HOMEストーリー「#大きくなった君へ」。 母の目線で、君たちとの毎日を残していきたくて

「#大きくなった君へ」。 母の目線で、君たちとの毎日を残していきたくて

5歳と3歳の二人のお子さん(兄弟)との毎日を撮影されているyuriさん。夕日に向かってジャンプする後ろ姿や、お父さんと無邪気に川で遊ぶ姿、兄弟揃って電車を見つめる姿など、男の子ならではの瞬間を母親の目線で捉えた写真の数々は、見ているこちら側にまで幸せな空気が伝わってきます。そんなyuriさんが写真に込めている想いや、どんな風に瞬間を捉えているのかを知りたくて、お話を伺いました。

yuri tashiro
created: 2020.01.19 / update: 2020.07.15
@tashiro_cameraより
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram


はじめに、yuriさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいった経緯について教えてください。
 
ミラーレスカメラを使っているときに、友達や家族に「写真うまいね!」と褒めてもらえたことが写真を始めたきっかけです。喜んでもらえたことが嬉しくて。
 
もともと綺麗な景色を見に出かけることが好きだったので、子どもが生まれてからは息子達と出かけた思い出を、より綺麗に残せたらなと思いカメラを始めました。

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram


yuriさんのお写真には、家族愛と写真愛が溢れていて、見ている側にまで幸せが伝わってきそうです。yuriさんが付けていらっしゃるハッシュタグ「#大きくなった君へ」はまさにその象徴的な存在かと思います。どんなことを意識しながら、どんな瞬間を残していきたいと考えていらっしゃいますか?
 
その時の子どもの表情や、行った場所の記録だけじゃなくて、その時間の全部を記憶したいと思って撮っています。例えば夕日が綺麗だったとか、雨の匂いがしたとか。あったかくて柔らかい子どもの手の温もりとか。子どもと共有した時間を全部忘れたくなくて、その時の空気感をまるごと思い出せるようにと意識しています。引きの構図が多いのはそのせいかもしれません。
 
 
#大きくなった君へ
 
思春期になった君は、きっと私と目を合わせるのも嫌がるでしょう。
彼女ができた君は、きっと私を鬱陶しがるでしょう。
一人暮らしをした君は、きっとたまにしか帰ってこないでしょう。
 
大切な人ができた君は、君を想う今の私を少しだけ想像してくれるかな。
 
そんないつか大きくなった君へ贈る母の愛をここに。


Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram


個人的にyuriさんの写真の色合いがとても好きです。やや濃厚な色合いに、アンダー目なんだけれどもキラキラと、光と陰が共存している印象を受けます。写真表現や色合いでこだわっている点を教えてください。また、写真家でも写真家でなくても影響を受けた方はいらっしゃいますか?
 
かなり意識しているのが「5歳の男の子」を撮るということ。女の子のように風で髪はなびかないし、広がるスカートもない。動きを出しにくいのでその分光や奥行で立体感や臨場感を意識しています。
 
また、特に長男は赤ちゃんのような柔らかさはなくなってきて、たくましいしっかりした男の子になってきています。やさしい雰囲気のふわふわとした写真というよりは、男の子らしくてでも温かみのある今の息子だからこそ出せる色を日々模索しています。
 
写真家さんは尊敬している人が多すぎて。お名前を挙げ出すとキリがないのですが。インスタグラムで知って拝見させていただいているのが、inagakiyasutoさん。奥様と息子さんへの愛情が伝わるお写真もそうですが、風景写真がとんでもなく鮮明で美しい。
 
私も暗い場所や動く被写体の撮影など、どんな場面でも適応できるようになりたいな、風景の撮影についてもっと勉強したいなと刺激を受けています。
 
レタッチは、LightroomとVSCOを使うことが多いです。Lightroomは細かい色を部分調整することに使い、VSCOでフィルターを使って、全体の色味や明るさを調整しています。基本的には一枚の写真の中に入っている色数を少なめにするように心がけています。
 
こだわっていることは、やりすぎないこと。何年経ってもいい写真だなと思えるように、その時見た景色を再現しつつ、今自分がしたいと思うレタッチの一歩手前で止めるようにしています。

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram


yuriさんは標準域の単焦点レンズに加えて、中望遠域の単焦点レンズも使っていらっしゃると思います。見れば見るほど欲しくなってしまうのですが笑、標準域に加えて、中望遠域のレンズを選ばれた理由や魅力を教えてください。また、いろいろな焦点距離がある中、その距離に決めた理由も合わせてお願いします。
 
望遠レンズを購入した理由は、まずひとつは、標準域のレンズでは運動会などの園行事で息子の姿を追えなかったこと。そして、もう一つが望遠域のレンズの特徴である圧縮効果を使用して非日常的な風景写真に挑戦してみたかったことがあります。
 
赤ちゃんの頃の写真を見返すとどの写真も画面いっぱいに息子の顔がありました。今は息子達も少し大きくなって、私は息子達の後ろ姿を追うことが圧倒的に多くなりました。いつも抱っこしていた息子が歩くようになり、真横で手を繋いで歩いていた息子が今は母の前をズンズンと進んで歩くようになりました。
 
そんな息子たちの後ろ姿を、危なくない範囲で少し離れて見守れるようになったので、望遠レンズをますます活用できるようになりました。

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram


きっと同じような悩みを抱えているお母さんがいらっしゃると思いますので、教えてください。お子さんがいらっしゃるお母さんの立場で重量級のレンズを複数持ち運ぶのはなかなか大変だと思います。お出かけの際は、レンズは複数持ち歩かれていますでしょうか。それとも今日はこのレンズと決めていらっしゃいますでしょうか?成功体験や失敗体験などがあれば、合わせて教えてください。
 
基本的にはレンズは行く場所によって持って行くものをひとつ決めています。荷物が重いのはあまり気になりませんが、現場でレンズを交換する作業が嫌なので。
 
山や絶景を見に行く時は中望遠のレンズを付けて行くことが多いです。ただ、私が予想したよりも下がれない場所だったりして標準レンズを持ってくれば良かったなと後悔することは多いです。
 
もうひとつミラーレスカメラのようなコンパクトカメラに別のレンズを付けてレンズ交換をしなくても撮影したい状況に合わせて使い分けをすることが理想です。
 
 
yuriさんがメインで使っているカメラ・レンズについて教えてください。それぞれの魅力や、使い分けについても教えてください。
 
カメラはCanon EOS 6D。 レンズはSIGMA 50mmARTとSIGMA 135mmARTです。SIGMAのARTシリーズは色鮮やかで解像度が高いことが魅力だと思います。標準レンズは日常を、中望遠レンズは非日常を撮るという感覚です。

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM | Art
出典:instagram

Canon EOS 6D / SIGMA 135mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram


最後に、yuriさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。
 
夏の暑い時期に撮った一枚です。今だったらもう少し上手く撮れるかな、なんていう反省点は多い一枚なのですが。(笑)

Canon EOS 6D / SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art
出典:instagram

汗の張り付いたTシャツと日に焼けた息子たちの、まさに夏の男の子らしい写真になったのでお気に入りです。この写真をインスタグラムにあげた時に、フォロワーさんがコメントで『ぼくのなつやすみ』というゲームを思い出しましたと言ってくださったことが嬉しかったのも印象的です。
 
狙っているものは。もう今すぐにでも広角レンズが欲しいです。(笑)今までどれだけ下がっても入れられなかった風景を全部入れてみたいです。挑戦してみたい構図もたくさんあります。頑張ってレンズ貯金します。(笑)
 
今後の抱負は。
ありがたいことに今年は家族写真のご依頼をいただくこともありました。息子たちを撮ることに限らずやはり私はカメラが大好きなので、お話をいただけた時は大切なご家族の思い出を残すお手伝いができたらいいなと思います。
 
息子達のことも相変わらず撮っていきたい。大きくなるにつれてきっと今ほど写真を撮らせてくれなくなると思います。息子の卒業式とか成人式とか。そんな節目節目でいいので撮れたらいいなと思います。思い描いている理想は、息子が家から巣立つ時「行ってきます」の後ろ姿を撮ることかな。想像しただけでも泣いてしまいますが。