HOMEズームレンズNikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

広角から超望遠までカバーする、超高倍率ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR。旧モデルから大幅な小型軽量化を実現し、2014年に発売されました。高性能手ブレ補正が搭載されたレンズで、一本でさまざまなシーンで活躍してくれます。今回は、AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRの特徴や作例、併せて検討していただきたいレンズもご紹介いたします。

ズームレンズ / Nikon / 高倍率
新品:
62,800円〜(103)
中古:
33,000円〜(111)

広角から超望遠をカバーする16.7倍の超高倍率ズームレンズ

 
1.広角から超望遠まで
焦点距離18-300mmの本レンズはDX(APS-C)サイズ対応なので、35mm換算すると焦点距離27-450mmとなるので、ジャンルとしては広角から超望遠に対応した約16.7倍の超高倍率ズームレンズに分類されます。

なので、本レンズ一本で広角での風景撮影から望遠での野鳥撮影、テレマクロ的な使い方で花の撮影などさまざまな撮影が楽しめます。

さらに、Nikon独自の高性能手ブレ補正(VR)機能が搭載されているので、夜間の撮影も三脚なしで臨めます。
 
2.旧モデルから小型軽量化
本レンズは重量約550gと、旧18-300mmレンズより280gの軽量化に成功し、サイズも最大径4.5mm、縮小時21mm、伸長時29mmほどコンパクトになりました。

Nikonはカメラ本体のAF機能の向上に伴い、開放絞りが必ずしもF5.6ではなくてもよくなったため、本レンズは開放絞りをF6.3に留めることで大幅なダウンサイジングを可能にしました。

この設計の見直しにより、小型軽量のDX機とのバランスも良く、機動力も向上しました。
 

本レンズを楽しむなら


便利なズームレンズではありますが、望遠側が開放でF6.3と少し暗めのレンズなので、ぜひ屋内よりも屋外でたくさん使って欲しいレンズです。

そもそも小型軽量と持ち運びが楽なレンズなので、旅行に行く時だけでなく、子どもと広めの公園に行く時など日常的に楽しむのもおすすめです。

若干画面の四隅の描写が甘い傾向にあるレンズなので、被写体を中央付近に来るようにすると、四隅は前ボケや背景に紛れて自然なボケになってくれます。また、解像感が欲しい方は、開放ではなく1、2段階ほど少し絞って撮影すると解像感が高まります。

他には、幅広い画角をカバーしているレンズですので、同じ被写体でもさまざまな画角で撮影を楽しんでみてください。新たな表現方法に出会えるかもしれません。
 

作例紹介

Nikon D7000 / AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
出典:flickr(@houroumono)
シャープな線で蓮を捉えた作品。葉や花の質感や重みも感じられます。
Nikon D300 / AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
出典:flickr(@Becky Matsubara)
高倍率ズームレンズならではの一枚。背景のボケも自然で滑らかです。
Nikon D300 / AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
出典:flickr(@Becky Matsubara)
バシッとピントが決まった作品。拡大しても羽根の一枚一枚までしっかり描写されています。
Nikon D7200 / AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
出典:flickr(@Chris Yarzab)
本レンズは超望遠までカバーしているので、このような写真も楽しめます。
Nikon D5200 / AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR
出典:flickr(@Mark Kieve)
躍動感あふれるシーンを捉えた一枚。AFが高速なのでシャッターチャンスを逃しません。
 

併せて検討したいレンズ


本レンズと併せて検討していただきたいのがTAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLDです。APS-Cサイズのレンズなので、35mm換算で27-600mmとズーム比22.2倍(2017年発売当時、世界初のズーム比)の超望遠高倍率ズームレンズです。

重さは本レンズより約150gほど重く、長さは縮小時で22.4mm、伸長時では34mmほど長くなってしまいますが、これだけ幅広い画角をカバーしているレンズと考えると非常にコンパクトに仕上がっています。

こちらのレンズは600mmの画角までカバーしているので、本レンズよりも圧縮や引き寄せといった望遠レンズならではの効果をもっと感じたいという方におすすめです。

また、タムロン独自のAF駆動「HLD」や手ブレ補正機構「VC」が搭載されているので、超望遠側でも安心して撮影を楽しめます。

価格も純正レンズではないので、本レンズよりも手ごろに入手できるのもメリットの一つです。ぜひ、ご自身の撮影スタイルと照らし合わせて検討してみてください。
 

ユーザーレビュー


幅広い画角をカバーしているので、1本持っていくだけで登山時に高山植物から風景まで撮れるなどどんなシーンでも活躍してくれるので、便利なレンズと称されていました。

単純な構造で、スイッチ系も分かりやすいので操作は簡単というレビューが多かったです。ズームリングの硬さも適度なので、微調整がしやすいようです。

重量は鏡筒がプラスチックなので見た目より軽く、高倍率ズームにしてはコンパクトなので非常に携帯性に優れているという評価されていました。小型軽量かつレンズ交換不要なのでシャッターチャンスを逃すことが減ったというユーザーが多かったです。

性能に関しては、手ブレ補正が良く効くので、三脚が無くても夜間の望遠撮影ができると高評価でした。

また、単焦点レンズと比べると落ちてしまうが、高倍率ズームレンズにしては画質が高く、テレ端でもキレキレでは無いけれど自然でシャープな描写が楽しめるという意見が多かったです。
 

まとめ


35mm換算で27-450mmと広角から超望遠までの画角をカバーしている高倍率ズームレンズAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR。

小型軽量かつ幅広い画角に対応しているので、レンズ交換なしでさまざまなシーンで活躍してくれる便利なレンズです。さらに高性能なVR機能が搭載されているので、三脚なしで夜間の望遠撮影も可能です。

ぜひ、AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRを通して、高倍率ズームの世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Fマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成12群16枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

18-300mm(35mm判換算:27-450mm相当)

最短撮影距離48.0cm
最大撮影倍率0.29倍
開放F値F3.5〜40.0
画角76~5.2度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ78.5x99mm
重量550g
フィルター径67mm
発売日
発売日2014年04月24日