HOMEストーリー見た目・所作・待つ時間・仕上がりの全てが好きで。 なんでもない毎日をフィルム写真に残していく

見た目・所作・待つ時間・仕上がりの全てが好きで。 なんでもない毎日をフィルム写真に残していく

保育士として働くかたわら、様々なフィルムカメラを通じて透き通るようなストーリー性のある写真を投稿するyunaさん。yunaさんのインスタグラムに投稿された淡いブルーに余白感のある美しい写真の数々は、一枚でも全体でも作品のようで、日常の中はこんなにも美しい景色に溢れているのかと気づかされます。そんなyunaさんがなぜ今の時代にフィルムを使うのか、どんな瞬間にシャッターを切っているのかを知りたくて、お話を伺いました。

yuna
created: 2020.03.17 / update: 2020.07.13
@yuna_pan_より
出典:instagram

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram


― はじめにyunaさんが写真を始めたきっかけや、写真にのめり込んでいったきっかけについて教えてください。
 
もともと写真を撮ることが好きで、綺麗!好き!と思ったときは、すぐスマホを構えてました。しかし、SNSを始めて他の方の写真を見る機会が増えて、もっと綺麗にいろいろなものを残したいと思いました。高校を卒業しバイトしてミラーレスカメラを買ったのが本格的に写真を始めたきっかけだと思います。
 
のめり込んだきっかけになるのは、フィルムカメラとの出会いです。はじめはデジタルカメラにオールドレンズを付けていたのですが、SNSに上がる写真で私が好きな写真は多くがフィルムカメラで撮影したものだったんです。そこで、デジカメにつけていたOMのZuikoレンズに対応した、OLYMPUS OM-1を購入しました。見た目の可愛さ、フィルムを巻く動作やシャッター音、現像までの時間、出来上がった写真の仕上がり、フィルムカメラにはたくさんのワクワクが詰まってるんです。

OLYMPUS OM-1の外観
出典:instagram


― yunaさんの写真を初めて見た時、澄んだ空気と余白感に圧倒されました。一枚一枚が作品のようで、きっとyunaさんの美意識が詰まっているんだと思います。yunaさんはどんな景色が好きで、瞬間にシャッターを切っていらっしゃいますか?また影響を受けた方はいますか?
 
ありがとうございます、うれしいです!
情報量の少ない写真が好きなので、余白感は大切にしてます。なので、開けたところの景色が好きです。また、青い写真が好きで青いものを背景にしがちです。海なら海、空なら空がばーっと一面に広がっているようなところが好きです。
 
でも、東京の夜のような、ごちゃごちゃした写真も好きで、コンパクトカメラでよく撮っています。こちらはSNSにはほとんどあげてません。
 
あとは光を追ってしまいます。木漏れ日など光と影が綺麗なところも好きです。
 
シャッターを切るタイミングは、すき!と思った瞬間です。お友達と撮影することが多いのですが、カメラ構えつつ一緒に話しながら、可愛いっ!と思ったときにシャッターボタンを押してます。
 
影響を受けた人は特にいませんが、岩倉しおりさんや濱田さんなどが好きです。
いろいろな方の写真を見て素敵だなぁと眺めています。

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram


― デジタルではなくフィルムカメラをメインで使っていらっしゃいますが、フィルムのどんなところに惹かれていますか?
 
まずは見た目の可愛さです。持って歩いていて心が弾んで楽しくなります。
 
手間とお金のかかるところも好きなんです。フィルムを入れて、ちゃんと自分でいろいろ設定して撮って、フィルムを巻き上げて、現像を出して、取りに行く…1本で撮れる枚数は36枚…
 
だからこそ、大事にしっかり撮ろうと思うし、デジタルで撮った写真よりも愛着が湧いちゃうんです。
 
そして、撮ったものをすぐ見れないところがなんといってもわくわくします。もちろん、失敗も多いですが、思った以上の写真が出来上がることもあります。また、私の場合現像の頻度が2ヶ月に1回くらいなので、時間差で写真がきます。忘れた頃に楽しかった日の写真が来るので、二度楽しいんです。やっと写真できたよって送って、懐かしいね楽しかったねなんて話すんです。それを含めてフィルムカメラが好きです。
 
あとは正直なところレタッチが全くできなくて…。フィルムはレタッチをしなくても現像屋さんが上手く調整してくれるのでとても助かってます。

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

OLYMPUS OM-1 / OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8
出典:instagram

CONTAX T2
出典:instagram


― フィルムカメラは、デジタルカメラよりもカメラによる差が出やすいと思います。yunaさんは、コンパクトカメラから一眼レフ、中判カメラと様々なカメラを使っていらっしゃいますが、どんな風に使い分けているか?メインで使っているカメラやレンズも合わせて教えてください。
 
写真を撮るぞ!と意気込んで撮影をしに行くときには、35mm一眼カメラ1台とPENTAX67とコンパクトカメラか写ルンですを持っていきます。
 
だいたいは一眼カメラで撮っていますが、ここぞというときにバケペンを構えます。近い距離感で撮りたいときにはコンパクトなど使っています。
 
友達と遊ぶときには、コンパクトカメラ、写ルンですを持っていきます。気軽になにも考えずに撮れるので、楽しい瞬間が切り取りやすいです。また、日付が入れられるのも嬉しいところです。
 
メインで使っているのはCONTAXariaでレンズはPlanar50mmF1.4を付けています。
サブでOLYMPUSOM-1、PENTAXSP、Konicaautorexなどをもっています。
 
ハーフカメラはOLYMPUSpenF、ピント合わせもでき、気に入ってます。二枚一コマでの現像もストーリー性が出て楽しいです。
 
コンパクトはCONTAXT2、KlasseW、autoboyS、マーメイドなどを気分で持っていっています。

PENTAX 67の外観(右)
出典:instagram

CONTAX Ariaの外観
出典:instagram

PENTAX SPの外観
出典:instagram

OLYMPUS PEN-Fの外観
出典:instagram

CONTAX T2の外観
出典:instagram

写ルンですの外観
出典:instagram


― 色合いの話に戻るのですが、愛用しているフィルムや現像についてのこだわりについて教えてください。
 
FUJIFILMの 400HやKodakのPORTRAが好きなのですが、高くてあまり使えないので普段よく使うフィルムは業務用100です。ただ、生産終了のお知らせが入ったので、どうしようか悩んでいるところです。
 
フィルムユーザーが増えているとはいえ、フィルムの製造中止、値上げが相次いでいます。仕方ないことだと思いますが、寂しいなぁと思います。
 
現像については、400Hを意識して青味を足してもらっています。だいたい現像屋さんがいい具合に仕上げてくれます。ラボさんによって特徴が違うので自分に合うところを見つけるのも楽しいと思います!

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

OLYMPUS OM-1 / OM-SYSTEM F.ZUIKO AUTO-S 50mm F1.8
出典:instagram


― フィルムに挑戦したいと思っている方は多いと思います。また、yunaさんの写真に憧れる方も多いと思います。きっとyunaさんの周りにもそういう方がいらっしゃると思いますが、フィルムの始め方についてアドバイスをいただけますでしょうか。
 
フィルムカメラは始めるのって勇気がいると思います。
 
私も、F値って?ISOって?どうやってフィルムを入れて、どうやって取り出すの?現像?とわからないことだらけでした。でも、フィルムカメラは慣れれば、本当に単純な操作しかないです。私は、デジタルカメラの操作の方が難しくて、使えないくらいです。
 
知り合いにフィルムカメラを使っている人がいたら、聞いて、実際に見せてもらいながら教えてもらえると分かりやすいと思います。フィルムカメラを始めたいという気持ちが嬉しくて、喜んで教えてくれると思いますよ。また、YouTubeなどにカメラごとに説明などしてくれている動画もあります。
 
カメラ選びに関しては、サッと撮りたい、日付を入れたいと思うならコンパクト、たくさん撮りたいならハーフカメラ、しっかり撮りたかったら一眼レフカメラをお勧めします。調べたり、分かる人に聞いてみて、自分に合ったカメラを探してみてください。
 
でも、私の中で大事なのは、見た目のデザインかなぁと思います。やっぱり、見た目が気に入ったカメラは持ち歩きたくなるし、撮っていてうきうきするので。あまりこだわらない場合は、ぱっと一目惚れした子を買うのがいいと思います。
 
とにかく、フィルムで撮ってみたい!と思っている方は、ぜひ手を伸ばしてみてほしいです。まずは、写ルンですからでもよいと思います。きっと、わくわくする世界が広がってます!

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram


― 最後に、yunaさんのベストショットと、次に狙っているカメラやレンズ、今後の抱負があれば教えてください。

PENTAX 67 / SMC TAKUMAR 6x7 105mmF2.4
出典:instagram

髪の毛の髪のなびきから、澄んだ青空と海、そこに楽器の音が響き渡りそうな雰囲気、とても好きな感じに撮れて嬉しかった写真です。実はトロンボーンの持ち方が違うのですが、この向きで撮ったからこそのこの写真なんだろうなぁと思います。

CONTAX Aria / Carl Zeiss Planar T* 50mm F1.4
出典:instagram

同期とまったり海に行った時に撮った写真です。写真を撮るより話に花が咲いていたところに、夕陽がちょうど出てきて、ここで多重露光したらどうなるかな?なんて軽い気持ちで撮った写真なんです。恥ずかしながらこんな写真が撮れているなんて思ってなかったので、現像が返ってきてびっくりしました。周りが白くなってくれたところ、顔の中に上手く全身が入っているところ、海と夕陽のキラキラがお気に入りです。
 
次に欲しいカメラはPENTAX67Ⅱです。
6×7の前期型を持っているのですが、ss1000で撮るとシャッター幕不良が起きてしまって…。憧れの67Ⅱをいつか手にできたら嬉しいなと思っています。
 
今後の抱負としては、特に掲げていません。とにかく楽しみながらのんびり撮っていきたいなと思っています。当たり前でなんでもない日々を素敵な写真に残せたらなぁと思っています。