HOMEストーリー自分らしさを大切に。 今自分が見ている光景を写真を通じて残していく

自分らしさを大切に。 今自分が見ている光景を写真を通じて残していく

会社員として働くかたわら、地元東北にて星空を中心とした風景を写真に残されているyasaさん。yusaさんのinstagramアカウントに広がる多様な「青」と多様な「表現」には誰もが驚かされます。そんな自分らしい表現を追求されているyusaさんが、どんな景色・どんな瞬間を写真に残されようとしているのかを知りたくて、お話を伺いました。

yusa
created: 2020.06.17 / update: 2020.07.15
@yusa__style_より
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II // PENTACON auto 50mm f1.8
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / PENTACON auto 50mm f1.8
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M22mm F2 STM
出典:instagram

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RX
出典:instagram


― はじめにyusaさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいった経緯について教えてください。
 
自然が豊かな田舎で生まれ育ってきたので、小さいころから四季の移ろいや空を流れる雲、時間によって変わる空のグラデーション、輝く星というような自然が大好きでした。高校生になり携帯を持つようになって1日数百枚の空の写真を撮っていたりして…(笑)いつかはカメラが欲しいなとずっと思っていました。
 
社会人になってインスタグラムが流行り周りにカメラを持っている人が増え、詳しい友達に相談に乗ってもらいカメラを購入しました。
 
のめりこんだきっかけは、やっぱり星が撮れるようになったことです。携帯のカメラや肉眼でもとらえられない星々を撮れるようになった時の感動は今でも忘れられません。
 
私は言葉でものを伝えることが苦手ですが、写真は言葉で伝えられないことも表現できますし、その時を“生きた証”としていつまでも残すことができます。
 
今は今しかない、今自分が見ている光景は言葉では表せない、いつまでも宝物のようにとっておきたい、と思っています。

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RX
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RX
出典:instagram


― yusaさんの視点の多様さに驚かされます。写真には撮る方の感性が詰まっていると思っていますが、yusaさんの感性がどのように培われたのかがとても気になりました。どんな経験をされてきたのか、また写真家でも写真家でなくても影響を受けた方がいれば教えてください。
 
そう言っていただけてうれしい限りです。やはりそれも、小さいころから自然をずっと見てきたからではないでしょうか。
 
あとは、【他の人と同じ】というのがあまり好きではなくて、常に他の人が見ていないようなところはないかと考えて撮っていたりします。定番の構図ももちろん撮るのですがその他にたくさん動いていろんな角度で見ることを心掛けています。暇があればロケハンも結構して、地元を知り尽くそうと頑張っています!(特にまだみんなが見つけていない所を目指して…)
 
そして、行きたいと思ったら、絶対行く!会いたいと思ったら絶対会う!という行動力(?)を大切にしています!
 
影響を受けた、特にこの人!という人は思いつきません。ですが、いつも写真を一緒に取りに行く仲間やインスタグラムで繋がっている人とのお話の中で気づかされることは多く、ご縁や話の合う仲間はほんと大切だなと思います。あとは、テレビやミュージックビデオ、絵本の挿絵などからイメージが膨らむこともあります。

Canon EOS M100 / EF-M15-45 IS STM
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M15-45 IS STM
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram


― 星空といえば解像度を高めた写真が一般的な中、yusaさんはオールドレンズでも撮影されていらっしゃいます。他にもどのように撮影されているのか全くわからないものもあります笑。yusaさんが表現において心がけていること、試行錯誤してできた表現などをお教えください。
 
(先ほどと被りますが)他の方があまりしていないことを探しながら撮るのが好きで、いろいろ試している中、オールドレンズで撮る星空に目覚めました。
 
表現において心掛けていることは、自分らしさを忘れないことです。最近では、お手本のような写真にとらわれず、夢のような、絵本の中のような写真を撮りたいと思うことが増えました。キラキラしていて自分もこの世界に行きたいな、癒されるなと思っていただけるように。
 
RAW現像を初めてから、色にはこだわるようになりました。色に関しては、自分の好きな色になるまで微調整を繰り返します。その時によって好みが変わるのでギャラリーを振り返ると面白いし過去の写真を再現像もよくします。
 
偶然の産物もよくあります。人工的な光が映り込んだり、間違ってカメラを倒してしまった時の写真が案外素敵だったりと。

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M22mm F2 STM
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M22mm F2 STM
出典:instagram

また、使っているレンズの性質で、膨大にフレアが出てしまうのですが、それを味として作品に取り入れることも増えました!

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

風景に溶け込むようなシルエット写真も好きです。

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M15-45 IS STM
出典:instagram

Canon EOS M100 / EF-M22mm F2 STM
出典:instagram


― yusaさんの写真は多様な「青」に溢れていますが、季節や時間帯・天気など、yusaさんが特に好きな「青」の瞬間を教えてください。
 
やはり一番好きな青は星空です。星空は、実際の目では黒い色にしか見えませんが、撮影・現像する人によって個性が出ます。自分の好きな色に染められるところも好きですね。青にも多様な青があり、紫、深緑、紺、水色、というような、いろんな青が溶け合う写真が特に好きです。透き通るような洗練された青が好きです。
 
春~夏の夕日も捨てがたいです。青空から徐々に移ろう空のグラデーションは何枚とっても足りません。雲の動きによって七変化する空も好きで、最近は薄い雲がかかった空が夢と現実の境のような雰囲気があり好きです。

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RX
出典:instagram

秋は、朝活をすることが多いのですがさわやかな日の出が好きです。
 
結果、空が大好きということですかね、全部捨てがたくて・・・いつか青い地球を見てみたいです(笑)


― yusaさんは「#この世界はイロドリで満ちている」というタグを作られていますが、このタグを作った背景や込めた想いについて教えてください。
 
このハッシュタグは、インスタグラムで出会ったカメラ友達の二人(@matt2_14 @ssn_kana000)に誘っていただき3人で考えたものです。
 
“イロドリ”のある写真はただただ色彩が溢れているということではなく、一人ひとりが感じる幸せの瞬間・楽しい瞬間だと思います。
 
雨上がりの水溜りや、仕事の帰り道、友達との何気ないやりとり
 
カメラが無ければ気付けなかったかもしれない日常のふとした瞬間も、カメラで写真という目に見える形に切り取ることで、その美しさや日常の尊さに気づくことができます。
 
その尊い瞬間や、幸せに溢れた世界を
"イロドリに満ちた世界"と考えました。
 
私たちの日々は尊く、貴重で、イロドリで満ちていることに気づいて欲しい、そしてそんな瞬間を切り取った写真にハッシュタグをつけてもらうことで素敵な世界観もシェアして欲しい。そんな想いから考えました。
 
ポートレートでも風景でも使いやすいので是非使っていただきたいです!

SONY α7 II / SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USM
出典:instagram

#この世界はイロドリで満ちている
出典:instagram


― 続いて、カメラやレンズについて教えてください。yusaさんが普段お使いのカメラやレンズ、またそれぞれのカメラ・レンズを選んだ理由やお気に入りのポイントについて教えてください。
 
一番初めに買ったカメラはCanon EOS M100というミラーレスカメラで、コンパクトでお手頃なので初心者にぴったりの一台です。毎日朝から晩まで持ち歩いていました(リアルに枕元に置いて寝ていました笑)。
 
ダイヤルはあまりなく、タッチで操作をします。タッチでピント合わせができてスマホ感覚で撮れるので若い女の子にはお勧めです! 今思うと最初にM100を使ったことで、常に持ち歩きいろんなものを撮って、カメラが生活の一部として馴染んだと思います。
 
星や風景をメインで撮るようになってから、やはり画角が広い方が表現の幅が広がるということで、SONY α7 IIに買い換えました。フルサイズなのに、とてもコンパクトでお手頃という点が決め手でした。周りに使っている人がとても多く、使い方が聞けるしレンズの貸し借りもできるところも良いです。
 
レンズは、ズームレンズのTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXを使っています。標準ズーム・明るい・軽い・安いで買っておけば間違いないとのことだったので。
 
また、単焦点レンズは、SAMYANG 14mm F2.8 ED AS IF USMを使っています。マニュアルフォーカスのみです。フレアが膨大に出てしまいますがそれも味として作品に取り入れています!出目金レンズで、フィルターはつけられず、内臓フィルターを自作しています。
 
オールドレンズ PENTACON auto 50mm f1.8はバブルボケとぐるぐるボケが味のレンズです!シャボン玉のようなキラキラした個性的な雰囲気が出せるので一番のお気に入りです。星やポトレ、お花を撮るときには多用します。

SONY α7 II / PENTACON auto 50mm f1.8
出典:instagram

Canon EOS M100 / PENTACON auto 50mm f1.8
出典:instagram

SONY α7 II / PENTACON auto 50mm f1.8
出典:instagram


― 最後に、yusaさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。
 
すべて宝物のように大切な写真で選ぶのが難しいですが、こちら。 

Canon EOS M100 / EF-M22mm F2 STM
出典:instagram

最初のカメラのM100で撮った写真ですが。この日はペルセウス流星群の日で友達と写真を撮りに山に登りました。たくさんの流星が流れる中、「あ!今流れ星!」とみんなで声がそろって、星空に見入りました。この夜のことはいつまでも忘れないんだろうな~ってみんなで話したとても素敵な思い出です。
 
薄い雲もいい味が出ていると思います。α7 IIで撮った構図や天の川がきれいに映っている写真も好きですが、思い出が詰まったこの写真が輝いて見えます。
 
狙っているレンズは、新しいオールドレンズが欲しいです!あとは周辺減光が少ない明るい広角のレンズ。望遠のレンズを持っていたことがないので望遠も欲しいです。具体的なメーカーなどは詳しくなくてすみません。
 
今後の抱負としては、自分が好きなものに今まで通り全力で走っていきたいです。深みの中に輝きがある瞬間を目指して。