Nikon FE

Nikon FE

機械式シャッターを搭載した完全マニュアル機のFMシリーズに対して、電子シャッターを搭載したAE機。それまではカメラといえばマニュアル機が主流の時代であり、FEが登場したのは電子シャッターを搭載した大ヒットフラッグシップF3が登場する2年前。それでも100万台を超える販売数を誇るベストセラーとなり、そのフォルムも含めいまだに多くのユーザーに愛される名機です。

フィルム一眼レフ / Nikon / MF機(電子式シャッター)
新品:
24,800円〜(5)
中古:
5,500円〜(74)

シンプルニコンとして愛されたオートカメラの真髄 


持ち歩きたくなる一台

ニコマートELの後継機として1978年4月に誕生したFEは、シンプルニコンとして愛されていました。カタログに記された「オートだからこそ、使いやすく。」というフレーズが示しているように、自動露出機能を搭載し、ひと目で操作の仕方がわかるシンプルさが人気となっています。
 
ファインダーを覗きながら露出データを目で確認することができ、絞り優先AEでの撮影を行えば、カメラの操作ではなく被写体に集中して撮影をすることができます。写す画を優先することが可能なオートであると言えるでしょう。
 
ボディデザインは様々な形のモデルを製作し、比較検討を重ねた上で、最終的にはたくさんの人の手にとってもらい、評価をしてもらいました。そのため、手に馴染むカメラとなっています。そして、ボディのみで590グラムという軽量さ。いつでもどこにでも持ち歩きたくなるカメラです。ふとした瞬間を切り取るのに最適です。
 
FEはニコンのオートカメラで最初の礎を築いたものです。そのため、現在のデジタルカメラにも通ずる機能性を持ち、カメラを知ることができます。そんなFEは、誕生から約6年半で124万台が生産・販売されました。

Nikon FEの外観
出典:flickr(@Colby Stopa)

Nikon FE
出典:flickr(@Adrià Ariste Santacreu)

Nikon FE
出典:flickr(@Adrià Ariste Santacreu)

Nikon FE
出典:flickr(@Weldon Warren)

Nikon FE
出典:flickr(@Peter)


作画を優先するオートカメラ

 
操作のしやすさとともに注目したいのが、その機能。オートのまま逆光での撮影やスピードライト撮影が行えます。プロでも撮影時に注意するシチュエーションをオートのままで、きれいに切り取ることができます。
 
また、多重露光ができるのもこのカメラの楽しい部分です。2つの写真を重ね合わせるように一つのフィルムに焼き付けることができ、アーティスティックな作画をすることができます。
 
これらを簡単な操作で実現してしまうのは、FEの最大の魅力でしょう。


おすすめの対応レンズは

 
ニコンFマウントを持つFEは、Ai以降の絞りリング付きレンズを使用することができます。そのため、絞りリングのついていないGレンズやEレンズは使用できません。また、絞りリングに突起部が着いていない非Aiレンズは絞り込み測光での撮影は可能です。
 
FEの携帯性や機能を充分に活用することを考えると、Ai以降の単焦点レンズがおすすめです。Nikkor 50mmの標準単焦点や、スナップなどにもおすすめのNikkor 35mmなどが相性いいでしょう。
 
もしFEを初めてのフィルムカメラとして購入するのであれば、オールドレンズ のレファレンス的な存在として現在も原稿販売されているAi Nikkor 50mm f/1.4Sがおすすめです。一本は持っていて損はないレンズです。

> Nikon AI Nikkor 50mm f/1.4S


作例紹介


Nikon FE
出典:flickr(@Akio Takemoto)

Nikon FE
出典:flickr(@Akio Takemoto)

Nikon FE
出典:flickr(@Paula Pallares)

Nikon FE
出典:flickr(@Chase Elliott Clark)

Nikon FE
出典:flickr(@karl sinfield)


中古相場

 
NikonFEは、機械式シャッターの人気に押され、FMの影に隠れた存在になっています。逆に言えば、中古市場でも比較的安価で出回っているということです。10,000円を切る価格で売られていることも多くあります。しかし、発売から40年以上たった製品であるため、カメラ販売店の保証が付いているものを買うことをおすすめします。
 
FEは電子式シャッターと絞り優先AEで電子化されており、ここが動かないとFEの良さを味わうことができません。そのためこの2つが故障していないか、を確認する必要があります。また、フィルムの巻き上げレバーが壊れてしまっていると、写真を撮影すること自体が不可能になってしまいます。これらが壊れていない物を購入するようにしてください。

 

まとめ

 
40年たった今でも、ボタン電池一つで動き出してくれるFE。フィルムらしい作画に携帯性と機能性。一度このカメラを手にすると、どんな時でも近くに置いておきたくなる一台です。まずは、中古カメラ販売店でお手にとってみることをおすすめします。きっと手に取れば、家に連れて帰っていることでしょう。
レンズマウント
型式

電子式35mmフィルム一眼レフカメラ

レンズマウントNikon Fマウント
ファインダー
視野率93%
倍率約0.86倍
ミラー
露出制御
測光方式中央部重点測光
測光範囲

EV1〜18(ISO100、F1.4)

露出モード/撮影モード

絞り優先オート、マニュアル

ISO感度

12〜4000

多重露光
シャッター
シャッター速度1/1000〜8秒
巻き上げ・連写速度
レリーズ機能
セルフタイマー
AF
AF方式
測距点
電源
使用電池SR44x2個またはLR44x2個、またはCR1/3Nx1個
サイズ・重量
サイズ142×89.5×57.5mm
重量590g
発売日
発売日1978年04月01日