HOMEズームレンズTAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) [ソニーE用]
TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) [ソニーE用]

TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036) [ソニーE用]

「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」はEマウント用の標準ズームレンズで、軽量小型、描写力、そしてコスパのよさとレンズ選びのポイントを抑えた人気レンズとなっています。今回は、特徴やレビューをまとめてご紹介します。SONYのEマウントで使える標準ズームレンズを探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

ズームレンズ / TAMRON / 標準
新品:
81,720円〜(121)
中古:
69,990円〜(69)

α7ユーザー待望の高コスパ標準ズーム


SONY α7R III / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

2018年5月に発売された「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」は、Eマウント対応のTamron初の標準ズームレンズとして注目されました。シーンを選ばない使いやすさと携帯しやすさを兼ね備えており、「デジタルカメラグランプリ2019」では最高位となる総合金賞を受賞しています。知っておきたい特徴は、次の3つです。


1.解放F値2.8の大口径標準ズームレンズ

SONY α7 II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

35mm換算で広角域の28mmから中望遠域の75mmまで網羅できる大口径標準ズームレンズです。使用頻度の高い画角が1本で賄えるため、風景撮影やスナップ撮影、旅行撮影など多彩なシーンで使えます。

最近は標準ズームレンズの広角側は24mmが主流ですが、敢えて28mmにすることで軽量コンパクト化、抵コストを実現しているところは大きな特徴だと言えます。非球面レンズやLDレンズを含む12群15枚のレンズ構造となっており、どの画角でも高解像度で各収差を抑えた描写が叶います。

また、このレンズは全域で解放F値2.8を実現しているところもポイントです。9枚羽根の円形絞りを採用しているので、解放に近いF値では円形ボケや柔らかいボケ感を楽しめます。光量が少ない夜間や室内での撮影が安心してできるのはもちろんのこと、背景ボケや前景ボケを取り入れたポートレート撮影などにも向いています。


2.高速かつ静寂なAFでここぞという瞬間を逃さない

SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

標準ズームレンズを使うときに気になるのがAFの速度ですが、「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」はステッピングモーターユニット「RXD」を搭載しています。モーターの回転速度を精密に制御でき、ダイレクトにフォーカス用レンズが動かせるようになっています。

そこにレンズ位置を検出するセンサーを組み合わせているため、高速で精度の高いAFが叶います。スポーツ撮影や動物撮影など、動きの速い被写体を前にしても安心して撮影できるでしょう。

また、AF駆動音が気にならないよう静寂性にも長けており、動物撮影にも難なく利用できます。


3.軽量コンパクトで手軽に持ち運べる

SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」は重量550g、直径73mm×全長117.8mmと標準ズームレンズにしては軽量コンパクトで使いやすいサイズ感となっています。常用レンズとしてはもちろんのこと、旅行や撮影での長時間の持ち運びもストレスなく行えます。

また、「Model A036」シリーズはヒューマンタッチをコンセプトとしており、ボディにも手にも馴染みやすく使い勝手のいい造形にこだわっているところも魅力的です。簡易防滴仕様や防汚コートも施されているため、ヘビーユーズにも耐えられます。


本レンズを楽しむなら


35mm換算で28mm~75mmを網羅できる大口径標準ズームレンズなので、風景撮影やスナップ撮影、日常的な写真撮影や旅行撮影など幅広く活用できます。広角側の最短撮影距離が0.19mとかなり近寄れるので、マクロレンズのようなボケ感を活かしたフードフォトや草花の撮影にもおすすめです。

また、全域で開放F値が2.8と明るく柔らかいボケ感を演出できるため、ポートレート撮影にもピッタリ。高速AFを活用すれば、スポーツ撮影や動物撮影にも安心して挑めます。

このように、このレンズ1本で多彩なシーンを撮影できるところは大きな魅力だと言えるでしょう。


併せて検討したいレンズ(FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM)


「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」を検討するときに迷うのが、標準ズームレンズ「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」ではないでしょうか。両者の主な違いは、下記のとおりです。
 
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」は35mm換算で36mm~105mmなので、撮影できる画角に差がある。
  • どちらのレンズも全域で解放F値2.8という明るさを維持できる。
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」はワンランク上のG Masterシリーズのレンズなので高解像度や鮮明な描写力にこだわりたい人に向いている。
  • どちらも高速AFに対応しているので、ここぞという瞬間を逃さない。
  • どちらも防塵防滴仕様になっている。
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」はレンズ側面にAFMF切り替えスイッチやフォーカスホールドボタンを搭載し、プロユースに耐えられる仕様となっている。
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」は最短撮影距離が0.38mなので、より被写体に近づいて撮影したい場合は「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」。
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」は重量886g、直径87.6mm×全長136mmなので軽量コンパクトを重視するなら「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」。
  • 「FE 24-70mm F2.8 GM SEL2470GM」は新品価格で305,000円ほど、中古相場が190,000円ほどなのでコスパ重視なら「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」。
 
このようにそれぞれポイントが異なるので、重視したい部分に合わせて比較検討してみてください。


作例紹介


SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

鮮やかな色彩を感じられる1枚。背景がふんわりとボケて、立体感のある写真に仕上がっています。

SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

広角域を使えば、広大な自然をしっかりとフレーミングすることが可能。光と影がしっかりと捉えられた印象的な写真となっています。

SONY α7R II / TAMRON 28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)
出典:flickr(@John Brighenti)

毛並みや表情など、細かな部分までしっかりと描写できている1枚。モノクロで撮影をすると高解像度であることが伝わります。


ユーザーレビュー


「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」のレビューを見てみると「解放F値2.8通しで使えるためとても便利なのはもちろんのこと、ボケ感が素晴らしい」「色の再現性や解像度が高く、撮影できる写真に満足できる」という声が多いです。

一方で「もう少しAFが速いと助かる」というAFに関する悩みの声も。いずれにしても、描写力や使い勝手の良さが高い評価を得ているようです。
 

まとめ


「28-75mm F/2.8 Di III RXD (Model A036)」は、使用頻度が高い画角を網羅できる標準ズームレンズです。Tamronの技術を駆使して軽量コンパクト化や高性能を実現しているので、多彩なシーンで活用できるところが大きな魅力です。

常用レンズとして使える標準ズームレンズを探している場合やコスパ抜群の標準ズームレンズを探している場合は、ぜひチェックしてみてください。
基本仕様
対応マウントSONY Eマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成12群15枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

最短撮影距離19.0cm
最大撮影倍率
開放F値F2.8〜22.0
画角75.23~32.11 度
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ73x117.8mm
重量550g
フィルター径67mm
発売日
発売日2018年05月24日