HOMEズームレンズCanon RF70-200mm F2.8L IS USM
Canon RF70-200mm F2.8L IS USM

Canon RF70-200mm F2.8L IS USM

小さいことは正義だ。フルミラの登場やコンパクトAPS-Cなどで、一眼カメラではSONYの専売特許とも思いがちなこの言葉ですが、Canonも負けてはいません。未だかつてないコンパクトな70-200 F2.8をCanonが発売しました。RF70-200mm F2.8L IS USMはフルミラ大三元の新たなスタンダードレンズとなるのでしょうか。

ズームレンズ / Canon / 望遠
新品:
330,000円〜(35)
中古:
301,060円〜(9)

とにかくコンパクトな70-200


Canon EOS R5 / RF70-200mm F2.8L IS USM

Canon EOS R5 / RF70-200mm F2.8L IS USM

一眼レフ時代の大三元は、価格もサイズもビックなものでした。EF70-200mm F2.8 L IS III USMの約1.5kgという重量は、カメラの大きさも合わせると使いこなすにはそれなりの筋力とテクニックを要します。

三脚座がデフォルトで装着されてることからもわかりますが、筋力のない人なら三脚や一脚で支持したくなる重さです。焦点距離的には望遠と言えども、三脚や一脚を使うほどの長さではないので、それらを使うことは躊躇しますが、思わず補助が欲しくもなります。

それが、ショートフランジバックのRFマウントになることで一新しました。

RF70-200mm F2.8L IS USMはEF70-200mm F2.8 L IS III USMと比較すると全長は25%、重量は30%もコンパクトになっています。一応、三脚座は付属していますが、フルミラはカメラボディもコンパクトなので全く不要に感じられます。

ズームリング、ピントリングに加えてコントロールリングもあり、レンズ径自体は太いままということで、三脚座を握り込んだ方が安定しやすいという人もいるかも知れませんが、三脚や一脚での支持は不要な重さです。

RF70-200mm F2.8L IS USMはRFマウント初の「白レンズ」、望遠ズームLレンズなのですが、コントロールリングは白になっています。

レンズのリング操作でカメラ設定を変更できるコントロールリングは非常に操作性が高く人気ですが、白レンズではボディと同じく白になっているので目立たなくなっています。サードパーティー製レンズではコントロールリングはあまり採用されていないので、RFマウントでは純正レンズに慣れてしまうと、サードパーティー製は使いにくさを感じそうです。

コントロールリング以外にも、レンズフードもRFでは白になっています。Canon開発者の言葉では、熱害を減らすためにレンズフードも白にしたとのことです。

白レンズは価格もサイズもビックなレンズですが、RFの白レンズは価格はビックですがサイズはコンパクトなものが標準となるかもしれません。


コンパクトさの犠牲になっていない画質


コンパクトになった20-200F2.8ですが、その分、画質が犠牲になっていたのでは魅力もコンパクトになってしまいます。

もちろん、Lの名を冠するレンズにおいて画質の妥協はありません。RF70-200mm F2.8L IS USMは鏡筒が延びる繰り出し式のズームにすることでサイズダウンしてもEF70-200mm F2.8 L IS III USMと同等以上の画質を実現しています。

実際には全ての焦点域でEFレンズよりも解像力はアップしていますが、体感できるほどの大きな差はありません。一眼レフの70-200と同じ様な画質を、よりコンパクトなカメラセッティングで実現したレンズとなります。

ただし、繰り出し式としたことによる犠牲はあります。

このレンズはEF70-200mmとは違い既存のテレコンが使えません。70-200mmにテレコンを噛ませて超望遠ズーム代わりにするといった使い方は現状ではできないので注意が必要です。

また、繰り出し式の場合、Lレンズの特徴である防塵防滴性に悪影響がある心配もあります。可動部からホコリや水の侵入を許すのではと考えられます。

しかし、Canonには水やホコリを可動部でシャットアウトするシーリング技術があるのでこの点については一応、心配は不要ということです。

RF28-70mm F2 L USMの登場でもわかるとおり、Lレンズでは繰り出し式が多く使われるようになることが予想され、繰り出し式でも信頼性の確保は技術的に十分に担保されていると考えられます。


望遠レンズならではの大きなボケを楽しみたい


RF70-200mm F2.8L IS USMはF4まで絞ると解像力がピークとなります。玉ボケも開放では口径食が見られるので、ある程度絞ったほうが描画についてはベストです。

初期ファームでは前ピン気味とされたAFですが、最新ファームでは改善されていて、EFよりも素早いAFを堪能することができます。

また、最短撮影距離もEFの1.2mから70cmまで短縮されたことで、テーブルフォトでも使いやすくなりました。手持ちで、被写体との距離をある程度取りながら、画角を変えて撮影できる望遠ズームはポートレートでも活躍します。

単焦点レンズでじっくり撮影するポートレートも良いですが、RF70-200mmで連続的にリズミカルに撮影するポートレートも自然な表情が捉えやすくなります。

単焦点の様な大きなボケを楽しめるのがF2.8望遠ズームの楽しみです。


作例紹介


Canon EOS R / RF70-200mm F2.8L IS USM

撮影倍率は高くないものの、けっこう寄りで撮影することができます

Canon EOS R5 / RF70-200mm F2.8L IS USM

大型の動物なら、200mmあればかなり引き寄せて撮影できます

Canon EOS R / RF70-200mm F2.8L IS USM

前ボケ、後ボケともに柔らかく、さすがLレンズの描画力です

Canon EOS R5 / RF70-200mm F2.8L IS USM

ボディと併せて5段分の手ブレ補正があるのでちょっとした物撮りも手持ちで可能です

Canon EOS R / RF70-200mm F2.8L IS USM

自然な表情のポートレートが撮れるのが望遠ズームの利点です


ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー

  • 単焦点を持ち運ぶことに比べれば、これ1本で済むというのは最強
  • EF時代に比べて、AFはかなり静かになった
  • プロ顔負けの写真が簡単に撮れるのである意味初心者向け
  • 普通のカメラバッグに収まる長さ
  • 手ブレ補正が強力で撮影は本当に簡単

コンパクトな望遠ズームはアマチュアの強力な武器となり、プロに迫る撮影ができます。

■ ネガティブレビュー

  • テレコンがつかないので、がっかり
  • 性能を考えると仕方ないかもしれないが、価格が高すぎる
  • 繰り出しズームはちょっと安いっぽいし、信頼性に不安
  • 三脚座がアルカスイス互換ではないのが残念
  • 購入時ではピンズレがあった

初期ロットはピンズレや鏡筒のガタツキがみられたりしたようですが、最新ロットではこれは改善されています。


まとめ


レンズマウントが変わると、今まで定番だったレンズが定番ではなくなります。定番の大三元望遠ズームEF70-200mm F2.8はRF70-200mm F2.8L IS USMとなりました。

あらたな定番レンズは画質はそのままに、よりコンパクトになりました。ズームレンズの特徴ともいえる機動性は抜群に向上し、コンパクトなフルミラに装着することでどこでも持ち運べる撮影セットが出来上がります。
基本仕様
対応マウントCanon RFマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成13群17枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

最短撮影距離70.0cm
最大撮影倍率0.23倍
開放F値F2.8〜32.0
画角34~12 度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ89.9x146mm
重量1,070g
フィルター径77mm
発売日
発売日2019年11月21日