カメラ・レンズを高額買取!

大手より20%高い製品多数

すべて
定額買取
トップ ストーリー 子供の好きと自分の好きを重ねながら。 美しい四季と子供たちとの毎日を残していく

子供の好きと自分の好きを重ねながら。 美しい四季と子供たちとの毎日を残していく

6歳差の姉弟の母として、忙しない毎日の中で子供の成長を美しい季節の風景と共に残されているMia.Fさん。色彩豊かな花々に囲まれた写真には憧れるママさん、パパさんも多いはず。そんなMia.Fさんがどんな瞬間に魅力を感じ、写真を残されているのかを知りたくてお話を伺いました。

著者: Mia.F | 作成日: 2023/09/03

@miico_photo_qより
@miico_photo_qより出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
Canon EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 Ⅱ
Canon EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 Ⅱ出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram

― はじめにMia.Fさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいった経緯について教えてください。

「写真を始めた」というのがいつ頃かというのはなかなか難しいなと思っていて、というのも、私は子供の頃から写真を撮ることが好きでした。

小学生くらいの頃は、まだまだフィルムも写ルンですもお手頃価格で結構どこにでも売っていて、祖父のカメラを借りたり遊ぶときに写ルンですを持って行ったり、現像したあとも写真に絵や文字を書き込んで友達と交換したり、見せ合ったり。プリクラが出現してからはそちらがメインになりましたが、高校生でコンデジを購入してからは、それまで以上にたくさん撮っていました。

なので、いわゆる一眼レフカメラと買った、というのがそれだとしたら、娘が生まれて半年ほど経ってからなので、9年前くらいになります。それまでもコンデジで写真を撮ってはいたのですが、娘の成長記録を中心にこれからもっとたくさん写真を撮るだろうし、カメラかビデオカメラを購入することになり、一眼レフカメラにしました。

最初はうまく使いこなせずに、それまでに持っていたコンデジやスマホのほうがきれいに撮れると思っていましたが、説明書を見てマニュアルモードで撮ってみたり、写真講座を受けて、それまでと全く違う、ボケ感のある、娘が際立つ写真が撮れるようになったことに感動して、そこからのめりこんでいったように思います。

― Mia.Fさんの写真を拝見していると、その瞬間を美しく残すだけではなく、撮ること自体をお子さんと一緒に楽しみ、また写真がコミュニケーションの一つになっているように感じます。Mia.Fさんやお子さんにとって写真はどんな存在で、どう楽しんでいらっしゃいますか。

私が写真を撮ることは、子どもたちや家族にとって、当たり前のことになっているのかなと思います。

SNSで公開している写真は、いわゆるおでかけスポットでポーズをとっているものがほとんどですが、例えば、ごはんのときだったり、通学・通園時のとき、何気なく姉弟で遊んでいるとき、おやつの時間等々、普段からよく写真は撮っています。

娘はかわいく美しく撮ってほしいと思っているようで、立ってほしい場所や顔の向きといった私の撮りたい構図への協力もよくしてくれていて、それは割と小さなころからそうだったのですが、特に当時は「モデルさんごっこ」をして遊んでいる感覚でした。

息子は、娘のまねっこにハマっているので、「ねぇねとおんなじようにしてほしいな」というと今は喜んで真似をしてくれます。(笑)

そして、子どもたち自身に好きなことがあるように、『写真を撮ることはママの好きなこと』だと理解してくれていると思います。なので、おでかけ先が写真を撮るための場所だったり私がいつも写真を撮ることは、自分たちが行きたい場所に行くこと・したいことをすることと同じだと考え、協力してくれているのだとも思っています。もちろん、子どもたちの行きたい場所・やりたいことにも協力しているので。

あとは、よく一緒に写真を撮るお友達がいることも、子どもたちが写真を楽しめている理由のひとつかなと思います。

元々子ども繋がりではなく、親同士の趣味から繋がっているお友達なので、家は離れていてなかなか会えないけど、写真を撮りに行くときはそのお友達と遊べる!という気持ちもあるようです。

Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art出典: instagram
Canon EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 Ⅱ
Canon EOS Kiss X7 / EF50mm F1.8 Ⅱ出典: instagram
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art出典: instagram
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR出典: instagram

― Mia.Fさんと言えば、お子さんと花との写真が印象的です。お子さんと花の写真にチャレンジしたいお母さん・お父さんはとても多いと思いますが、構図のまとまりやバランス感が難しく、なかなか満足するものを撮れない方が多いのではないでしょうか。特に工夫をされていることや、コツのようなものがあれば教えてください。

私の写真にそのような印象を持っていただいていて嬉しいです。ありがとうございます。

前述のように、娘は割と小さいころからモデルさんみたい!と言うとノリノリで、ポーズも自分で考えてくれたり、私の撮った写真に納得いかないと自分からリテイクを要求するときもありました。(笑)それは娘の性格なので、そんなお子さまばかりではないと思いますが、私は娘にも息子にも、撮った後の写真は、できる限り見せて、写真に興味を持ってもらえればと思っています。その場でも見せまるのですが、編集前後で見せると、例えば結構トリミングをしたり色味を変えたり合成したりといった、大幅に変わったものは、驚き嬉しがってくれて、「次はどうしようか!」と、子どもたちから言ってくれたりもします。 写真に興味を持ってくれると、撮られることへの抵抗もなくなっていくかなと思いました。

ちなみに、私自身撮りたい構図やポーズはもちろんありますが、それとは違うものであっても、例えば変顔だったり面白いポーズ、ここで撮ってほしいと子どもたちからリクエストがあったときは、よっぽど無理な時以外は必ず撮ります。そして、撮りたい!といえば撮らせてもあげます。子どもたち用のカメラや、スマホ、その時使っているカメラだったり、その時々で渡すカメラは違いますが。

よく、育児において『子どもたちのやりたいにNOを言わない』というようなことを聞きますが、それと同じで、写真を撮ったり撮られたりすることが楽しい遊びなんだと思ってもらえるといいなと思っています。

それから、これは失敗談というか、娘が小さいころによくしていたけどしなくてもよかったかも…と思うことがあって、それは、子ども扱いしすぎる、ということです。

具体的に言うと、見てもらいたい方向やいてもらいたい場所に、お菓子やおもちゃを置き見てもらったり来てもらう、というようなこと。

何回かはうまくいくかもしれないけれど、お菓子やおもちゃがなければ何もできなくなってしまうなと思ったのと、(これもお子さんの性格によりけりとは思いますが)「お願いがあるんだけど…」や、「お手伝いしてほしいんだけど…」というような「助けてほしいな」というような感じで伝えると、「いいよ!どこに行く?」と意気揚々と動いてくれたりします。子どもって、お母さんのお手伝いって結構好きですよね。(笑) あと、上下前後左右という言葉と概念は小さな頃から知っていて損はないしと思ったので、言葉が理解できるくらいになってきたら、そのやり方はほぼやめました。 ただ、ご褒美はよく用意しています。何かを買い与えるご褒美というより、前述したように、『お母さんが好きなことをしたので次は子どもの好きなこともする』ような状況になればお互いwin-winですよね。 それが、ご褒美と思ってもらえるのは、子どもも嬉しいだろうからいいかなと思います。

もちろん意図が伝わらないときもありますが、(その場合のほうが多いですが)言った方向を向いてくれたりその場所へ行ってくれもしました。言うこと聞いてくれるくれないって、その時の気分によるものが大きいとも思うので、半分諦めの気持ちを持つのも大事かもしれないです。(笑)

それから、笑った顔を撮る場合なのですが、私がよくやっているのは、「撮るよー!」と言って撮った後の気を抜いた瞬間を撮ることです。 ニコニコにしてというと、大人でもそうですが、顔がこわばってしまったりぎこちなくなると思うのですが、「終わったよー」と言うと安心してにこっとすることが多いかなと思うので、自然な笑顔が撮りたいときは、そうしたりします。  あと、最近子どもたちのお気に入りの声かけがあって(笑)「笑わないで、こわい顔して!」と言うと、おもしろいみたいで笑ってくれます。

いわゆるニコパチという、カメラ目線のハイチーズな写真もかわいくて好きなので撮りたいのですが、意外と顔がこわばったりすることがよくあるので、思わずクスクスっと、アハハハ!となるように、私も笑いながら撮ってたりします(笑)

FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR
FUJIFILM X-S10 / XF16-80mmF4 R OIS WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram

― 色合いなどの写真表現について教えてください。Mia.Fさんの写真は花本来の色味を大切にしながらも、それぞれが印象的で写真の世界に引き込まれるように感じます。撮影時の設定や現像時など、どんなことを工夫されていらっしゃいますか。

私は現在、FUJIFILMさんのカメラを使用し、フィルムシミュレーションのクラシッククロームを使っています。

RAWではないので撮影時に暗く撮ってあとから補正、ということもなかなか難しく、適正露出からやや暗めで撮るように気を付けています。

現像はLightroomを使っていて、イチから現像するのも嫌いじゃないですが、最近はプリセットに頼っています。いろんな方のプリセットを購入したりしていますが、もともとLightroomに内蔵されている、『シネマⅡ』の左2つがお気に入りです。

色は、なるべく現実離れしないように気を付けています。というのも、やはりこれも子どもたちの意見を聞いたからですが、流行りの青緑っぽい空の色も、全体的にオレンジっぽくなっていたり、不自然にまわりが真っ黒になっていたり。

それらの写真を見て、「なんか変だね」と言われたことがあります。「絵って言われたら変じゃないけど、写真って言われると…だって本物と色がちがうよね」と。でもそういう色味、私自身は好きなので、カフェ写真やスナップではそういう現像にしたりもしますが、人が写っている、特に子どもたちが被写体のときの写真は、違和感のない現像、を心がけています。

FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-S10 / XF35mmF1.4 R出典: instagram

― 続いて、Mia.Fさんがメインで使っているカメラ・レンズについて、それぞれの機材を選ばれた経緯や用途、お気に入りの点について教えてください。

現在使用しているカメラはFUJIFILMさんのX-S10、レンズはXF23㎜F2 R WRです。たまに、オールドレンズを使います。

このカメラを購入することになった一番の理由は、前に使っていたカメラが故障してしまったからです。そして、こちらは上位機種に機能面でも劣らないのにコンパクトでお値段もお手頃価格。なにより、 本体の見た目が、好みど真ん中でした。持っていて嬉しく楽しくなるカメラだと、持ち歩くことも嬉しく楽しいですよね。

それに、私はカメラ専用バッグは使わず普通のバッグにポンと入れてしまうし、息子はまだまだ小さいけれど、もうベビーカーは卒業しつつあるので、荷物が重くたくさんになると、おでかけ自体が億劫になりそうですし…コンパクトなところはとてもありがたいです。

愛用中のXF23㎜F2 R WRのレンズは、やはり、あまり離れられない子どもを撮るには便利な焦点距離だと思います。また、焦点距離もですが、私には『最短撮影距離』も結構重要で、息子と手をつないだ状態や、抱っこをせがむとき、甘えてくっついてくるときにも撮りたいと思っていて、購入した当時、F1.4のレンズもありましたが、ほんの少しだけF2のほうが最短撮影距離が短かったので、こちらを選びました。 さらに、防滴防塵機能もあり、常に小さな子どもと行動する私にはぴったりだと思いました。それに、せっかくカメラもコンパクトなので、普段使いするレンズはコンパクトなものがいいとも考えていました。

オールドレンズはSuper-Takumar 55mm F1.8を使用しています。 公園や屋外で遊ぶことが確実だったり、光の強いシチュエーションかなと思ったときにはときどき使います。オールドレンズのやわらかい写りも好きですが、MFなので、下の子と手をはなして離れても大丈夫な状況でないと今はなかなか使えないですが…なので、夫もいる家族全員でのおでかけのときにはたまに使っています。

ただ、やはりもう少し望遠がいいなとか、ズームレンズがいいなと思う時もあって、例えば、入学式や入園式、運動会や発表会といった行事等が中心ですが、その際にはレンズのレンタルをしています。よく利用するのはGooPassさんや、FUJFILMのトライアルサービスです。保有するとなると購入費用はもちろん、保管も大変だと思うので、レンタルサービスはとても便利だと思います。

FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR
FUJIFILM X-S10 / XF23mmF2 R WR出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8出典: instagram
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8
FUJIFILM X-S10 / Super-Takumar 55mm F1.8出典: instagram

― 最後に、Mia.Fさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。

ベストショット…といいつつ、2枚選ばせていただいていいでしょうか(笑)

まず1枚目は、自宅での撮影です。

Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
Canon EOS Kiss X7 / SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art

まだ息子がねんねの時期で、ゴロゴロしていたところに娘が一緒に遊んであげていて、ぎゅっとくっついていたのがかわいくて、思わずソファの上に乗って撮りました。(笑)すると娘はソファの上に立ったり飛んだりするといつも私に怒られるのに、ママが乗ってるー!と笑っていました。撮るときには、よりぎゅっとくっついてもらって、結構絞って2人にピントが合うように気を付けました。この写真は、自宅での日常風景を撮ったものですが、そういった写真(特に娘の)は私は極力公開SNSには出さないようにしています。でも、特別で大切な1枚なので、フォトパネルにしてリビングに飾っています。

2枚目は今年の春の1枚です。

FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD
FUJIFILM X-S10 / TAMRON 17-70mm F/2.8 Di III-A VC RXD出典: instagram

ここは、春によく行く場所です。最初2人の近くに一緒にいたのですが、満開の桜の木も入れたくて2人のことちょっと離れて撮るねーと言って少し離れたとき、キャッキャとはしゃぐ声がして…。見ると、2人で楽しそうに、ぐるぐる回っていました。特に遊具もなく、遊び道具もなかったのですが、2人が一緒にいるだけでこんなに楽しそうなのかと、見ているこちらも嬉しかった瞬間でした。

また、この場所はとても有名な場所ですが、定番の構図以外でも撮りたいと思っていました。あまりこの構図での写真は見たことがなく、自分たちだけの特別な瞬間が撮れたのかもと思えて、嬉しい1枚になりました。 この時は、ズームレンズをレンタルしていたので圧縮効果もあって桜の花もすごく密に撮れたかなと思います。 ちなみに、回ってこけたとしても川には落ちないような位置で回ってもらっています。浅めの川ですが、やはり水は怖いので…。 そして2人は小さく写っていて顔がはっきりわからないのにも関わらず、嬉しそうな表情がわかることと、娘のスカートのふんわり感や息子の足の感じで躍動感があるところが気に入っています。

次に狙っているカメラは、最近発売された後継機のX-S20です。やはり見た目がまず好きで。(笑)あとは、X100Vですね。GRⅢも気になりますが、以前お試しレンタルをして、使いやすくお気に入りなフィルムシミュレーションもあっていいなと思っています。

レンズはXF35mmF1.4 Rを以前使っていたのですが、焦点距離を考えて23mmに買い換えました。でも、神レンズと言われるほどのクリアな描写は、またいつか買い戻したいなと常々思う、魅力的なレンズです。もし、どちらも手に入ったなら、スナップや近い距離の撮影はX100Vで、写真スポット等ではX-S10にXF35mmF1.4 Rで、描写力やボケも生かして撮る、なんて贅沢な使い方に憧れます。

抱負は、フォトコンテストに今年こそは挑戦したいと思います。いつも、締切日を忘れてしまい応募することもできないので、今年こそは、締切日を忘れないようにして、応募してみたいと思います。

ありがとうございました。

著者

Mia.F

Mia.F

大阪生まれ。東京在住。6歳差の姉弟の母。 季節の景色と子どもたちとの毎日を写真に撮る。 2022年7月~2023年7月:プリントデイズbyFujicolorの第一期アンバサダー、ONE SCENE FUJIFILM X-S10製品紹介ページへの作例・コメント掲載

Mia.Fさんの使用カメラ

Mia.Fさんの使用レンズ

\ お持ちのカメラ・レンズ買います /

ONE SCENEの買取サービス

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

直近の買取実績

ミラーレス一眼

Nikon Z fc [ボディ シルバー]

60,250で買取

(大手他社より+11,250円)

【内訳】本体(定額): 58,700円 / 美品: 500円 / 予備バッテリー: 1,050円

ミラーレス一眼

SONY α6400(ILCE-6400) [ボディ ブラック]

48,950で買取

(大手他社より+9,950円)

【内訳】本体(定額): 46,700円 / 極美品: 1,000円 / シャッター数極少: 1,000円 / 予備用液晶保護フィルター: 250円

ズームレンズ

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

86,050で買取

(大手他社より+16,050円)

【内訳】本体(定額): 83,900円 / 美品: 1,000円 / フィルター: 1,150円

ミラーレス一眼

Nikon Z 6II [ボディ]

120,900で買取

(大手他社より+20,900円)

【内訳】本体(定額): 119,900円 / 美品: 1,000円

ズームレンズ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

49,450で買取

(大手他社より+4,450円)

【内訳】本体(定額): 46,500円 / 美品: 500円 / 別売り三脚座: 1,200円 / プロテクトフィルター・偏光フィルター: 1,250円

ミラーレス一眼

OLYMPUS OM-D E-M1X

61,000で買取

(大手他社より+11,000円)

【内訳】本体(定額): 59,900円 / 美品: 500円 / サードパーティーバッテリー2個: 600円

今スグ買取価格を調べる