HOMEストーリー私にとって写真は「日常のキリトリ」。 風景に溶け込むかのような自然体のポートレートを

私にとって写真は「日常のキリトリ」。 風景に溶け込むかのような自然体のポートレートを

週末カメラマンとして、ポートレート撮影をしながら、写真展も開催されているくろみつきなこさん。くろみつきなこさんの撮る写真は構えず自然体でありながら、どこか物語の一コマのような雰囲気に溢れ、見る人を魅了します。そんなくろみつきなこさんが、どんな瞬間に魅了され、どんな思いでシャッターを切っているのかを知りたくてお話を伺いました。

くろみつ きなこ
created: 2021.02.06 / update: 2021.02.06
@k1nako3より
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

Canon EOS-1D X / EF135mm F2L USM
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram


― はじめに、くろみつきなこさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいった経緯について教えてください。
 
初めて自分のカメラを買ったのは高校2年生の頃でした。修学旅行に持って行くためでしたので、正直「写ればいい」くらいの気持ちでコンデジを購入しました。高校3年生になったある日のことでした。卒業アルバムの制作のために、カメラマンさんのデータをもらいました。その時わたしは「なんで自分の写真とこんなに違うんだ」と驚いたのです。写真の明るさ、画質そしてボケ感、すべてが別次元でした。その時に初めて一眼レフというものを知ったのです。
 
大学へ進学後、初めてアルバイトをして初めての一眼レフを手に入れました。Canonのエントリー機です。本格的に活動している今では物足りなさを感じますが、ファインダーに収める1枚1枚がとても新鮮でした。それが「出かけた時に撮る」から「撮るために出かける」に変わった瞬間だったのです。
 
 
― くろみつきなこさんの写真からは、どこか邦画やアニメの中のような雰囲気を感じます。ポートレート写真を撮る方は多くいますが、一目でくろみつきなこさんの写真だと分かるほどです。くろみつきなこさんの感性や美意識がそのまま表現されていると思うのですが、どんな瞬間に魅力を感じ、どう表現しようと考えていらっしゃいますか。
 
撮影で意識していることは「日常のキリトリ」です。わたしの撮影では基本的にポージング必要としていません。あくまでも自然体を残したくてシャッターを切っています。
 
なので、普段から「あの建物を見ていてください」であったり「その辺を歩いてもらって時々振り向いてください」など、指示はあっさりすることが多いです。中には「カメラは見ないでください」なんてお願いすることもあります(笑)
 
ポートレートだからと身構えて撮影をしてしまうと、どうしても表情が固くなったり自然な笑顔が出にくいものです。あくまでも日常のワンシーン、まるで風景に溶け込むかのようなポートレートを表現したいと思っています。

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Canon EF135mm F2L USM
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram


― シチュエーション設定やロケーション選びについて教えてください。例えば夕日を求める場合、どの時間帯でどの場所がいい日が入るかなど計画を立てておかないと、理想通りの撮影ができないと思いますが、事前や当日どのようにイメージを作り、それを実現されていらっしゃいますか。
 
実はロケーションの選定はそんなにこだわっていません(笑)。何も考えていないといえば嘘になりますが、まず公園や海、川などの自然なところか、ストリートなど街撮りにするかを被写体さんと話し合って決めます。
 
イメージが決まれば、あとはお互いが行きやすい地域からロケ地を選定します。撮影は体力も集中力も必要なものです。長時間の移動が伴うロケ地では、お互いの負担も多くなるため、できるだけ行きやすいくポートレートを気軽に楽しめるようするのもわたしの撮影スタイルです。
 
ですが、時間帯や天気は妥協したくありません。夕日を取り入れた写真を撮ることが多く、当日の天気は数日前からウォッチし、場合によってはリスケをすることもあります。お互い貴重な時間を割いて撮影に挑んでいるわけです。せっかくなら最高の写真を残したいから、こんなもんだと思われたくないから、ベストなコンディションで撮ることを心がけています。

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Canon EF135mm F2L USM
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram


― 続いて色合いについて教えてください。くろみつきなこさんの写真からは柔らかい雰囲気の中にも、ややレトロでノスタルジックな印象を受けます。撮影時の設定やレタッチにおいて、どんなことを心がけていらっしゃいますか。
 
撮影においては、一瞬一瞬を逃さないよう、撮ることに集中するため基本的にはカメラ任せです(笑)なので、レタッチで個性を表現しています。おそらく撮影中にデータを見せられた時に、あれ?って思う方もいらっしゃるでしょう。撮影はまだ食材集めの段階。わたしの料理はここからなのです。
 
どんな味付け(レタッチ)にするかは、その時の被写体さんの表情や背景などを考えて決めています。明るく笑顔が輝く被写体さんの場合には鮮やか目に仕上げることが多く、落ち着いた雰囲気の被写体さんの場合には、淡い世界観で表現することが多いです。いまでは被写体さんをくっきり浮き上がらせて、風景の一部でもあり写真の主人公でもある、そんなことをイメージしながらレタッチしています。

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram


― オールドレンズをよく使用されていらっしゃいますが、くろみつきなこさんが感じるオールドレンズの魅力について教えてください。
 
どこか懐かしく、切なくなるような感情にさせてくれるところです。もちろん現行レンズのカリッとした高解像度を実現してくれるレンズも好みです。シグマのArtレンズもよく使っています。
 
しかし、正直オールドレンズはピントは甘い、画質もさほどよくないけど、現行レンズにはない味がある描写が好きなんです。光のふわっとした質感、ほんとにたまりません。

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram


― くろみつきなこさんがメインで使っているカメラ・レンズについて教えてください。それぞれに辿り着いた経緯や、それぞれのカメラ・レンズのお気に入りの点について教えてください。
 
はじめはCanonのKissを購入しました。それから数年間Canonを使い続け、気付けば1DXまで購入していました(笑)。最高級の写りを手にした一方で、大口径レンズと巨大なボディの組み合わせは、あちこち歩き回るポートレート撮影ではなかなか体力を消耗するものでした。
 
ミラーレス機が注目され始めてきたある日、評判のよかったSONY α7Ⅲを購入しました。クチコミ通りコンパクトで機動性に優れ、スナップのような気軽な写真から、がっつりポートレートまで幅広く対応できる、ポートレートがより身近になりました。「気軽に上質な写り」を実現してくれるパートナーと言えるでしょう。
 
お気に入りのレンズはSuper-Takumar 50mm F1.4とSIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Artです。スーパータクマーの良さはやはり光の演出です。代名詞とも言える夕方の撮影では、幻想的な世界を演出してくれています。そしてわたしの写真において135mmのイメージを持っている方も多いと思います。圧倒的なボケと圧縮効果は望遠レンズならではであり、今後のポートレート活動には欠かせないレンズの一つになると思っております。

SONY α7R III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram

SONY α7 III / SIGMA 135mm F1.8 DG HSM|Art
出典:instagram


― 最後に、くろみつきなこさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。
 
桜のポートレートは、咲いている期間も限られ、花の高さや映り込む人混み、そして天気など、数々のコンディションが揃わないと満足した写真を残すことができません。そんな中、最高の条件で撮影できたのがこの写真です。

SONY α7 III / Super-Takumar 50mm F1.4
出典:instagram

「インスタ映え」という言葉があるように、いかにSNSできれいに見せるかが注目されていると思います。ですが、わたしは印刷した写真を直接目で見て、わたしの世界観を感じてほしいなと思っています。そのためにも写真を展示する機会を増やして、直接足を運んでいただける機会をたくさん作りたいです。