HOMEズームレンズCanon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM
Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

EOS Mシリーズから望遠ズームレンズEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMをご紹介します。特徴はミラーレスカメラにぴったりの小型で軽量なところでしょう。もちろん35mm換算で88mm〜320mmをカバーする頼もしさも外せません。望遠端で作られる溶け込むようなボケは美しく、一眼レフらしさを余すことなく楽しめます。そんなレンズの魅力に迫ります。

ズームレンズ / Canon / 望遠
新品:
20,800円〜(204)
中古:
14,800円〜(131)

普段使いから旅行・運動会まで。被写体を引き寄せたいシーンで大活躍の望遠ズーム


Canon EOS KissM / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon EOS M / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon EOS KissM / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon EOS M10 / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

Canon EOS M / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM


1.35mm換算で88mm〜320mmの望遠ズームレンズ

EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMは35mm換算で88mm〜320mmをカバーする超望遠レンズです。望遠端ではかなり遠くの被写体を画角に収めることができ、背景をスッキリ整理してボカすことで、とても印象的な仕上がりになります。被写体の手前にあるものをボカしてレイヤーを作り、奥行きを表現したらより魅力的な一枚にもなりそうですね。

また、ズームレンズらしく、お子様の運動会や発表会など、被写体の近くに行けないときにも力を発揮。そのほか、小さな対象物を被写体を画角いっぱいにすることで、マクロレンズのようにも使えます。
 
 
2.手のひらサイズのコンパクトさ

ミラーレスレンズにつける望遠レンズを選ぶ時に、重さや長さがボディとマッチしないことで、購入に至らなかったという方もいるかもしれません。

しかしEF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM は、EF-Mレンズの中では最も長い焦点距離を持つレンズですが、レンズ収納時は118mmと手のひらに収まるコンパクトサイズ。重量も260gと軽めで、小型のミラーレスとの相性もバツグンなのです。持ち歩きのスナップ撮影にもピッタリです。
 
 
3.大きく美しい、とろけるようなボケ

望遠レンズの魅力は、ただ遠いところにある被写体を捉えるだけでなく、美しいボケを作れるということにもあります。望遠端を使うと35mm換算で320mmの焦点距離で、かなり大きなボケを作ることができます。そのため、被写体をふわっと浮かび上がらせるような仕上がりとなり、とても印象的な仕上がりが実現します。ポートレートにもいいですね。
 
 
4.頼りになる手ブレ補正機能搭載

望遠レンズになればなるほどどうしても手ブレしやすくなってしまうので、望遠レンズを使うときには注意が必要なのですが、手ブレ補正機能がその悩みを軽減してくれます。運動会や発表会などでも、慎重にピントを切れば手持ち撮影も十分に可能です。


本レンズを楽しむなら


お子様の運動会や発表会を機に望遠レンズデビューを考えているというユーザーも多いでしょう。EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STMは軽くてコンパクト、さらに手ブレ補正機能も搭載されているので、動きのある被写体撮影にチャレンジしやすいレンズと言えます。

また、一眼レフならではのボケのある写真を撮ってみたい!という方にもオススメ。画角の中に前ボケ、後ろボケを作って、ふんわり浮き上がるような仕上がりが実現したら、とても立体感のある1枚となりますよ。


作例紹介


Canon EOS M2 / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

200mmで撮影された1枚。シロクマの息遣いまで聞こえてきそう。

Canon EOS M / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

こちらも最大ズームで美しい玉ボケを作っています。とろけるようなボケで被写体が浮き上がって見えます。

Canon EOS KissM / EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM

手ブレ補正機能のおかげで、室内での動きのある写真もバッチリ。


ユーザーレビュー


EF-Mレンズ待望の望遠ズームとあって「これを待っていた!」という書き込みが目立ちました。月などの天体撮影や、鉄道撮影などに使う方も多いようです。

260gと軽量なので、持ち運びに適しているというレビューもたくさんありました。ちょっと望遠が物足りないというコメントもいくつかありましたが、それよりもやはり軽量で使い勝手がいいところをメリットとして捉えている人が多い印象を受けました。また昆虫や植物の撮影などで使用し、マクロレンズのように使っている方も。

シルバーとブラックの二色展開で、手持ちのボディに合わせてチョイスできるのもユーザーにとっては嬉しい利点のようです。
 
 

まとめ


被写体までの距離が遠く、また近くに寄れない時にぴったりの望遠ズームでは、遠くのものを大きく、という本来の目的はもちろんのこと、大きくとろけるようなボケを生み出すこともできます。小さい被写体にズームすることでマクロレンズのように使用することも可能と合って、幅広い用途で楽しめそうです。

さらに260gと軽量でサイズもコンパクトなことから、望遠レンズデビューを考えている方にはピッタリのレンズだなと感じました。購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。
基本仕様
対応マウントCanon EF-Mマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用-
レンズ構成11群17枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

55-200mm(35mm判換算:88-320mm相当)

最短撮影距離100.0cm
最大撮影倍率0.21倍
開放F値F4.5〜32.0
画角27.5~7.5度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ60.9x86.5mm
重量260g
フィルター径52mm
発売日
発売日2014年07月10日