HOMEズームレンズTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032) [ニコン用]
TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032) [ニコン用]

TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032) [ニコン用]

2017年に発売された大口径標準ズームレンズTAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)。Nikon純正レンズよりも手ごろな値段で、強力な手ブレ補正や高い逆光耐性が魅力のレンズです。今回は、TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)の特徴や作例、併せて検討したいレンズをご紹介いたします。

ズームレンズ / TAMRON / 標準
新品:
119,988円〜(46)
中古:
79,800円〜(84)

AF、手ぶれ補正、逆光体制が進化した標準ズーム

Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@G Yancy)
Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@藍迪 蔡)
Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@藍迪 蔡)

1.強力な手ブレ補正


本レンズは、2012年に発売されたSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD(Model A007)の第二世代(G2)として、A007をベースにバージョンアップし発売されました。

その進化したポイントの一つが、手ブレ補正です。手ブレ補正の為の専用MPU(マイクロプロセッサ)を追加することで制御系を一新し、クラス最高(発売当時)の約5段分の強力な補正が可能になりました。
 

2.進化したマルチコーティング


もう一つの進化ポイントは、逆光耐性です。

本レンズでは、新たにeBANDコーティングという超低屈折率のナノ構造膜のコーティングが施されています。この進化したコーティングによって反射防止性能がアップし、フレアやゴーストを大幅に抑制することに成功しました。
 

本レンズを楽しむなら


逆光耐性が高いレンズなので、ぜひ逆光下での撮影を楽しんでいただきたいです。

逆光で撮影すると被写体の顔が暗くなってしまうなどのデメリットもありますが、上手く光を取り入れることで雰囲気のある写真を仕上げることができます。

そこそこ強めの日差しが入ってもゴーストもフレアも出ず、安定した解像度の高い作品が撮影できるので、怖がらずに挑戦してみてください。

さまざまなシチュエーションで、逆光を上手に取り入れて作品作りを楽しんでみてはいかがでしょうか。
 

作例紹介

Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@G Yancy)
濃厚な発色で雨雲を捉えた一枚。空や大地の広さが気持ちが良いです。
Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@G Yancy)
最短撮影距離が38cmなので、このように寄った作品も美しく仕上がります。
Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@藍迪 蔡)
逆光での一枚ですが、しっかりとフレアやゴーストが抑えられています。
Nikon D610 / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@藍迪 蔡)
拡大すると石橋の質感や新緑の一枚一枚まで、しっかり描写されていることがわかります。
 

併せて比較検討したいレンズ


本レンズと併せて検討していただきたいのがAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM|Artです。どちらのレンズも本レンズと同じ24-70mm F/2.8の標準ズームレンズです。

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRはNikon純正の標準ズームレンズで、Nikonならではの高い解像力や柔らかい上質なボケが楽しめます。安定した高速AF、手ブレ補正やナノクリスタルコートなど、どんなシーンでも安心の一本です。

ただ、純正なので価格が本レンズの2倍ほどで、本レンズより46mm長く、165gほど重くなってしまいます。

なのでお金に余裕があり、自動ゆがみ補正など純正の高い性能をフルに使って撮影を楽しみたい方にはこちらのレンズがおすすめです。

もう一つのSIGMA 24-70mm F2.8 DG OS HSM|Artは、本レンズと同じサードパーティーの標準ズームレンズです。こちらも手ブレ補正や逆光耐性コーティングが施されているなど、純正や本レンズと変わらぬ性能を持ったレンズで、本レンズより少し高い程度の手ごろな価格で入手できます。

他のレンズと違って、程よく周辺減光や逆光下でのゴーストが現れるレンズなので、トイカメラやフィルムカメラのような雰囲気のある写真が好きな方におすすめのレンズです。

大きさは本レンズとほぼ同じですが、こちらのレンズの方がレンズの枚数が多いので、重量が115gほど重たいですが、純正よりは50gほど軽いです。

ぜひ、ご自身の撮影スタイルと照らし合わせて検討してみてください。
 

ユーザーレビュー


大口径レンズなので口径は大きいけれど、ズームやフォーカスリングの動きがスムーズなので慣れれば扱いやすいようです。

900gなので重いけれど、フルサイズ機に装着した時の全体のバランスが良いのであまりデメリットに感じないというユーザーが多かったです。

また、フードロック機能が付いたので、使い易いという意見も多かったです。

Nikon純正レンズとの比較は、純正の半分の値段で純正から大きく見劣りはしないのがすごい、純正よりコンパクトかつ軽量で携帯性が良いので本レンズを選んだというレビューが多かったです。

機能に関しては、全域でf2.8が使えるのでテレ端でもシャッタースピードが稼げる、かつ手ブレ補正が強力なので手持ち撮影が可能な幅が広がったと高評価でした。

写りに関しては解像度が高く、ボケも柔らかで良いと評価が高かったです。

レビューを見ていると初期不良を抱えた個体がやや多めな印象です。タップインコンソールによって補正できる場合もありますが、少しでも違和感を感じた場合は、早めに修理依頼を出した方が良いでしょう。
 

まとめ


TAMRONから発売された、大口径標準ズームレンズのSP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)。

Nikon純正レンズの半分程度の価格で、純正に引けを取らない性能を持つことから人気のレンズです。また、純正やSIGMAに比べてコンパクトかつ軽量なのも魅力の一つです。

ぜひ、SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2 (Model A032)を相棒に、写真を撮ることを楽しんでみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Fマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成12群17枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

24-70mm

最短撮影距離38.0cm
最大撮影倍率
開放F値F2.8〜22.0
画角84.04~34.21度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ88.4x108.5mm
重量900g
フィルター径82mm
発売日
発売日2017年08月02日