HOMEズームレンズFUJIFILM GF35-70mmF4.5-5.6 WR
FUJIFILM GF35-70mmF4.5-5.6 WR

FUJIFILM GF35-70mmF4.5-5.6 WR

「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、2021年11月に発売された新しい標準ズームレンズです。コンパクトさと高性能を兼ね備えており、注目を集めています。今回は「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」の特徴やレビューをまとめてご紹介します。GFXシリーズ用の常用レンズを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

ズームレンズ / FUJIFILM / 標準
新品:
120,000円〜(19)
中古:
105,800円〜(10)

中判ユーザーに嬉しいコンパクト標準ズーム


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、2021年11月に発売された「GFXシリーズ」用の標準ズームレンズです。「GFX50S II」のキットレンズにも採用されており、使いやすい画角と持ち運びしやすいサイズが大きな魅力。注目したい特徴は、次の3つです。
 

1.35mm換算で28mm〜55mmの標準ズームレンズ


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、35mm換算で28mm〜55mmの標準ズームレンズです。使用頻度の高い画角をこのレンズのみで網羅できるので、多彩なシチュエーションで活用できます。

開放F値は4.5〜5.6と少し暗く感じるかもしれませんが、中判ミラーレスカメラはセンサーサイズが大きいので光を多く取り込めます。開放付近で撮影すれば、充分なボケ感を得られます。

非球面レンズやEDレンズを含む9群11枚の光学設計で、GFXシリーズの高解像度を充分に発揮できるところもポイント。湾曲収差や色収差を抑えて、鮮やかな色彩表現ができます。
 

2.軽量化したフォーカスレンズ群が高速AFを実現


多彩なシーンでレンズ使いたいときに、気になるのがAFの速度です。「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、フォーカスレンズ群を小型化することで高速AFを実現。素早く被写体にピントを合わせて、ここぞという瞬間を逃しません。スポーツ撮影や動物撮影など、動きの速い被写体を前にしても快適に撮影が楽しめます。

「GFX50S II」などボディ内手振れ補正が備わっている機種に装着すれば、ブレを抑制しながら撮影に挑めます。
 

3.500g以下の軽量設計で携帯しやすい


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は重量390g、直径84.9mm× 73.9mm(沈胴時)です。ズームレンズは重くなりがちですが、500g以下に抑えることで手軽に携帯することが可能。常用レンズや長時間の撮影にも難なく使用できます。

防塵防滴性能も備わっているため、天気や環境に左右されることなく撮影ができるところもポイント。プロユースにも応えられる性能を兼ね備えています。
 

こんなシーンにおすすめ


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、35mm換算で28mm〜55mmを網羅できる使い勝手がいい標準ズームレンズです。

風景撮影やスナップ撮影、ポートレート撮影など、多彩なシチュエーションで使えます。防塵防滴性能を備えているため、海辺や悪天候時などでも撮影が可能。GFXシリーズならではの、高解像度で鮮明な描写が楽しめます。高速AFを活かせばスポーツ撮影や子供の撮影など、動きの速い被写体にも最適。

最短撮影距離は0.35mなので、被写体にグッと近寄りテーブルフォトや草花の撮影にも使えます。また、携帯のしやすさも配慮しているので、長時間撮影やカメラを携帯しての移動にも対応可能。このように、日常使いからプロユースまでさまざまなニーズに応えるレンズです。
 

併せて比較検討したいレンズ


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」を検討するときに気になるのが同じ標準ズームレンズの「GF32-64mmF4 R LM WR」ではないでしょうか。

両者近しい焦点距離ではありますが、GF35-70mmが9群11枚のレンズ構成に対して、GF32-64mmは11群14枚。結果として、約2倍もの重量差が生まれています。

GF35-70mmは沈胴式ズームを取り入れリニアモーター(LM)を搭載しないことでコンパクトさを重視した作りに。しかしながら、防塵防滴性能を誇りGFXシリーズにふさわしい堅牢性を有しています。
製品

FUJIFILM GF35-70mmF4.5-5.6 WR

FUJIFILM GF32-64mmF4 R LM WR

価格新品:120,000円〜
中古:105,800円〜
新品:266,805円〜
中古:217,000円〜
焦点距離30-70mm(35mm判換算:28-55mm相当)32-64mm(35mm判換算:25-51mm相当)
F値F4.5〜32.0F4.0〜32.0
最短撮影距離35.0cm50.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正--
防塵
防滴
重量390g875g
発売年月2021年11月2017年02月
 

ユーザーレビュー


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」のレビューを見てみると「GFレンズにしては軽量コンパクトなので扱いやすい。ボディに装着したまま携帯するのに、ちょうどいいサイズだと感じる」「ズーム全域で解像度が高く、鮮明な描写ができて満足している。ボケ感も滑らかで、鮮やかな色合いが引き立つ」という声が目立ちます。

一方で「レンズ側にも手振れ補正があると、速い被写体を前にしても安心して使用できる」という声も。いずれにしても、携帯性のよさと高い描写力が評価を得ているようです。
 

まとめ


「GF35-70mmF4.5-5.6 WR」は、描写力と携帯性の良さを兼ね備えているところが大きな魅力。GFXシリーズならではの高い描写力や色彩表現力をより身近に感じられます。

手軽に携帯できる標準ズームレンズを探している人やGFXシリーズの常用レンズが欲しい人は、ぜひチェックしてみてください。
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Gマウント
フォーカスAF
フルサイズ対応-
APS-C専用-
レンズ構成9群11枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

30-70mm(35mm判換算:28-55mm相当)

最短撮影距離35.0cm
最大撮影倍率0.28倍
開放F値F4.5〜32.0
画角76~42.7度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ84.9x73.9mm
重量390g
フィルター径62mm
発売日
発売日2021年11月30日