Canon EOS M5

Canon EOS M5

2012年からEF-MマウントでAPS-Cミラーレス市場に参入してから4代目となるのがEOS M5です。EOS M5は2016年発売ということで、わずか4年で4世代という一眼カメラとしてはかなり早いペースでの世代交代とも言えます。急速に進化するミラーレスカメラにおいて、EOS M5はどの様な性能に仕上がっているのか解説します。

ミラーレス一眼 / Canon / エントリー
新品:
47,000円〜(65)
中古:
39,500円〜(76)

EOS Mシリーズ最上位のM5


EOS Mシリーズは、現行ではM200となっているローエンドとしてM3桁、そしてKissシリーズのKiss M、ファインダーレスのエントリー機M6シリーズ、最上位APS-CミラーレスとしてM5となっています。

EOS M5は発売時においてCanon初のデュアルピクセルAF、EVF搭載ミラーレス一眼ということで高い性能のミラーレスでしたが、その後、Kiss M、M6 Mark II、M200と発売され、必ずしもCanon APS-Cミラーレス最高性能とはなっていません。とは言え、画素数は2420万画素で連写は最高9コマ/秒と申し分なく、デュアルピクセルAFによってAF速度も位相差センサーがないミラーレスのデメリットを感じさせません。

世代遅れ感があるのは瞳AFと4K動画に対応していない点ですが、通常撮影においてはこの2つの機能の有無はそこまで絶対的な差ではないと思われますが、ユーザーの撮影スタイルに依るところとなりそうです。

しかし、実はEOS M5が最上位機種たる所以はそういったミラーレスとしての基本機能よりも、操作系の充実など撮影時の設定自由度の高さです。ミラーレス一眼はどうしても小型化する過程で、一眼レフ機では当然の装備も省かれていることもあります。M5は電子ダイヤルもレフ機同様に2つあり、さらに露出補正ダイヤルがあったり、レンズ横にもボタンが追加され一眼レフ機に近い操作性となっています。

Canon EOS M5 / EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM


Canon EOS M5 / EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM


Canon EOS M5 / EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM


Canon EOSシリーズ相関図(2020年1月時点)



タッチ&ドラッグ故のチルト液晶


上下方向に可動するチルト液晶はバリアングル液晶に比較すると撮影時の視線と光軸が常にズレないというメリットはありますが、液晶の可動域からすればバリアングル液晶が完全上位互換とも言えます。

Canonは基本的にバリアングル液晶を一眼レフ機に多用してきましたが、EOS Mシリーズではチルト液晶を多く採用していて、M5もチルト液晶となっています。EVF(電子ビューファインダー)非搭載のMシリーズであれば、チルト液晶でも上方に跳ね上げることで三脚固定で自撮りができますが、EVF搭載のM5の場合は下方に液晶を回転させるしかないので、三脚仕様時は自撮り撮影がしにくくなってしまいます。

また、バリアングル液晶は使わないときには画面を回転させて液晶を露出させないようにするというメリットがあります。液晶に不用意に傷がついてしまうことを避けることができ、ファインダー撮影時に液晶が光って邪魔をすることもありません。

しかし、M5の場合はタッチ&ドラッグというファインダー撮影時にも背面液晶のタッチパネルを利用する操作系があり、液晶は常に触れるようにしておく必要があります。EOS kiss Mは同じ外見でバリアングル液晶を採用しているので、技術的には問題なく搭載できるはずなので、M5はタッチ&ドラッグ操作があるのであえてチルト液晶にしていると考えられます。

AFポイントをノートPCのタッチパッドの様に直感的に操作できるタッチ&ドラッグはボタン数が少ないミラーレスの操作系を向上させると高評価になっています。


Kiss Mとの比較


CanonはEOS M5発売から2年後に兄弟機と言ってもいいほどそっくりのEOS Kiss Mを発売しました。Kiss MもEVF搭載ミラーレスで、見た目はほぼ同じで、発売から時間が経って値下がりしたM5と価格もほぼ同じとなっています。

違いはKiss Mが一世代新しい映像エンジンで、連写性能などもやや上回っています。さらに背面液晶はバリアングル液晶ということで、両者を比較するとKiss M一択の様にも思えます。しかし、家族向けエントリー機であるKiss Mと比較すると、本格的な一眼撮影も視野に入れるM5はボタンの数が多く、設定を瞬時に変更できるように操作性も高くなっています。

さらにバッテリー容量もM5が多く、撮影可能枚数も公称値でKiss Mが235枚に対して、M5は295枚と60枚の差があります。実際に撮影すると、この倍くらいは撮影できるのでその差もさらに大きくなります。もちろん、1日撮影するには両者とも予備バッテリーが必須にはなりますが、Kiss Mが予備バッテリー1個でも心もとなくなることに比較して、M5であれば予備1個で十分1日撮影できるという差になります。

またKiss Mでは外部レリーズが使えないが、M5なら使えるなど、映像エンジンは古いですがM5の方が本格撮影に適した仕様になっています。さらに大きな違いとして、M5にはボディ内手ブレ補正が搭載されています。

ボディ内手ブレ補正はEOS RやRPなどの初代Canonフルサイズミラーレス機には搭載されなかったことから不満の声も上がった機能ですが、M5には搭載されていて、IS(レンズ内手ブレ補正)レンズの補正と組み合わさることでより効果の高い補正ができます。IS非搭載のレンズでもボディだけで5軸手ブレ補正が可能なので、オールドレンズや他社レンズも積極的に使うことができます。

Canon EOS M5 / EF-M18-150mm F3.5-6.3 IS STM



微妙な立ち位置となったが気になる後継機は…


2016年発売のEOS M5は発売当初の価格から4割ほど安くなり、かなりコスパも上がってきていますが、後継機の登場も気になるところです。EOS M5の後継機はおそらく型番的にはEOS M5 MarkIIとなりそうですが、問題はCanonにミラーレスマウントが2種類あるというところです。

CanonはEOS MシリーズのEF-Mマウントと、フルサイズミラーレスのRFマウントがあります。RFマウントのAPS-C機の発売も噂されており、そうなってくるとEOS Mシリーズ最上位とされるM5の立ち位置も微妙となります。ただし、現状ではRFマウントAPS-CよりもEOS M5 MarkIIに関連したリーク情報の方が多いので、しばらくはAPS-CはEF-M、フルサイズはRFという棲み分けが続きそうです。

Canon EOS M5 / EF100mm F2.8L Macro IS USM


Canon EOS M5 / EF-M28mm F3.5 MACRO IS STM



おすすめレンズ「EF-S10-22mm F3.5-4.5」


ミラーレスの醍醐味の1つはレフ機のレンズがマウントアダプターで使えることです。マウントアダプターの難点に手ブレ補正が使えなかったり、AFが使えないということがありますが、EOS M5とEF-S10-22mm F3.5-4.5はCanon純正アダプターで接続できるので機能が制限されるということもありません。

CanonのAPS-Cレフ機を使ったことがある人であればEF-S10-22mm F3.5-4.5は馴染みのあるレンズでしょう。EF-Mでも広角レンズはありますがレフ機のレンズ資産があるのならマウントアダプターでレフ機のレンズを有効活用することもできます。

Canon EOS M5 / EF-S10-22mm f/3.5-4.5 USM

M5はレリーズ端子もあるので長秒露光撮影もできます。


ネット上のユーザーレビュー


ポジティブレビュー

  • タッチ&ドラッグはタッチ範囲を限定すれば誤作動も少なく使える
  • ミラーレスでも、いわゆるカメラっぽい見た目で満足
  • AF追尾性能が上がったので飛行機撮影でも追いかけて撮影できた
  • AF枠の大きさを変えられるので便利
  • EFレンズがアダプターで安心して使える

EOS M3などの旧機種と比較するとバッテリーもちやAF性能などは飛躍的に向上しているといえます。
 
ネガティブレビュー

  • ホワイトバランスが安定しない
  • EVFは小さく色味も悪いのであまり使えない
  • ダイヤルはすぐにガタついてしまい安っぽい
  • 同価格のレフ機に比べると性能も外見も一段劣る印象
  • メニュー操作などでワンテンポ反応が遅れて使いにくい

EVFとホワイトバランスに対するネガティブレビューが目立ちました。中級機として見てしまうとまだまだ一眼カメラとしては未完成な部分も多い様です。
 

まとめ


EOS Mシリーズ最上位とされるM5ですが、実際には他のMシリーズ後継機やKiss Mの登場で絶対的性能の優位性はありません。そして、レフ機ミドルスペックとなるEOS 6D Mark IIや90Dなどと比べても今一歩及ばない感があります。

しかし、実勢価格を比較すれば、レフ機エントリー機クラスの価格であることを考えれば、一眼カメラとしての性能は申し分なく、他のMシリーズと比較してもボディ内手ブレ補正などユーティリティミラーレスとしての性能は高くなっています。
レンズマウント
レンズマウントCanon EF-Mマウント
撮像素子
センサーサイズAPS-C(22.3×14.9mm)
有効画素数2,420万画素
ダスト低減機能
映像エンジンDIGIC 7
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード

スロット数

シングルスロット

記録画素数

L(ラージ):約2400万(6000×4000)画素
M(ミドル):約1060万(3984×2656)画素
S1(スモール1):約590万(2976×1984)画素
S2(スモール2):約380万(2400×1600)画素
RAW(ロウ):2400万(6000×4000)画素

画像ファイル

JPEG/RAW

動画
4K対応-
記録サイズ

Full HD(1920x1080):59.94p
HD(1280×720):59.94p
VGA(640x480):29.94p

記録形式

MP4

ライブビュー
フォーカスデュアルピクセル CMOS AF方式
シャッター
シャッター速度1/4000~30秒
連続撮影速度最高約9.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数撮像素子によるリアルタイム測光
ISO感度100〜25,600
AF
測距点最大49点
ファインダー
視野率100%
倍率
ストロボ
内蔵ストロボ
液晶モニター
サイズ3.2インチ 162万ドット
可動式チルト式液晶
I/F
インターフェース

HDMI、Micro USB、AV出力

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC
Bluetooth
防塵・防滴
防塵・防滴-
手ブレ
手ブレ補正機構
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

常温(23℃)約295枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

常温(23℃)約295枚

動画撮影可能時間

常温(23℃)約1時間25分

USB充電-
使用電池充電式リチウムイオン電池LP-E17
サイズ・重量
サイズ115.6(幅)×89.2(高さ)×60.6(奥行)mm
重量380g
発売日
発売日2016年11月25日