HOMEミラーレス一眼SONY α6100 ILCE-6100
SONY α6100 ILCE-6100

SONY α6100 ILCE-6100

フルサイズミラーレスでデジタル一眼の絶対王者Canonのシェアを大きく切り崩しているSONY。次なるターゲットはCanonが家族向けデジタル一眼、EOS Kissの家族向けデジタル一眼シェアです。α6100はEOS Kissの牙城を崩すことができるのでしょうか。

ミラーレス一眼 / SONY / エントリー
新品:
77,880円〜(443)
中古:
69,800円〜(19)

α6100はEOS Kissキラーとなるのか


現在、フルサイズミラーレス市場はSONYが圧倒しています。それでもデジタル一眼市場全体で見ると、まだまだCanonがトップシェアを維持しています。その理由がエントリーモデルでのシェアです。

CanonはEOS Kissという家族向けの超有名デジタル一眼シリーズがあり、EOS Kissシリーズの販売台数がそのままCanonと他社の差となっていると言っても過言ではありません。

そんなEOS KissのライバルとなるSONYのミラーレスがα6100です。α6100は2014年に発売されたα6000の後継機として2019年10月に発売されました。α6000は2014年というミラーレス黎明期に発売されたカメラで、斬新なフォルムとミラーレスの魅力はありましたが、完成されたEOS Kiss一眼レフには敵いませんでした。

EOS Kissシリーズはデジタル一眼としてスマホとは比較にならない素早いAFと画質性能でありながら、専門的なカメラの知識がなくても使いこなせる扱いやすさが魅力です。

一方で、α6100はEOS Kissシリーズとは違い、家族撮影向け専用機としてはデザインされていません。どちらかというと、α6400などの上位機種よりも手頃な価格で手に入れやすくした入門機として設計されています。

そのため、直感的な扱いやすさなどはEOS Kissシリーズにメリットがありますが、上位機種譲りの高機能がα6100の特徴となります。

基本的なカメラ性能では上位モデルとなるα6400とα6100はほとんど差はありません。瞳AFなどのソフトウェアで対応できる機能はほぼ差がなく、α6100でも被写体の瞳にピントをあわせ続けるリアルタイム瞳AFが可能です。

ハード面での差としては電子ビューファインダーの解像度とボディ剛性が明確な差となっています。ボディ剛性についてはα6400が防塵防滴に配慮した設計となっていることに対して、α6100は防塵防滴の配慮はないので、水濡れなどには気をつける必要があります。また、電子ビューファインダーはα6400よりもドット数が少ないのでファインダー撮影を重視するなら気になる点かもしれません。

しかし、前述の通り解像度やAFなどの基本性能では大きな差はなく、文字通り上位機種譲りの撮影機能で歩留まり良く撮影することができます。満足のいく写真を撮影できる確率を「歩留まり」とよく言いますが、この歩留まりの良さというのはEOS Kissシリーズとの大きな差といえます。

EOS Kissシリーズのミラーレス、EOS Kiss Mと比較すると、α6100はよりAFスピードが速く、瞳AFの精度や追従性が高いので、よりピントを外さず撮影できます。

デジタル一眼を長年作ってきた技術を活かし初心者でも簡単に撮影出来る用に設計されたCanon EOS Kiss Mと、ミラーレス一眼の第一人者としてミラーレスのデメリットを抑え、メリットを活かすことで初心者をサポートしてくれるSONY α6100の違いが全体の設計の違いとなっています。

簡単操作という面ではEOS Kissですが、歩留まりの良さにこだわるならα6100と言えます。

SONY α6100 / E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
コンパクトミラーレスでも画質はスマホを遥かに凌駕する素晴らしい一眼画質です

SONY α6100 / E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
リアルタイムトラッキングがごちゃついた背景でも被写体を判別してピントをあわせ続けてくれます

SONY α6100 / E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
ピント合わせが難しいマクロ撮影でもファストハイブリッドAFが素早く、高い精度でピントをあわせてくれます

SONY α6100 / E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
サポート機能が充実しているので、明暗差があってもカメラが自動的に階調をキープしてくれます

SONY α6100 / E 16-55mm F2.8 G
逆光時にはDレンジオプティマイザーが自動補正で黒つぶれを抑えます

SONY α6100 / E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS
E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSは広角端が16mmなのでダイナミックな画角でも撮影できます


SONYは機能が満載


初心者でも扱いやすいカメラとしてはまだまだEOS Kissシリーズに分があると言えますが、多機能さでいえばSONY α6100です。高度なAF機能はもちろんですが、それ以外にもα6100には「スイングパノラマ」と「全画素超解像ズーム」という注目機能があります。

スイングパノラマはカメラを動かしながら撮影することで横長のパノラマ撮影ができる機能で、スマホカメラにもそういった撮影が可能な機種やアプリがありますよね。

全画素超解像ズームは簡単に言うと、劣化が少なくデジタルズームが出来る機能です。通常、デジタルズームをすると、画像は劣化して解像感は大きく失われてしまいますが、全画素超解像ズームは全ての画素を解析して劣化なくズームすることができます。

この2つの機能で新しいレンズを買わなくてもワイドに撮影したり望遠撮影したりすることができるため、手持ちのレンズが少なくても、撮影の幅を広げてくれます

カメラ初心者は標準レンズの画角、ズームが足りないことなどに不満を覚えることも少なくありませんが、この機能があればそういった不満点を新しいレンズを買うことなく補完できます。


動画のSONY


もし写真撮影だけでなく、動画の撮影も楽しみたいと考えているのであればEOS Kiss Mではなく、α6100が絶対オススメとなります。

大きな理由としては、30分の記録制限です。2019年以前に発売されたデジタル一眼にはEU圏の関税の問題で、ビデオカメラと区別するために動画が連続30分しか記録できません。

2019年2月にこの関税問題は解消されたので、SONYはα6400から30分制限を解除していて、当然α6100でも無制限に撮影できます。しかも、α6100はUSBで給電しながらの撮影も可能なので、バッテリー残量を気にすることなく連続長時間録画が可能です。

もちろんメモリーカードの容量やカメラの熱問題などで録画時間の制限はありますが、α6100はビデオカメラとほぼ同様の動画撮影ができます。また、進化したミラーレスのAF機能は動画撮影時にも大きな助けとなります。タッチトラッキングによって動画撮影時にも好きな位置にピント合わせが可能となっています。

つまり、動画の連続記録制限フリーやAF機能ではSONYがCanonをリードしている部分となっています。

動画撮影時にやや気になる背面液晶の可動域についてですが、Canonはバリアングル液晶の機種が多く、動画撮影がしやすいというイメージがあります。SONYもα7R IVではバリアングル液晶を採用しましたが、α6100ではチルト液晶です。

それでも、α6400やα6100のチルト液晶は、180度動かして自撮りまで可能となっているので以前のチルト液晶よりも扱いしやすい液晶となり、動画撮影でもCanonと比較してもスキのないカメラとなっています。


併せての購入がおすすめの「E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS」


SONYのAPS-C用レンズラインアップには「PZ」というアルファベットが記載されたレンズがあります。PZはパワーズームの略で、文字通り電動でズームすることができます。

動画撮影時にはとても便利な機能で、通常のマニュアルズームとは違い滑らかにズームしながらの撮影が可能です。もちろんズームリングを回しながらの撮影も可能で、写真撮影時はズームリングを手で回したほうが素早くズームすることができます。

そのパワーズームレンズの代表的なレンズがE PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSSでキットレンズとしてα6100とセットで購入できます。α6100は動画撮影機能も充実しているので、ぜひレンズキットで一緒に購入しておきたいレンズです。


ネット上のユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー

  • 画質はα6500からかなりの進歩を感じるレベル
  • AFは驚くほど速く、一瞬でピントが合ってくれる
  • サイレントシャッターが子供を撮るときに便利
  • EVFは視度調整の範囲が広く、メガネなしでも見ることができる
  • EVFをあまり使わないならα6400よりもお得感がある

AF速度の速さに好レビューが集まっています。古いミラーレスとは歴然の速度差があります。

■ ネガティブレビュー

  • エントリーモデルとしてはちょっと高い
  • 小さすぎてホールド感は悪いので、ストラップ等の落下防止策は必須
  • 背面液晶は高画質なのに電子ファインダーはかなり荒い画質
  • 説明書はオンラインで、付属のクイックガイドは薄く、初心者には不親切
  • チルト液晶は動きが固く、細いジョイント部に不安を感じる

EVFはやはりα6400よりも荒いので、そこにネガティブな印象をもつ人も多く、購入時は実物を見て判断したほうが良さそうです。


まとめ


エントリーデジタル一眼ではCanonが圧倒的なシェアを持っていますが、α6100は先鋒隊としてそのシェアを切り崩すカメラとして発売されました。

家族向けカメラとしてはやはりCanonのEOS Kissなどが簡単操作で撮影が出来るという魅力がありますが、α6100にはSONY自慢の瞳AFなど高速・高精度・高追随AFをはじめ、様々な機能が備わっており撮影を補助してくれます。

EOS Kiss Mとα6100は発売時期が違うので価格にも差があり、一概に性能比較は出来ませんが、扱いやすさならEOS Kiss M、撮影補助機能を求めるならα6100といった選び方ができます。
レンズマウント
レンズマウントSONY Eマウント
撮像素子
センサーサイズAPS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
有効画素数2,420万画素
ダスト低減機能-
映像エンジンBIONZ X
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード
メモリースティックPRO Duo
メモリースティックPRO-HG Duo

スロット数

シングルスロット

記録画素数

Lサイズ: 6000 x 4000(24M)
Mサイズ: 4240×2832(12M)
Sサイズ: 3008x2000(6.0M)

画像ファイル

JPEG/RAW

動画
4K対応
記録サイズ

XAVC S 4K(3840 x 2160):30p
XAVC S(1920 x 1080):120p

記録形式

XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠

ライブビュー
フォーカスファストハイブリッドAF(位相差検出方式/コントラスト検出方式)
シャッター
シャッター速度1/4000~30秒
連続撮影速度最高約11.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数1200分割ライブビュー分析測光
ISO感度100〜32,000
AF
測距点最大425点
ファインダー
視野率100%
倍率約1.07倍
ストロボ
内蔵ストロボ
液晶モニター
サイズ3インチ 92.16万ドット
可動式180度チルト可動式液晶
I/F
インターフェース

マイクロUSB、HDMIマイクロ

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC
Bluetooth
防塵・防滴
防塵・防滴-
手ブレ
手ブレ補正機構-
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

380枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

420枚

動画撮影可能時間

ファインダー使用時:約70分
液晶モニター使用時:約75分

USB充電
使用電池リチャージャブルバッテリーパック NP-FW50
サイズ・重量
サイズ約120.0(幅) x 66.9(高さ) x 59.4 (奥行き)mm
重量352g
発売日
発売日2019年10月25日