しいですし、これからも日常の「好き」と思える瞬間を切り取っていければなと思います。