HOMEズームレンズPanasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

Panasonicのフルサイズ規格「Sシリーズ」において、中核をなすレンズといって過言ではないLUMIX S PRO 24-70mm F2.8を紹介します。マウントの顔にもなる標準ズームレンズのフラッグシップに対して新興ブランドがどういった特性を盛り込んでいるのか、解説していきます。

ズームレンズ / Panasonic / 標準
新品:
272,250円〜(6)
中古:
203,800円〜(7)

ライカ基準の卓越した描写力を有した特別な標準ズームレンズ

Panasonic LUMIX DC-S5 / LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
出典:instagram(@relation_hachi)
Panasonic LUMIX DC-S5 / LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
出典:instagram(@relation_hachi)
Panasonic LUMIX DC-S5 / LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
出典:instagram(@relation_hachi)
Panasonic LUMIX DC-S5 / LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
出典:instagram(@relation_hachi)
Panasonic LUMIX DC-S5 / LUMIX S PRO 24-70mm F2.8
出典:instagram(@relation_hachi)

各社総じてF2.8通しの標準ズームレンズはハイスペック揃い。焦点距離からして使用頻度が極めて高いことに加えて、その描写力や操作性、AFの挙動などがそのマウントにおける基準となりえるからです。

LUMIX S PRO 24-70mm F2.8はとにかく描写性能に重きを置いた仕様となっています。「S PRO」という称号がまさにそれを体現していて、マイクロフォーサーズ規格のGレンズでいうLeicaレンズとほぼ同様の、Leicaの評価基準もクリアした独自の厳しい基準に則って作られたレンズにのみ付けられるものです。

同じ標準ズームレンズのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.Sでは可能となっていたハーフマクロ撮影やレンズ内手振れ補正などはLUMIX S PRO 24-70mm F2.8には搭載されていません。そういった描写力に影響が出そうなものは避け、逆にプラスに働きそうな贅沢なレンズ構成やそれに伴うサイズアップは許容。フィルター径82mm、重さ935gといういささか大柄なボリュームのレンズに仕上がっています。

幸い、Sシリーズはボディが比較的大きめなので組み合わせた時にフロントヘビーを感じることはほとんどなくバランスがいいです。ハーフマクロ機能は焦点距離的にも欲しいところですが、それでも最短37cmなので標準ズームレンズとしては比較的寄れる方。ボディ内手振れ補正が効力なので、レンズ内手振れ補正が非搭載でも許容できるはずです。

肝心な描写力というと、絞りを開ければボケ味が美しく、絞ると解像感がグングン上がる高画質を実現。マイクロフォーサーズマウントのころから評判がとても良かったLeica銘レンズで培ったスペックを、フルサイズ規格の基準へと余すことなく落とし込んだといった雰囲気を感じ取れることでしょう。
製品

Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

価格新品:272,250円〜
中古:203,800円〜
新品:200,361円〜
中古:90,000円〜
焦点距離24-70mm24-105mm
F値F2.8〜22.0F4.0〜22.0
最短撮影距離37.0cm30.0cm
絞り羽根枚数11枚9枚
手ブレ補正-
防塵
防滴
重量935g680g
発売年月2019年09月2019年03月
  

プロユースを視野にいれた質実剛健な仕様


当然ながらプロカメラマンがメインターゲットとなるレンズなので、それ相応の仕様が盛り込まれています。防塵・防滴、耐低温性能は搭載されていることはもちろんとして、まずAFの制御にダブルフォーカスを採用しています。通常は一つで行うところを、超音波とリニアの二つに分けることで、軽量化とAFの高速化と高精度化を実現しています。

Panasonicレンズではお馴染みといえる即座にAF⇔MFが切り替えられるクラッチ機構を採用。近距離でF値を下げた被写界深度の浅い撮影を行う際に便利ですし、レンズ脇の小さなスイッチで切り替えるよりも予備動作が少ないところにも好感が持てます。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • ズームによる繰り出しが少ないのでバランスが良い
  • 解像度が高いのにしっとりもしている特別な描写性
  • ズームとは思えないくらいボケ味がきれい
  • レンズ内手振れ補正は気にならない
  • AFが早くて正確
S PROの称号にふさわしい描写力。絶賛の声が多いです。恒例のAFへの不満もほとんど見かけないので、ダブルフォーカスがかなり効果的なのかもしれません。


■ ネガティブレビュー
  • 複数レンズを持つの憚られるくらい大きく重たい
とにかく重いに尽きる。でも描写力が良いので、と許容している人がほとんど。レンズ内手振れ補正がないのにブレづらいのは重さが関係している?という意見も。
 

まとめ


マウントの顔となる大三元レンズの1本として非常に力が入っているLUMIX S PRO 24-70mm F2.8。大きくて重いことは確かですが、それを見越してもお釣りが来るくらいの描写力と表現力を備えています。このレンズを目当てにLマウントを採用するといっても不思議には思わないくらいの銘レンズだと豪語しておきます。
基本仕様
対応マウントLEICA Lマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成16群18枚
絞り羽根枚数11枚
焦点距離

24-70mm

最短撮影距離37.0cm
最大撮影倍率0.25倍
開放F値F2.8〜22.0
画角84~34度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ90.9x140mm
重量935g
フィルター径82mm
発売日
発売日2019年09月25日