HOMEオールドレンズHelios 44-2 58mm F2
Helios 44-2 58mm F2

Helios 44-2 58mm F2

独特の癖やミラーレスカメラとの相性の良さから、近年注目を浴びているオールドレンズ。多くのオールドレンズの中でも、最初の一本として人気が高いのがHelios 44-2 58mm F2というレンズです。そんなHelios 44-2 58mm F2の魅力や中古市場、作例などをご紹介いたします。

オールドレンズ / その他 / 標準
新品:
12,900円〜(23)
中古:
5,540円〜(54)

最初の一本としておすすめのオールドレンズ 


ミラーレスカメラの普及により、最注目されているオールドレンズ。その中でも、特徴的なボケなどから人気が高いHelios 44-2 58mm F2について、ご紹介いたします。

Helios 44-2 58mm F2の外観
出典:flickr(@DeusXFlorida)

Panasonic LUMIX DMC-G5 / Helios 44-2
出典:flickr(@A_Peach)

FUJIFILM X-Pro2 / Helios 44-2
出典:flickr(@Peter Balcerzak)

Canon EOS Kiss X7 / Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@MJ Klaver)

1.最初の一本として選ばれるオールドレンズ

数多く存在するオールドレンズの中から最初の一本として人気の高いHelios 44-2 58mm F2。オールドレンズ特有の柔らかなボケに加え、ぐるぐるボケという癖のあるHeliosレンズは、今までに無い世界を表現できるとあって、インスタグラムなどで人気に火が付きました。

以下の作例のように、花と緑というシンプルな構図でも、ぐるぐるしたボケや独特の色調で作品のアート性を高めてくれます。

Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@Mian)

2.ぐるぐるボケを出すには

Helios 44-2 58mm F2の特徴の一つとして、ぼかした背景が画面中央を中心にぐるぐると渦巻くように写ります。このボケ方の事を、ぐるぐるボケと呼びます。ぐるぐるボケを出すには、以下の3つを意識すると上手くいきます。

  • 絞りをF2に設定して開放状態にする
  • 背景をぼかす
  • 木漏れ日やイルミネーションなど明るい小さな光の多い背景にする

この3つの条件が揃うと、他のレンズでは味わえない背景がぐるぐる回るような個性的な写真が撮れます。

3.中古市場

最近はインスタグラムで話題になったという事もあり、少し中古価格が上昇しています。しかし、その他のオールドレンズに比べると価格はまだまだ低く、オンラインショップでは、大体7,000円~10,000円で取り引きされています。

マウントアダプターとセットで販売されているものも多いので、使っているカメラに合わせて購入を検討するのも良いかと思います。


ヘリオスの種類について


ぐるぐるボケで有名なHelios 44シリーズは、在庫が豊富で価格も低いという事で人気のレンズです。Helios 44シリーズは、レアモデルや高スペックモデルなど、全18種類のレンズが存在します。レンズ構成は基本的に同じですが、個々で微妙な違いが存在します。

その中でもHelios 44-2 58mm F2からはM42マウントに統一されたので、オールドレンズ初心者の方も安心して使用できます。また、Helios 44シリーズの中でも最も流通しているレンズなので、入手しやすいのでおすすめです。


作例紹介


Canon EOS Kiss X7 / Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@MJ Klaver)
鮮やかな緑が印象的な一枚。背景の光が渦巻くようなぐるぐるボケになっていて、観る人を惹きつけます。

SONY α7 II / Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@YJ_Lee)
静かな空気感が伝わる一枚。ぐるぐるボケできれいにボケた背景に、真紅の花が浮かび上がります。

SONY α7R / Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@Kevin Law)
かすみがかった幻想的な一枚。ミラーレスデジタル一眼で撮影されていますが、フィルムカメラで撮ったような柔らかい印象になっています。

Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@Takayuki Miki)
温度を失ったような不思議な質感の作品。アジサイと周囲とのピントの差が激しく、突き刺さりそうな印象を与えます。

SONY α7R II / Helios 44-2 58mm F2
出典:flickr(@Sketyl none)
フレアの赤と空の青さが対照的な一枚。全体的に柔らかいボケの中に、シャープな橋の線が引き締めます。


SONY、Canon、Nikon等のカメラでの使用について


HeliosのマウントはM42なので、SONY、Canon、Nikon等の異なるマウントのカメラで使用する場合には、マウントアダプターが必要になります。その時注意していただきたいのが、フランジバックです。

フランジバックとは、ボディのマウント面からフィルムや映像素子までの距離の事で、カメラごとに違います。この距離が正しく守られないと、無限遠マークに合わせても遠くにピントが合わないなどのズレが生じます。オールドレンズの場合は、「オールドレンズ のフランジバック = カメラ本体のマウントのフランジバック+マウントアダプターの厚み」という計算でフランジバックを考えます。

ミラーレス一眼は構造上20mm前後とフランジバックが短いので、アダプターの厚みで調整しやすく、Helios 44-2とミラーレス一眼との相性は良いと言われています。逆に、普通の一眼レフはフランジバックが40㎜台と長いので、Helios 44-2を使うのは厳しいです。

なお、M42マウントはメジャーマウントであるため、他のマウントのマウントアダプターは多く販売されています。初めてM42マウントのレンズを使う方はマウントアダプターも合わせて購入ください。


愛用者のコメント


ストーリー:「花と光とオールドレンズ と。 枯れ花と光に見出したストーリーを切り取って」にてHelios 44-2 58mm F2の魅力について語っていただいたwakoさんのコメントをご紹介します。

--
最近はHeliosで表現したいものばかりだったのでHeliosでのみ撮っています。その理由はHelios特有の「ぐるボケ」です。
--

Canon EOS M3 / Helios 44-2 58mm F2
出典:instagram(@h_ach_i1996)

 

ネットユーザーのレビュー


ぐるぐるボケや豪快なフレア、彩度が低めで落ち着いた印象の写真が撮れるとの声が多く寄せられていました。逆光での撮影は、写りが甘くなる、コントラストが下がるなどの意見があり、普通の綺麗な写真を撮る上では向いていないけれど、それを踏まえた上で独特の作品を生み出すのに使用する方も多いようです。
 

まとめ


ぐるぐるボケやオールドレンズの代名詞として知られるHelios 44-2 58mm F2。その癖の強さから、一度使うと虜になってしまう魔性のレンズで、流通量が多く入手しやすい上に価格も手ごろな事から、オールドレンズ初心者の初めの一本としておすすめのレンズです。ミラーレス一眼との相性も良く、デジタルカメラでもフィルムカメラで撮ったような優しい雰囲気の作品に仕上がります。

ぜひ、オールドレンズという新しい引き出しを、Helios 44-2 58mm F2で開けてみませんか。
基本仕様
対応マウントM42マウント
フォーカスMF
レンズ構成4群6枚
絞り羽根枚数8枚
焦点距離

最短撮影距離50.0cm
最大撮影倍率
開放F値F2.0〜16.0
画角
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ
重量
フィルター径49mm
発売日
発売日