HOMEズームレンズCanon RF100-400mm F5.6-8 IS USM
Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM

Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM

綺麗に撮れるということも大切ですが、そもそも「撮れない」ということは大問題です。Canon EOS Rシリーズにおいて、「遠くのものが撮れない」を比較的手頃に解決してくれるレンズがRF100-400mm F5.6-8 IS USMです。RF100-400mm F5.6-8 IS USMはどんなものがどのように撮れるのでしょう。

ズームレンズ / Canon / 望遠
新品:
98,900円〜(5)
中古:
92,800円〜(8)

フルサイズには400mm

Canon EOS R6 / RF100-400mm F5.6-8 IS USM
出典:instagram(@masahiro_t__)
Canon EOS R6 / RF100-400mm F5.6-8 IS USM
出典:instagram(@masahiro_t__)
Canon EOS R6 / RF100-400mm F5.6-8 IS USM
出典:instagram(@masahiro_t__)
Canon EOS R6 / RF100-400mm F5.6-8 IS USM
出典:instagram(@masahiro_t__)

フルサイズ一眼はAPS-C一眼に比べると、同じ焦点距離のレンズでも画角が広く、同じ画素数の場合、遠くの被写体はトリミングしても大きく拡大することが難しくなります。

そのため、APS-Cではキットレンズの55-250mmなどのレンズで撮影できていた遠くの被写体が、フルサイズの70-200mmなどでは十分な大きさで撮影できないということが発生します。

そこでフルサイズ一眼で求められるのが望遠端が400mmの超望遠ズームレンズです。APS-Cの250mmという画角は、フルサイズでは約400mmの画角となります。CanonがRFマウントでフルサイズミラーレス用に発売したRF100-400mm F5.6-8 IS USMは、こういったニーズに応えるレンズとなっています。

以前は、フルサイズ用の望遠端400mmのズームレンズというと、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USMといった20万円を超える高級レンズが必要とされました。そのため、望遠撮影はEOS 7DなどのAPS-C一眼で行うという人も少なくありませんでした。

しかし、SIGMAが2017年に100-400mm F5-6.3 DG OS HSMという10万円以下で買える超望遠ズームを発売したことで、400mmという画角が一気に身近なものとなりました。SIGMAは2020年にSONYフルミラ用の100-400mm F5-6.3 DG DN OSを発売し人気となっています。

SONYはEマウントの情報を公開しているのでSIGMAのような社外レンズメーカーも開発が比較的容易になっています。一方でCanonはRFマウントの情報を公開していないので、なかなかサードパーティ製の手の出しやすいレンズは発売されません。

純正のRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMは30万円を超える高級レンズで、メインで使うならともかく、「ちょっと」使うには手の出しにくいレンズです。RF100-400mm F5.6-8 IS USMは、10万円前後で購入が可能で、100-400mm F5-6.3 DG DN OSと同じ様な予算で入手可能です。

Lレンズではないので、防塵防滴性はなく、開放F値も可変で望遠端はF8と、決して明るいと言えないレンズですが、それによって手を出しやすい価格帯のレンズとなりました。
製品

Canon RF100-500mm F4.5-7.1L IS USM

Canon RF100-400mm F5.6-8 IS USM

価格新品:381,980円〜
中古:352,880円〜
新品:98,900円〜
中古:92,800円〜
焦点距離100-500mm100-400mm
F値F4.5〜51.0F5.6〜32.0
最短撮影距離90.0cm88.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正
防塵-
防滴-
重量1,370g635g
発売年月2020年08月2021年10月
 

小絞りボケには注意


RF100-400mm F5.6-8 IS USMは超望遠ズームとしては比較的手頃な価格であるということの代償として、開放F値が大きめの、暗いレンズとなっています。しかし、超望遠撮影ではさほどボケ量は重要視されないので400mm F8の撮影でも不自由を感じることはほとんどありません。

ただし、テレコン、Canonで言うところのエクステンダーを使う場合は注意が必要になってきます。RF100-400mm F5.6-8 IS USMはRF1.4x、RF2xというエクステンダーを使うこともできますが、その場合開放F値も1.4倍、2倍になります。RF2xを使うと望遠端が800mm F16になります。
ここで注意点ですが、F値が大きくなると、光の回折現象による小絞りボケが発生しやすくなります。光は波の性質があるので、小さな隙間を通過するときは隙間の裏側に広がる性質があり、これによって解像力が落ちてしまうのが小絞りボケです。

F16ではさほど大きな影響はありませんが、それ以上では細部に影響が出始めるので、超望遠で高い解像感を求める場合、RF100-400mm F5.6-8 IS USMが適しているとはいえません。

しかし、F45程度でも解像度の低下はあるものの撮影は十分に可能で、超望遠で「撮ることができる」ということを目的とするなら十分な性能のレンズです。
 

運動会には使えるか


RF100-400mm F5.6-8 IS USMはレンズ単体で5.5段、ボディと協調させる約6段という高い手ブレ補正性能が魅力のレンズです。RF100-400mm F5.6-8は約635gという重量で、超望遠ズームでも十分手持ち撮影が可能です。

それでも、ボディと合わせて約1.2kgという重量は日頃から望遠撮影に慣れていないとホールドが難しい重量でもありますが、約6段の手ブレ補正サポートがあれば、はじめてのフルミラ望遠撮影という人でも手ブレの心配はほぼないでしょう。

このレンズが活躍しそうなシーンといえば、真っ先に思い浮かぶのが運動会です。本格的な野鳥撮影などであれば、より高性能なRF100-500mm F4.5-7.1 L IS USMなどが必要となりますが、運動会撮影などのように年に1回の出番であればRF100-400mm F5.6-8 IS USMのような手頃なレンズが活躍します。

フルサイズで運動会撮影をする場合、70-200mmでは寄りきれない場面が多いのですが、RF100-400mmならばグラウンドの端からでも十分に撮影できます。

懸念されるポイントとはAFがあげられるかもしれません。採用されているAFモーターはナノUSMを採用し、十分なAF速度がありますが、フォーカスリミッターがないので、フォーカス位置によっては合焦に時間がかかることもあります。

そういったAFのクセは事前に理解し、練習してから本番に望むといったことは必要でしょう。
 

作例紹介

Canon EOS R5 / RF 100–400mm F5.6–8 IS USM
出典:flickr(@Henry Söderlund)
Canon EOS R5 / RF 100–400mm F5.6–8 IS USM
出典:flickr(@Henry Söderlund)
Canon EOS R5 / RF 100–400mm F5.6–8 IS USM
出典:flickr(@Henry Söderlund)
 

ユーザーレビュー

 
■ ポジティブレビュー
  • ボディもあわせると望遠撮影機材では今までにない軽さ
  • 暗いレンズとは思えないほど玉ボケも綺麗
  • 非Lでもコントロールリングが独立していて使いやすい
  • 接写性能も高いので使用頻度はかなり高い
  • AF速度は流石USMといった感じで満足
EF Lレンズをアダプターで使うよりも、このレンズの方が評価が高い傾向にあるようです。


■ ネガティブレビュー
  • 無限遠近くにAFをあわせるときは迷いやすい
  • Lレンズに比べると若干色乗りが悪いかなという画質
  • 重心がちょっと手前すぎかなといったバランス
  • どうしてもISOが高めとなるのでノイズには注意
  • コントロールリングは位置的に撮影中は触りにくい
F5.6-8という暗さに注意は必要なものの、画質ではネガティブなレビューは少なく、フルミラの解像力に対応した性能がありそうです。
 

まとめ


フルミラの普及で、最近では初めての一眼カメラがフルミラという人も増えてきていますが、RF100-400mm F5.6-8 IS USMはそんな人でも手軽に望遠撮影が楽しめるレンズとなっています。

非Lレンズということで価格も抑えられていて、大きさもコンパクトなので扱い安い超望遠ズームです。

望遠撮影はたまにしかしないという人でも、防湿庫にこの1本を入れておけば様々な撮影シーンで「撮れない」を解決してくれる1本となりそうです。
基本仕様
対応マウントCanon RFマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成9群12枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

100-400mm

最短撮影距離88.0cm
最大撮影倍率0.41倍
開放F値F5.6〜32.0
画角24~6.1度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ79.5x164.7mm
重量635g
フィルター径67mm
発売日
発売日2021年10月28日