HOMEズームレンズPanasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

Panasonicのフルサイズ規格「Sシリーズ」のキットレンズとして発売されたLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.を紹介しましょう。キットレンズと侮るなかれ、全域F4通しの“小三元レンズ”としての役割を果たしたマルチワークな性能を持ち合わせたレンズなんです。じっくり解説していきましょう。

ズームレンズ / Panasonic / 標準
新品:
200,361円〜(21)
中古:
90,000円〜(4)

新マウント最初のレンズにふさわしいユーティリティーズームレンズ

Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
出典:instagram(@hitoshi_0102)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
出典:instagram(@hitoshi_0102)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
出典:instagram(@hitoshi_0102)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.
出典:instagram(@hitoshi_0102)

2019年、新たなフルサイズ規格のSシリーズの正式発表とともに打ち出されたレンズの一つがLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.。

同時に、同じ小三元レンズであるLUMIX S Pro 70-200mm F4 OISと、標準単焦点といってもいきなりF1.4と明るめのLUMIX S Pro 50mm F1.4を展開しているところからも、SシリーズにおけるPanasonicの本気具合が伺えます。

LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.のような焦点距離に幅のあるF4通しのズームレンズは、一般的に撮影可能な最短距離が短いことでお馴染みですが、MACROと付いているだけあって多少近づけるというわけではありません。最短30cm、最大撮影倍率0.5倍というハーフマクロ域の撮影が可能です。

加えてレンズ内手振れ補正が搭載されています。Sシリーズのボディ内手振れ補正との組み合わせで最大7.5段という補正効果を発揮。せっかくのハーフマクロ撮影を気軽に手持ちで行いやすく、また少し長めの望遠域での撮影においても強力な補助となってくれることでしょう。

描写性能は言わずもがな。さらに上位となる「S PRO」のレンズではないものの、非球面のEDレンズなどが組み込まれた贅沢設計でLUMIXらしい洗練した絵作りが期待できます。
 

サブレンズとして最適な仕様


凝った撮影や描写性能を求めた場合にはやはりF2.8通しの大三元レンズにお鉢が回ってきてしまいます。実際、LUMIX S PRO 24-70mm F2.8の描写性能は一線を画しており、こだわり派にはぜひオススメしたいところです。

だからといって、LUMIX S PRO 24-70mm F2.8導入後にLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.が必要なくなるかと言ったらそうではなく、撮影の守備範囲の広さやレンズ内手振れ補正は充分魅力的(LUMIX S PRO 24-70mm F2.8は手振れ補正非搭載)。サブレンズとしてぜひ活かしたいですし、活かすのに最適なボリュームになっているのも嬉しい仕様です。

LUMIX S PRO 24-70mm F2.8と比べてひと回り小さく、フィルター径は82mmに対して77mmと多少経済的。重さは270gも軽い約680gとなっており、予備レンズとして忍ばせたり、長時間の外ロケなどにも重宝します。

LUMIX S PRO 24-70mm F2.8と同様に防塵防滴性能もちゃんと設けられているので、並行使用におけるギャップがないのもサブレンズに適した要素といえます。
製品

Panasonic LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.

Panasonic LUMIX S PRO 24-70mm F2.8

価格新品:200,361円〜
中古:90,000円〜
新品:272,250円〜
中古:203,800円〜
焦点距離24-105mm24-70mm
F値F4.0〜22.0F2.8〜22.0
最短撮影距離30.0cm37.0cm
絞り羽根枚数9枚11枚
手ブレ補正-
防塵
防滴
重量680g935g
発売年月2019年03月2019年09月
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • キットレンズとは思えないくらい質感がいい
  • 決して小さく軽くないが、汎用性の高さからは許容範囲
  • 寄れることがなによりも便利
  • よくボケる
このタイプのレンズならではの使い勝手の良さに加えて、全域最短30cm撮影という近接撮影性能の高さを称賛する人が多数。


■ ネガティブレビュー
  • 重い
本体が大きく重い分、レンズへのヘイトはあまりない様子。ただ、LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6という少し変わった軽い標準域ズームレンズの登場で、厳し目に評価している人もいるようです。
 

まとめ


105mmまでカバーした焦点距離、手振れ補正、防塵防滴、写りの良さなど必要にして充分すぎるくらいの性能を有した優等生レンズのLUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.。標準域のズームレンズのラインナップが充実して、価格も若干お求めやすくなっています。

LUMIX S 24-105mm F4 MACRO O.I.S.とともにSシリーズ導入を検討してみませんか。
基本仕様
対応マウントLEICA Lマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成13群16枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

24-105mm

最短撮影距離30.0cm
最大撮影倍率0.5倍
開放F値F4.0〜22.0
画角84~23度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ84x118mm
重量680g
フィルター径77mm
発売日
発売日2019年03月23日