カメラ・レンズを高額買取!

大手より20%高い製品多数

すべて
定額買取
トップ カテゴリ ズームレンズ SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G
SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

SONY Eマウント
2017/07/07発売

明るい超広角レンズは、どうしても前玉が大きくなるので、径が太くなり、また諸収差を補正するためのレンズ構成が必要で、重くなりがちです。しかし、SONYが2017年7月に発売したFE 12-24mm F4 Gは、F4通しの明るさがありながら、それまでなかった大きさと重さのコンパクト軽量レンズ。軽量コンパクトが魅力の超広角ズームレンズはどの様な性能なのでしょう。

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:135,400円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約129,000円です。大手他社より約6,400円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

ミラーレスマウントだからこそ生み出せる超広角ズームレンズ

FE 12-24mm F4 Gの外観
FE 12-24mm F4 Gの外観
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G
SONY α7R III / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)

超広角ズームレンズは冒頭の様にどうしても大きく重くなります。実際、SIGMAの超広角ズームレンズ、12-24mm F4 DG HSM | Artは最大径が102mm、全長は131.5mmですが、重量1,150gとかなり重いレンズです。

一方、同じ焦点距離で同じ明るさのSONY純正レンズ、FE 12-24mm F4 Gは最大径87mm、全長1117.4mmと一回りコンパクトであり、重量は565gと約半分の軽さ。まさに驚異のコンパクトさといえるレンズになっています。

これは、もちろん発売時期の差もありますが、12-24mm F4 DG HSM | Artが一眼レフ用レンズであり、FE 12-24mm F4 Gがミラーレス用レンズであることが大きく関係しています。

ミラーレス一眼が一眼レフと違ってミラーがない分、マウント面とイメージセンサーの距離、フランジバックを短くできるということは、レンズ設計において光学的に様々なメリットをもたらします。

その中でも、最も恩恵が大きいとされるのが広角レンズにおいてです。後端により大径のレンズを配置することで、前玉の径を小さくできます。実際にFE 12-24mm F4 Gのレンズ構成をみてみると、後端に大きなレンズが複数枚配置されています。

それに加え、FE 12-24mm F4 Gは4枚の非球面レンズをはじめ、EDガラスやスーパーEDガラスといった特殊硝材を使い効率的に収差を抑えることで軽量化がなされています。

また、FE 12-24mm F4 Gはレンズ設計だけでなく、AF駆動もダイレクトドライブSSMを採用することで軽量コンパクトなデザインに貢献。ダイレクトドライブSSMはAFシステムを小型化できるだけでなく、静音で停止位置精度が高いので快適なAF動作を得ることができます。

鏡筒は防塵防滴に配慮された設計になっており、その軽量コンパクトな鏡筒はどこにでも持ち出したくなるレンズといえます。

12mmの画角を思う存分楽しめるレンズ

広角12mmというのは発売時点でSONY Eマウントの純正レンズとしては最も短い焦点距離となります。14mmや16mmといった焦点距離でも十分パースの効いた広角レンズらしい画は撮れますが、12mmになると、より強烈なパースが得られるので、人間の目の視界では捉えられない、印象的な写真を撮ることができます。

そんな超広角の画角での撮影はちょっとしたテクニックが必要です。12mmの画角はFE 12-24mm F4 Gのレンズフードの短さからわかるとおり、周辺の多くを画角に入れてしまいます。角度によっては設置している三脚の脚までフレームに入ることもあるので注意が必要です。

FE 12-24mm F4 GはナノARコーティングを採用しかなり高くなっていますが、それでもなお、斜めから差し込む光でもフレアやゴーストに注意が必要。また、前玉は大きく飛び出しているので前玉フィルターも使えません。フィルターを使いたい場合は角型フィルターをレンズに装着する必要があります。しかし、これらのデメリット差し置いてもなお、12mmの非日常的な画角は大きな魅力です。

FE 12-24mm F4 Gは、12mmの開放で撮影すると中心部は非常に高い解像力があります。開放のままでは四隅が流れる傾向があるので、F8程度まで絞ることで四隅までしっかり解像した画が得られます。

広角レンズで気になる、歪曲収差と周辺減光については、デジタル補正が前提となって設計で、自動補正を有効にすることでほぼ目立つことはありません。こうして光学性能を見てみると、軽量コンパクトだからといって、光学的に妥協された部分は一切なく、むしろ、最新のミラーレス一眼の性能を存分に発揮できる高い性能をもったレンズであるということがいえます。

カメラとのバランス感

α7 IIIに装着した様子を紹介します。カメラはバッテリーを入れた状態で650g、レンズは565gであるため、重量的にも見た目的にバランスが良く手持ち撮影も問題なくこなせます。

SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観
SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観
SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観(上面から)
SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観(上面から)
SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観(側面から)
SONY α7 III + FE 12-24mm F4 Gの外観(側面から)

愛用者のコメント

Ryo.

Ryo.

2014年2月より一眼レフカメラを始める。数年間小学校教諭として務め、その後フリーカメラマン・写真家へと転身。現在はクライアントワークや写真展の開催などを中心にポートレート・ご家族撮影・フォトウェディング・成人前撮り・婚礼前撮り・イベント撮影・同行登山撮影などの分野で撮影を行なっている

FE12-24mmF4Gを選んだポイントは、まずその広い画角です。私は登山によく行くので、より広い画角でダイナミックに撮影できるレンズをずっと探していました。このレンズは、ダイナミックに風景を収めるには一番適したものだと感じています。

そしてレンズの軽さ。565gという重量なので軽快に撮影することができ、重さというストレスは感じにくです。F4通しという使いやすい絞りも重宝しています。今では登山のみならず、普段の撮影でもこのレンズは欠かせません。

SONY α1 / FE 12-24mm F4 G
SONY α1 / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α1 / FE 12-24mm F4 G
SONY α1 / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G
SONY α7 IV / FE 12-24mm F4 G出典: instagram(@dai_photogenie)

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • APS-Cでも広角として使えるので、フルサイズは所有していないが将来を見据えて購入
  • シグマの11-24mmと比べて圧倒的にコンパクトで使いやすい
  • 広角で風景を収めたいので登山では最適のレンズ
  • SONYの無印レンズは価格と性能のバランスが良い
  • この1本で超広角撮影の楽しさを堪能できる

超広角でありながらコンパクトボディで、どこにでも持ち出したくなると高評価が集まっています。

■ ネガティブレビュー

  • 16-35とかぶるので、もう一本とは手を出しにくい
  • 逆光耐性は高くないので、そこは注意が必要
  • GMレンズでこの画角で出してほしい
  • 12mmでの周辺の流れが気になる
  • ピントの山が掴みにくく、ピント合わせに苦労する

12mmでは周辺の流れが気になる場合があるので、少し絞って使う必要がありそうです。

まとめ

ミラーレスレンズマウントの特性を活かし、これまでになかった超コンパクト超広角ズームレンズとなったSONY FE 12-24mm F4 G。フルサイズミラーレスをリードするSONYらしい、マウント特性を活かし、カメラボディとのバランスも最適化されたレンズです。

12mmという非日常的な超広角の世界を、コンパクトなフルサイズミラーレスとコンパクトなFE 12-24mm F4 Gで存分に楽しむことができるレンズです。

価格情報

SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

ズームレンズ > 広角

SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

Amazonで見る

新品: 237,600円 / 中古: 152,000円

楽天で見る

新品: 239,779円 / 中古: 161,600円

Y!ショッピングで見る

新品: 224,030円 / 中古: 161,600円

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:135,400円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約129,000円です。大手他社より約6,400円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

製品情報

カテゴリズームレンズ
メーカーSONY
タイプ広角
マウントSONY Eマウント

関連製品

製品
SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

SONY FE 12-24mm F4 G SEL1224G

(本製品)

価格

新品: 224,030円

中古: 152,000円

新品: 223,779円

中古: 159,980円

新品: 99,000円

中古: 75,800円

新品: 150,975円

中古: 124,520円

新品: 98,000円

中古: 54,000円

新品: 369,970円

中古: 310,800円

焦点距離12-24mm16-35mm17-28mm14-24mm16-35mm12-24mm
F値F4.0〜22.0F2.8〜22.0F2.8〜22.0F2.8〜22.0F4.0〜22.0F2.8〜22.0
最短撮影距離28.0cm28.0cm19.0cm28.0cm28.0cm28.0cm
絞り羽根枚数7枚11枚9枚11枚7枚9枚
重量565g680g420g795g518g847g
発売日2017/07/072017/07/282019/07/252019/08/232014/11/072020/08/07
表は左右にスクロールできます

\ お持ちのカメラ・レンズ買います /

ONE SCENEの買取サービス

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

直近の買取実績

ズームレンズ

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

86,050で買取

(大手他社より+16,050円)

【内訳】本体(定額): 83,900円 / 美品: 1,000円 / フィルター: 1,150円

単焦点レンズ

Nikon NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

67,100で買取

(大手他社より+12,100円)

【内訳】本体(定額): 65,900円 / 美品: 600円 / フィルター: 600円

ミラーレス一眼

Canon EOS R

72,200で買取

(大手他社より+13,200円)

【内訳】本体(定額): 70,700円 / 美品: 500円 / シャッター数少: 1,000円

ズームレンズ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

49,450で買取

(大手他社より+4,450円)

【内訳】本体(定額): 46,500円 / 美品: 500円 / 別売り三脚座: 1,200円 / プロテクトフィルター・偏光フィルター: 1,250円

ミラーレス一眼

Nikon Z 6II [ボディ]

120,900で買取

(大手他社より+20,900円)

【内訳】本体(定額): 119,900円 / 美品: 1,000円

ミラーレス一眼

OLYMPUS OM-D E-M1X

61,000で買取

(大手他社より+11,000円)

【内訳】本体(定額): 59,900円 / 美品: 500円 / サードパーティーバッテリー2個: 600円

今スグ買取価格を調べる