HOME単焦点レンズCanon RF800mm F11 IS STM
Canon RF800mm F11 IS STM

Canon RF800mm F11 IS STM

800mmの望遠レンズ、持ってますか?「はい」と答えた方はプロの方でしょうか?もしくはかなりヘビーな超望遠ユーザー?いや、もしかしたら、このレンズを持っている人かもしれません。Canon RF800mm F11 IS STM。今まで、アマチュアにはぼぼ無縁の焦点距離だった800mmの世界が、ぐっと身近なものになるレンズがRF800mm F11 IS STMです。

単焦点レンズ / Canon / 望遠
新品:
139,000円〜(10)
中古:
106,500円〜(15)

希少な800mmの選択肢

Canon EOS R6 / RF800mm F11 IS STM
出典:instagram(@rskaok_fe_etc)
Canon EOS R6 / RF800mm F11 IS STM
出典:instagram(@rskaok_fe_etc)
Canon EOS R6 / RF800mm F11 IS STM
出典:instagram(@rskaok_fe_etc)

撮れる撮れないは大違い。

広角、望遠撮影においては、その焦点距離のレンズを持っていないと撮れない画があります。20mmのレンズでは14mmの画角を再現することは不可能です。同様に800mmだから捉えることができた遠くの被写体を600mmで同じ様に捉えることはできません。

広角は少しでも短い焦点距離、望遠は少しでも長い焦点距離というのはレンズ選びの基本です。

超望遠レンズについては、今まで、600mmというのがアマチュアでも手の出しやすい価格のレンズとしては最長でした。800mmのレンズもありますが、「ハチゴロー」として有名な800mmF5.6は100万円を優に超える価格で、ともて手軽に手にすることはできません。800mmの超望遠で撮影出来る世界は文字通り遠い存在でした。

しかし、そんな800mmを身近なものにしてくれるレンズがRF800mm F11 IS STMです。今まで10万円台で手に入れられる超望遠レンズは社外の150-600mmが最長でしたが、RF800mm F11 IS STMは純正レンズでありながら10万円台で手にすることが出来る、今までにないレンズです。

もちろん、ハチゴローに比べれば開放F11の暗さでは撮れる画質に差はありますが、それでも10倍の価格の600mmF4では撮れない画をRF800mm F11 IS STMなら撮れるということもあります。
 

800mmなのに圧倒的低価格の秘訣


ほとんどの800mmレンズは100万円を超える価格で、3kgという超重量レンズです。大きさも、バズーカと称されることからも分かる通り、持ち運び時はレンズを肩に担いで運ぶ必要があるサイズ感です。

しかし、RF800mm F11 IS STMは重量約1260g。沈胴構造を採用したことで、収納時は全長約30cmとなるので、普通のカメラバッグに収納することが可能です。

そして価格は10万円台と、まさに手頃なレンズです。この手頃さは沈胴構造を採用したということに加え、絞りをF11という少し暗めにし、なおかつ絞り羽を持たない絞り固定にしたこともその理由にあげられます。

これによって、光学系も非常にシンプルに設計することが可能で、DOレンズの採用も相まって8群11枚というシンプルな構造で800mmを実現しています。新しく発売されたRF800mm F5.6 L IS USMが18群26枚という構成であることからも分かる通り、このレンズがいかにシンプルであるかということがわかります。

鏡筒も樹脂が採用され、防塵防滴もない構造、三脚座もなく鏡筒に直接三脚ネジ穴が切ってあるシンプルな作りで、レンズフードも別売りとしたことでこの価格が実現されています。
 

600mmか800mmか


800mmの焦点距離って必要でしょうか?Canonからは同タイミングでRF600mm F11 IS STMというレンズも発売されました。

RF600mm F11 IS STMは10万円を切る価格で手に入れることができる上、RF800mm F11よりも約300gも軽くコンパクトなので、800mmが不要ならRF600mm F11で超望遠レンズは満足できそうです。

子供の運動会程度であれば、600mmは十分な焦点距離です。学校のグラウンドサイズであれば、600mmで十分寄ることができます。また、野鳥などの小さな被写体でも、公園などで人に慣れている鳥ならば600mmで十分な距離まで近づくことができます。

しかし、野山での警戒心の強い野生動物撮影や、広いサーキットでの撮影、航空機でもジェット機よりも小さな戦闘機などの飛行機撮影では800mmが欲しくなります。

ただ、800mmだけだと、被写体が近いときは撮影が難しくなってしまうので、理想としては100-400mmや150-600mmと組み合わせてカバーできる画角を増やすという方法が良いでしょう。

また、RF800mm F11 IS STMはRF600mm F11 IS STMと比較すると、画質面でそこまで描写力が高くないという弱点もあります。

そういった面から、積極的にいろんな距離を800mmで撮るというよりも、800mm必要なときだけ使うという、サブレンズ的な使い方を想定してRF800mm F11 IS STMを選ぶと良さそうです。
製品

Canon RF800mm F11 IS STM

Canon RF600mm F11 IS STM

価格新品:139,000円〜
中古:106,500円〜
新品:95,000円〜
中古:71,800円〜
焦点距離800600mm
F値F11.0F11.0
最短撮影距離600.0cm450.0cm
絞り羽根枚数
手ブレ補正
防塵--
防滴--
重量1,260g930g
発売年月2020年07月2020年07月
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • F11固定は使ってみるとそんなに気にならない
  • 日中ならISO800で1/2000で撮影できる
  • スナップ撮影でも持ち運べるサイズ感
  • 強い圧縮効果を期待するな最適のレンズ
  • 爆速AFとはいかないが、飛ぶ鳥くらいなら十分追える
もちろん高級レンズには及ばないものの、800mmの撮影が出来るという意味ではコスパは十分といった印象です。


■ ネガティブレビュー
  • EF100-400にエクステンダー2xを付けたほうが画質は良い
  • 暗いときはAFが超低速になる
  • サイズ的には手持ち撮影できるが、手ぶれ補正が少し弱い
  • 最短撮影距離が6mなので、手前の被写体にはピントが合わない
  • 測距範囲は1/3になってしまうくらいの印象
やはりこのレンズ特有の使い方が求められるレンズで、気にせずなんでもいつでも撮れるというレンズではなさそうです。
 

まとめ


手頃の価格の超望遠といえば、社外レンズの得意分野といったイメージもありますが、CanonはRF800mm F11 IS STMでそのイメージを覆してきました。

今まで、なかなか選択肢のなかった800mmレンズでしたが、このレンズの登場で、800mmの超望遠撮影はかなり身近な存在になったといえます。

さらに本レンズはエクステンダー(テレコン)対応なので最大1600mm F22という天体望遠鏡レベルの撮影まで可能となります。

今まで撮れなかった画を撮るために、まずはここから超望遠をスタートさせるというのもありでしょう。
基本仕様
対応マウントCanon RFマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成8群11枚
絞り羽根枚数
焦点距離

800

最短撮影距離600.0cm
最大撮影倍率0.14倍
開放F値F11.0
画角3.05度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ101.6x351.8mm
重量1,260g
フィルター径95mm
発売日
発売日2020年07月30日