HOMEフィルム一眼レフPENTAX 645 N / 645 NII
PENTAX 645 N / 645 NII

PENTAX 645 N / 645 NII

コンパクトで操作も簡単という伝説の名機PENTAX 645の後継機として、AF機能を追加し登場したPENTAX 645N。その後645Nにミラーアップ機能が追加された645NIIも登場し、操作が難しいというイメージを払拭するシリーズへと進化しました。今回は、PENTAX 645Nと645NIIの魅力や作例、中古市場についてご紹介いたします。

フィルム一眼レフ / PENTAX / AF機
中古:
48,800円〜(6)
AF機能が搭載された645Nと645NIIは、操作が初代645よりもさらに簡単になりました。ここでは、AF機能や各モデルの違いについてご紹介いたします。

PENTAX 645NII / smc PENTAX-FA645 45-85mmF4.5
出典:flickr(@chifei)

PENTAX 645NII / smc PENTAX-FA645 80-160mmF4.5
出典:flickr(@chifei)

PENTAX 645NII / smc PENTAX-FA645 45-85mmF4.5
出典:flickr(@chifei)

PENTAX 645NII / smc PENTAX-FA645 80-160mmF4.5
出典:flickr(@chifei)

PENTAX 645NII
出典:flickr(@StephenRMelling)

PENTAX 645NII
出典:flickr(@StephenRMelling)

1.AF機能追加でさらに使いやすく

645シリーズは、初代645からAE機能という自動で露出を調整する機能が標準装備されていますが、645N/645NIIからはオートフォーカス(AF)機能が追加されました。つまり、露出とピントの調整をカメラの方で自動で行ってくれるようになったので、構図を決めてシャッターを押すだけできれいな写真が撮れるようになり、初心者でも簡単に中判フィルムを始められるカメラとなりました。
 
2.NとNIIの違い

NIIになってから、ボディ表面がより高級感のある質感へ改良されたり、撮影ごとにカメラ機能をカスタマイズできる機能を装備したりと、さまざまなシステムが追加・改良されました。

中でも一番大きなポイントは、ミラーアップ機能が搭載されたことです。中判フィルムカメラは、フィルムの大きさに比例してミラーも大きくなるので、ミラーショックが起きやすいというデメリットがありましたが、このミラーアップ機能で軽減することができるようになりました。ミラーアップの使い方も簡単で、グリップの上部のダイヤルを「M.UP」の文字に合わせるだけで、ミラーアップ機能がついた状態での撮影ができます。
 
3.中古市場

645Nは大体3万円後半から5万円の間で取引されています。まれに状態の良いものが、7万円から9万円の間の価格で市場に出回っています。645NIIは大体6万円から8万円の間で取引されています。どちらもオンラインショップでの値段で、ほとんどがボディのみの値段です。NIIの方は2001年に発売されたモデルというだけあって、たまに新品が店舗に並ぶこともあるそうなので、オンラインだけでなく実店舗もチェックすると掘り出し物に会えるかもしれません。


この製品を楽しむシチュエーション


645N/645NIIはAF機能が搭載されているので、動きのある被写体でもきれいに写すことができるようになりました。ほとんどの中判フィルムカメラは、高画質で撮影できる反面、煩雑な操作が必要なものがほとんどだったので、風景や動きのないポートレート作品が中心でした。

しかし、645N/645NIIはピント自動調整機能があるので、決定的場面も逃しにくくなり、心揺さぶられる場面に出会った瞬間シャッターを押すだけで、高画質かつ魅力的な写真が撮れるようになりました。

ボディも小型なので、ぜひ屋外に持ち出して、風や動きを感じられる被写体を撮ってみてはいかがでしょうか。


作例紹介


PENTAX 645 N
出典:flickr(@ganzology)

PENTAX 645 N
出典:flickr(@Fabrice Muller)

PENTAX 645 NII
出典:flickr(@Mark Wassell)


対応マウントとおすすめレンズ


645Nと645NIIはペンタックス645マウントに対応しています。なので、初代645のレンズはもちろんのこと、645シリーズの後継機のレンズも使用可能です。

その中でもおすすめのレンズは、smc PENTAX -FA645 75mmF2.8です。色鮮やかな写りと柔らかいボケが特徴的なレンズで、FA機能対応のレンズの中で最も薄く、最も軽い標準レンズです。中判フィルムカメラにしては小型と言えど、カメラとしては大きいので、少しでも軽いレンズから始めた方が抵抗が少ないかと思います。

645Nもしくは645NIIをこれから使ってみたいという方の最初の1本におすすめです。
 

ネットユーザーのレビュー


使いやすく、写りもよいとの声が多かったです。中判フィルムカメラにしては、小型で金属の質感が良いと、デザイン面での評価も高いです。
また、中判フィルムカメラとしては、対応するレンズの種類が多いかつ低価格なので、複数本所有している方も多いようです。
 

まとめ


AF機能を搭載してさらに使いやすいカメラとして進化したPENTAX 645N/645NII。初代645からコンパクトなボディはそのままに、操作性を向上させることに成功しました。中判フィルムカメラの高画質な写真を35mmフィルムカメラのような操作性で撮影できることから、未だに人気の衰えない機種です。

中古価格もボディ・レンズ共に他の中判フィルムカメラよりも低価格なので、これから中判フィルムを始めたいという方におすすめです。
レンズマウント
型式

電子式中判一眼レフカメラ

レンズマウントPENTAX 645マウント
ファインダー
視野率
倍率
ミラー
露出制御
測光方式TTL開放中央重点測光
測光範囲

露出モード/撮影モード

プログラムAE
絞り優先AE
シャッター優先AE

ISO感度

多重露光-
シャッター
シャッター速度1/1000〜30秒
巻き上げ・連写速度
レリーズ機能
セルフタイマー-
AF
AF方式
測距点
電源
使用電池単3乾電池x6
サイズ・重量
サイズ
重量
発売日
発売日1997年01月01日