HOMEズームレンズCanon RF70-200mm F4 L IS USM
Canon RF70-200mm F4 L IS USM

Canon RF70-200mm F4 L IS USM

ミラーレスになって何が変わるのでしょう?もちろん、カメラボディはミラーレスになって瞳AFなど多機能になり、ミラーがない分、コンパクトになりました。一方で、レンズは何が変わるのかというと、今まではミラーレス用レンズの本数が少なく不透明な部分もありましたが、RF70-200mm F4 L IS USMの発売でCanonのRFレンズの戦略がだいぶ見えてくるようになりました。RFマウントになった、70-200 F4は何が変わったのでしょう。

ズームレンズ / Canon / 望遠
新品:
208,065円〜(20)
中古:
187,800円〜(17)

コンパクトさにこだわったLレンズ

Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)
Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)
Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)

Canon Lレンズはプロ向けの高級レンズで、高い光学性能と耐久性を兼ね備えたレンズ群です。一方で、高価でサイズが大きいというデメリットもありました。

RF70-200mm F4 L IS USMは価格面でのデメリットは更に大きくなっていますが、サイズについては大幅な改善がなされています。

これまで、望遠系のLレンズ、いわゆる白レンズはとにかく大きくて重いので、持ち出すにはある程度覚悟が必要でした。

プロの撮影現場であれば、画質が最優先であり、大きさや重さは二の次なのでそれで問題ないのですが、お散歩スナップや旅先でのちょっとした撮影はそれがネックになってキットレンズで妥協するということも少なくないでしょう。

RF70-200mm F4 L IS USMはEF70-200mm F4 Lと比較すると32%も短くなり、重量も100g近く軽くなりました。F4通しの望遠ズームでありながら、標準キットレンズと同じ様なサイズ感となっています。

EF70-200mm F4 Lは、個人的な感想ですが、細長いという印象のあるレンズでした。レンズ径に対して全長が長く、一眼レフのガッチリボディと合わせても70-200F2.8と比べるとややバランスが良くない印象でした。

これはズーム時に鏡筒が伸縮しない、インナーズームを採用していることが一因で、Lレンズの高い耐久性を維持することに貢献しています。

EF70-200mm F4 Lをフルミラと組み合わせると、マウントアダプターを挟むことでさらにレンズの全長は長くなり、一眼レフよりも薄いカメラボディと相まってバランスは更に悪くなります。

一方でRF70-200mm F4 L IS USMは全長が大幅に短くなったことでF2.8と同様のどっしりとした印象のレンズとなり、ボディと合わせたときのバランスも非常に良くなっています。レンズを装着したまま、標準ズームと同様にカメラバッグに放り込むことも可能です。

EF70-200mm F4 Lではそのサイズ感から二の足を踏んだような撮影シーンでも、RF70-200mm F4 Lは積極的に持ち出せるレンズとなっています。
製品

Canon RF70-200mm F4 L IS USM

Canon EF70-200mm F4L IS II USM

価格

新品:208,065円〜

中古:187,800円〜

新品:125,787円〜

中古:74,000円〜

焦点距離70-200mm70-200mm
F値F4.0〜32.0F4.0〜32.0
最短撮影距離60.0cm100.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正
防塵
防滴
重量695g780g
発売年月2021年03月2018年06月
 

今後のRFレンズ群の展開も見えてくる


RF70-200mm F4 L IS USMの発売で、RFレンズ群もかなり充実したレンズラインとなってきました。そして、RF70-200mm F4 Lの性能を見ることで、RFレンズの傾向も見えてきます。

RF70-200mm F4 L IS USMはアウターズームを採用することで、非常にコンパクトな望遠ズームレンズとなりました。これはRF70-200mm F2.8も同様でEF70-200mm F2.8よりも30%近く軽量コンパクトになっています。

望遠ズームレンズはよりコンパクトになることで、コンパクトなフルミラボディと合わさり、携帯性が向上します。

さらに、Canonはレンズ内手ブレ補正ISとボディ内手ブレ補正を組み合わせた高度な手ブレ補正制御があります。RF70-200mm F4 Lは最大7.5段分の手ブレ補正を実現しています。RF70-200mm F4 Lは三脚座が装着できなくなっていますが、これだけの手ブレ補正があれば三脚などでの支持は不要でしょう。

もちろんコンパクトなレンズなので、カメラボディの三脚穴を利用して支持することも可能です。

また、RF70-200mm F4 LはEF70-200mm F4 Lに比べると、よりシャープな描画になっています。特に周辺部がかなり改善されていて、R5などの高解像度カメラに合う性能となっています。

EOS R3は2400万画素の高速連写機ですが、SONY α1の登場や、8K動画に合わせた画素数などを考えると、CanonもEOS R1では高解像度高速連写になるのではという噂もあります。RFレンズ、特にLレンズではより高い解像力がポイントとなりそうです。

RF70-200mm F4 Lは全長は短くなったものの、EFに比べて重量的には100g弱の軽量化となっています。これはUDレンズを4枚搭載するなど、光学性能をアップするためであると考えられます。

また、AF性能もEOS Rシリーズの瞳AFなどに対応するため、よりスムーズに動くように改善されています。

その分、価格はEFレンズ群に比べると大幅アップされていますが、RFレンズでは今後発売される高性能なEOS Rシリーズに見合った性能に最適化されているといえます。
 

ポートレートでも大活躍のF4レンズ


ポートレートは大三元。もちろん、小三元よりシャープなピント面と豊かなボケの大三元が好まれることは当然です。

しかし、RF70-200mm F4 Lは史上最もコンパクトな望遠小三元です。望遠ズームF4で、焦点距離を長くすることで豊かなボケ量が得られると同時に、強力な手ブレ補正と合わせて手持ちで撮影しやすいというメリットがあります。

さらに高解像度カメラに合わせてEFから進化したシャープなピント面はポートレートでも使える小三元となっています。また、RF70-200mm F4 Lは近接撮影性能もアップしており、ポートレート以外でもよりユーティリティに使えるレンズとなっています。
 

作例紹介

Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)
Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)
Canon EOS R6 / RF70-200mm F4 L IS USM
出典:instagram(@kazukingu0717)
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • F4ズームとして各焦点域で均質なクオリティ
  • ズームリングは90度で70から200までズームできるので使いやすい
  • 最短撮影距離が60cmになったので、よりスナップで使いやすくなった
  • AFは追従の滑らかさが好感触
  • 使う頻度が高くなり、買ってよかったと思えるレンズ
EFに比べて値上がりしてはいますが、満足度もあがっていることがレビューからわかります。

■ ネガティブレビュー
  • F2.8と各リング位置に一貫性がないので操作は注意が必要
  • ボケがEFレンズよりもちょっと固くなった印象
  • レンズは小さいがフードはそれなりに大きいので取り扱い注意
  • フォーカスブリージングがやや気になる
  • エクステンダーは物理的に使えない
EFレンズとは違ったRFレンズならではの使い勝手の違いには慣れが必要な部分もありそうです
 

まとめ


被写体との距離が遠くなりがちな屋外などでの撮影において、望遠ズームは標準ズームよりも使い勝手の良い焦点距離となります。さらに開放通しの明るい望遠ズームはボケ量も得られやすいので豊かな表現が可能となります。

しかし、いかんせん大きく重く持ち運びにくいというデメリットがありました。明るい望遠ズームとはそういうものだということは常識ともされていましたが、その固定概念を打ち破ったのがRF70-200mm F4 L IS USMです。

標準ズームに迫るコンパクトな70-200mm F4は常にカメラバッグに入れたりボディに装着していても苦にならない大きさです。

高性能なレンズとボディを常に身近に

フルミラ時代を代表するレンズの1本と言えそうです。
基本仕様
対応マウントCanon RFマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成11群16枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

70-200mm

最短撮影距離60.0cm
最大撮影倍率0.28倍
開放F値F4.0〜32.0
画角34~12度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ83.5x119mm
重量695g
フィルター径77mm
発売日
発売日2021年03月10日