HOMEフィルム一眼レフOLYMPUS OM-4 / OM-4Ti
OLYMPUS OM-4 / OM-4Ti

OLYMPUS OM-4 / OM-4Ti

その高い性能からOMシリーズの完成形と言われたOLYMPUS OM-4(オリンパス OM-4)。OM-2を元に開発されたOM-4は、マルチスポット測光を搭載した電子式シャッターカメラとして1983年に発売されました。そんなOM-4の特徴や中古市場、作例をご紹介いたします。

フィルム一眼レフ / OLYMPUS / MF機(電子式シャッター)
新品:
28,800円〜(3)
中古:
16,900円〜(91)

「撮影者の意志を反映する」OMシリーズの完成系


OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@Joe Valtierra)

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@Ben Cumming)

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@doronko)


1.OM-4の位置付け

OMシリーズにはOM-1からOM-4がありますが、OM-1 / OM-2 / OM-4 / OM-3の順で発売されました。奇数番号が機械式シャッター、偶数番号は電子式シャッターになっています。

1970年代はカメラにも電子制御を取り入れたものが出始め、1980年代には測光やシャッターを電子化するのが主流になりつつありました。そこで、電子式シャッターであるOM-2の進化系カメラとして1983 年にOM-4が発売されました。

OM-4はダイレクト測光などの技術を引き継いだうえで、マルチスポット測光を新たに搭載し、防滴・耐久の性能も向上したOMシリーズの完成形となりました。
 

2.撮影者の意志を反映するカメラ

撮影者の意志を反映するというコンセプトの元作られたOM-4の最大の特徴は、マルチスポット測光を採用したことです。

このマルチスポット測光というのは、スポット測光ボタンを押す度に測光結果を記録し、その記録を元に平均値を取り、露出を決定するというシステムの測光です。マルチパターン測光という全体のバランスを取る測光方式と違って、マルチスポット測光は基準にしたい場所を自分で選択して、その結果を平均する方式です。

なので、ハイライト部分を重視したりシャドー部分を重視したりと、自分の撮りたい雰囲気を選択することができる測光方式です。OM-4では最大8点分の測光結果を保存することができ、それらの平均値を算出できるようになっています
 

3.中古市場

オンラインショップでは、大体15,000円から45,000円の価格帯で販売されています。状態によって価格が大きく変わります。ネットオークションやフリマアプリでは10,000円以下で販売されていることもありますが、電子部品のあるカメラなので、中古カメラ取扱店で整備済みや完動品とされているものを選ぶことをおすすめします。

電子部品は故障してしまうと修理が難しいので、よく状態や動作など調べたうえで購入しましょう。流通量は多いので、いくつか見比べて検討すると良いでしょう。


OM-4 Tiについて


OM-4発売から3年後の1986年、外装がチタン製になったシャンパンカラーのOM-4 Tiが発売されました。OM-4 Tiはチタン外装になったことから、名前に「Ti」が付けられました。測光方式や横走りシャッターはそのままで、高速シャッターでもフラッシュ撮影が可能になる全速同調フラッシュ機能を世界で初めて搭載しました。

また、シャンパンカラーOM-4 Ti発売の3年後の1989年には、ブラックに塗装されたOM-4 Ti BLACKも発売されました。
 

OM-4を楽しむなら


OM-4には中央重点ダイレクト測光もありますが、マルチスポット測光を使いこなしてみてはいかがでしょうか。カメラには一般的に、マルチパターン測光・中央重点測光・スポット測光方式などさまざまな方式がありますが、マルチパターン測光が一番簡単なので他の測光方式を使う機会は少ないかもしれません。

マルチスポット測光は、自分が一番注目してほしいポイントだけに絞って測光するので、他の測光方式よりも思い通りの仕上がりになります。天気が良い日の屋内での撮影や逆光など光と影の差が激しい場面でも被写体がつぶれず、きれいに撮影できます。ぜひ、いろいろな場面で試してみてください。


作例紹介


OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@Joe Valtierra)
ぴかぴかのリンゴとそれを支える腕だけにピントがあった作品。不思議な世界観です。

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@alh1)
マクロレンズで撮影された作品。花びらの隙間からこぼれる光まで美しいです。

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@alh1)
複雑な構造をした大聖堂を捉えた一枚。細部に至るまでよく描かれています。

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@alh1)
背景の玉ボケが非常に美しい一枚。降り注ぐ光も柔らかくクリアです。

OLYMPUS OM-4
出典:flickr(@Gregory Bodnar)
何気ない日常の風景。肌や髪の質感が非常に自然です。


ネットユーザーのレビュー


ボディがコンパクトなので、持ち運びがしやすく連れて歩くのに良いカメラという意見が多かったです。なおかつ、他のコンパクトなカメラのようなおもちゃ感は無く、ぎっしり中身が詰まった感覚があるとの意見もありました。

マルチスポット機能を使うには露出に関する知識が必要になるが、使いこなすと意図が反映しやすいという方もいました。
 

まとめ


カメラの電子化の流れに乗り、1983年に発売された電子式シャッターカメラのOLYMPUS OM-4。その高い性能から、OMシリーズの完成形と呼ばれています。

最大の特徴はマルチスポット測光方式が搭載されいることです。撮影者の好みに合わせて測光ポイントが選べ、その結果から平均値を算出してくれるマルチスポット測光は、撮影者の意志を反映するというコンセプトの元誕生しました。中古市場での流通量は多く、15,000円から入手可能なので、フィルムカメラ初心者でも始めやすいかと思います。

OM-4はコンパクトで持ち運びも便利なので、ぜひいろいろな場所に連れて行って、フィルム写真を楽しんでみてはいかがでしょうか。
レンズマウント
型式

電子式一眼レフカメラ
※以下スペックはOM-4について記載

レンズマウントOMマウント
ファインダー
視野率97%
倍率約0.84倍
ミラー
露出制御
測光方式TTL開放中央重点ダイレクト測光、中央重点平均測光、マルチスポット測光
測光範囲

EV-5〜EV19(中央重点平均測光時)

露出モード/撮影モード

絞り優先AE

ISO感度

多重露光-
シャッター
シャッター速度1/2000〜1秒
巻き上げ・連写速度
レリーズ機能
セルフタイマー-
AF
AF方式
測距点
電源
使用電池SR44x2個またはLR44x2個
サイズ・重量
サイズ136Wx84Hx50Dmm
重量540g
発売日
発売日1984年01月01日