HOME単焦点レンズFUJIFILM XF27mmF2.8 R WR
FUJIFILM XF27mmF2.8 R WR

FUJIFILM XF27mmF2.8 R WR

2021年3月に発売された「XF27mmF2.8 R WR」は、FUJIFILMのボディの性能やかっこよさを活かせるパンケーキレンズです。発売前から話題を呼んだレンズで、性能が気になっている人も多いのではないでしょうか。今回は、「XF27mmF2.8 R WR」の特徴やレビューをまとめてご紹介します。どのようなレンズなのか、ぜひチェックしてみてください。

単焦点レンズ / FUJIFILM / 標準
新品:
46,995円〜(28)

FUJIFILMのボディと最高に相性の良い大好評のパンケーキレンズ


FUJIFILM X-E4とXF27mmF2.8 R WRの外観
出典:flickr(@Henry Söderlund)

FUJIFILMのボディの性能を最大限に活かせるフジノンレンズは、ズームレンズから単焦点レンズまで多彩なラインナップが揃っています。中でも「XF27mmF2.8 R WR」は2021年3月に発売されたばかりの最新フジノンレンズ。

愛好家が多かった「XF27mmF2.8」をバージョンアップさせたレンズとして注目されています。注目したい特徴は、次の3つです。
 

1.35mm換算で41mm相当の単焦点レンズ

「XF27mmF2.8 R WR」は、35mm換算で41mm相当の使いやすい画角の単焦点レンズです。27mmは視野に近い23mmと自然な距離感を演出する35mmの間に位置し、感覚的に撮影できるベストな距離感となっています。

スナップ撮影や旅行撮影はもちろんのこと、風景撮影やポートレート撮影テーブルフォトなどシーンを選ばず手軽に写真が楽しめるところが特徴。開放F値は2.8と明るいので光量が少ない場所でも安心して使用でき、ほど良いボケ感や立体感を演出できます。

また、非球面レンズ1枚を含む5群7枚のレンズ構成になっており、ミニマムながらもしっかりと歪曲収差や色収差を抑えて鮮明で高解像度な写真を撮影できるところが大きなポイントです。
 

2.スナップシューターにふさわしいパンケーキレンズ

「XF27mmF2.8 R WR」の最大の魅力は、フジノンレンズで最も軽量コンパクトなパンケーキレンズであるところです。重量84g、直径62mm全長23mmのサイズ感で、ボディに装着しても重さや煩わさを感じません。感覚的に撮影を楽しみたいスナップシューターや常にカメラを持ち歩きたい人に最適です。

また、防塵防滴性能も備わっているので、天候に左右されることなく手軽に携帯できます。
 

3.被写体を選ばない高速AFを実現

マルチユースに使えるレンズにこそ、求めたいのはAFの速さ。「XF27mmF2.8 R WR」は5枚の前群レンズをまとめて繰り出すことができ、高精度で高速なAFが実現できるようになっています。どのような被写体を相手にしても、ここぞという瞬間を逃すことなく撮影することが可能です。


本レンズを楽しむなら


「XF27mmF2.8 R WR」は35mm換算で41mm相当の使いやすい画角の単焦点レンズなので、風景撮影やポートレート撮影、旅行撮影などシーンを選ばず使用できます。パンケーキレンズならではの携帯のしやすさを活かして、スナップ撮影や常用レンズとしての使用は特におすすめ。

開放F値が2.8と明るく、背景ボケや前景ボケを取り入れた写真を撮影することも可能です。また、最短撮影距離は34cmと意外に近寄れるため、テーブルフォトや草花の撮影にも向いています。


作例紹介


FUJIFILM X-E4 / XF27mmF2.8 R WR
出典:flickr(@Henry Söderlund)

おいしそうなフードフォトの撮影に「XF27mmF2.8 R WR」が活用できます。視野に近い画角なので、イメージを掴みながら撮影することが可能です。

FUJIFILM X-E4 / XF27mmF2.8 R WR
出典:flickr(@Henry Söderlund)

スナップシューターの「XF27mmF2.8 R WR」を使えば、何気ない風景をおしゃれに切り取ることが可能。鮮やかな色味や鮮明度は、さすが。

FUJIFILM X-E4 / XF27mmF2.8 R WR
出典:flickr(@Henry Söderlund)

前ボケを使うと立体感のある写真に。開放F値が明るいと、多彩な撮影方法が楽しめます。


XF27mmF2.8からの進化とXF23mmF2 R WRとの比較


「XF27mmF2.8 R WR」が発売されるまでは、2013年に発売された「XF27mmF2.8」がパンケーキレンズとして人気を博していました。「XF27mmF2.8」からの進化ポイントとしては下記のような部分があります。

  • 「XF27mmF2.8 R WR」になり防塵防滴性能が追加された
  • 「XF27mmF2.8」にはなかった指標つき絞りリングが備わっており、絞りを自由自在に変更できるようになった
  • GFレンズに採用されているAポジションロック機能が追加されたので、撮影時の誤作動を防げる
  • 「XF27mmF2.8」よりもAFの速さや描写力がアップしており、より写真撮影が楽しめるようになった
  • 「XF27mmF2.8」は重量78g。直径61.2mm×全長23mmなので、サイズ感はほぼ変わらないが、少し重くなっている
 
このように、画角やサイズは同じでも性能がグレードアップし、よりFUJIFILMのボディの性能が活かせるようになりました。
 
続いて、「XF27mmF2.8 R WR」を検討するときに気になる「XF23mmF2 R WR」の違いをご紹介します。

  • 「XF23mmF2 R WR」は35mm換算で35mm相当の単焦点レンズなので、XF27mmF2.8 R WR」よりも視野に近い画角となっている
  • 「XF23mmF2 R WR」は最短撮影距離が22cmなので、「XF27mmF2.8 R WR」よりも被写体に近寄れる
  • どちらも防塵防滴性能や高速AFを採用している
  • 「XF23mmF2 R WR」は重量180g、直径60.0mmx全長51.9mmなので、ミニマムさや軽量さを重視するなら「XF27mmF2.8 R WR」
 
このように、同じような画角でも重さや性能が少し異なるため重視したいポイントと照らし合わせながら選んでみてください。


ユーザーレビュー


「XF27mmF2.8 R WR」のレビューを見てみると「とにかくコンパクトで携帯しやすく、旅行やスナップ撮影にとても便利」「高精度でクリアな描写力に満足した」という声が目立ちます。

一方で「手ぶれ補正が備わっていたらもっと良かった」という声も。いずれにしても、パンケーキレンズならではのミニマムさと描写力が高い評価を集めているようです。
 

まとめ


発売前から注目されてた「XF27mmF2.8 R WR」は期待以上のバージョンアップを遂げ、多彩なシーンで使える満足度の高いレンズとなっています。軽量コンパクトなパンケーキレンズはFUJIFILMのボディに装着したときの見た目がおしゃれで、思わず持ち歩きたくなってしまうはず。

スナップシューターはもちろんのこと、手軽に撮影を楽しめる単焦点レンズを探している人はぜひチェックしてみてください。
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Xマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用-
レンズ構成5群7枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

27mm(35mm判換算:41mm相当)

最短撮影距離34.0cm
最大撮影倍率0.1倍
開放F値F2.8〜16.0
画角55.5度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ62x23mm
重量84g
フィルター径39mm
発売日
発売日2021年03月11日