HOME単焦点レンズTOKINA atx-m 33mm F1.4 X [フジフイルムX用]
TOKINA atx-m 33mm F1.4 X [フジフイルムX用]

TOKINA atx-m 33mm F1.4 X [フジフイルムX用]

「atx-m 33mm F1.4 X」は、ケンコー・トキナーから発売されているサードパーティレンズです。繊細で柔らかい表現ができ、FUJIFILMのフィルムシミュレーションとの相性がいいところが特徴です。「atx-m 33mm F1.4 X」のレビューや特徴をまとめてご紹介します。どのような特徴があるのか、ぜひチェックしてみてください。

単焦点レンズ / TOKINA / 標準
新品:
51,119円〜(9)
中古:
35,700円〜(4)

フィルムシミュレーションと相性の良い標準単焦点


ケンコー・トキナーは、1957年9月に創立した光学製品の専門メーカーです。サードパーティーレンズメーカーとして知られており、FUJIFILMだけでなく他メーカーのレンズも展開しています。「トキナーブルー」と呼ばれる青色の発色が特徴で、高コントラストで鮮やかな描写が楽しめます。

FUJIFILMのXマウントに対応している「atx-m 33mm F1.4 X」はミラーレス専用設計で、FUJIFILMのボディでもトキナーレンズを楽しめます。目したい特徴は、次の3つです。
 

1.35mm換算で49.5㎜相当の標準単焦点レンズ


「atx-m 33mm F1.4 X」は、35mm換算で49.5㎜相当の標準単焦点レンズです。視野に近い画角で非常に使いやすく、スナップ撮影や風景撮影、旅行時の携帯など多彩なシチュエーションで活用できます。

atx-mシリーズはユーザーの創作行為を掻き立てるレンズをコンセプトとしており、描写力が高いところが特徴。フィルムシミュレーションと併せて使うと、世界観を伝えられる写真が楽しめます。

開放F値は1.4と明るく、自然で柔らかいボケが演出できるところもポイント。9枚の絞り羽根を採用しているので、きれいな玉ボケも作れます。9群10枚のレンズ設計で、各収差が極限まで抑えられています。
 

2.静音・高速なステッピングモーターを採用


静音で高速なステッピングモーターを採用しているところが特徴です。ここぞという瞬間を逃さず、動きの速い被写体にも安心して使えます。

動画撮影時には駆動音が気にならず、静寂なシーンの撮影にも最適です。クリックのない絞りリングと共に、動画撮影を強力にサポートします。
 

3.300g以下の軽量設計


「atx-m 33mm F1.4 X」は重量285g、直径65mm×全長72mmの軽量設計です。長時間撮影でも負担が少なく、常用レンズに向いています。鏡筒の材質には高級感のある金属を採用しており、FUJIFILMのボディに装置してもデザイン性を損ねることはありません。
 

こんなシーンにおすすめ


「atx-m 33mm F1.4 X」は35mm換算で49.5mm相当の視野に近い画角なので、風景撮影やスナップ撮影、日常的な撮影などシーンを選ばず使えます。フィルムシミュレーションの「クラシッククローム」や「クラシックネガ」を選択し撮影すると、柔らかい雰囲気の中にもノスタルジックで趣きがある写真に仕上がります。

開放F値は1.4と明るいため、ボケを活かしたポートレート撮影にもおすすめ。背景がふんわりとボケて、立体感のある写真が撮影できます。

また、最短撮影距離は0.4mと意外と被写体に近寄れるので、テーブルフォトや草花の撮影にも向いています。
 

併せて比較検討したいレンズ


「atx-m 33mm F1.4 X」を検討するときに迷うのが、FUJIFILMの純正レンズ「XF33mmF1.4 R LM WR」とSIGMAのサードパーティレンズ「SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary」ではないでしょうか。両者との主な違いは、下記のとおりです。
 

XF33mmF1.4 R LM WRとの比較

製品

TOKINA atx-m 33mm F1.4 X [フジフイルムX用]

FUJIFILM XF33mmF1.4 R LM WR

価格新品:51,119円〜
中古:35,700円〜
焦点距離33mm(35mm判換算:49.5mm相当)35mm(35mm判換算:50mm相当)
F値F1.4〜16.0F1.4〜16.0
最短撮影距離40.0cm30.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正--
防塵-
防滴-
重量285g360g
発売年月2020年12月2021年09月
  • 「XF33mmF1.4 R LM WR」は第二世代のXレンズなので、パッキリとしたメリハリのある描写が印象的
  • 「XF33mmF1.4 R LM WR」は最短撮影距離が0.3mなので「atx-m 33mm F1.4 X」よりも一歩被写体に近寄れる
  • 「XF33mmF1.4 R LM WR」はリニアモーターを搭載しており高速、静寂なAFが可能
  • 「XF33mmF1.4 R LM WR」は防塵防滴性能が備わっている
 

SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporaryとの比較

製品

TOKINA atx-m 33mm F1.4 X [フジフイルムX用]

SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary [フジフイルムX用]

価格新品:51,119円〜
中古:35,700円〜
新品:34,700円〜
中古:31,900円〜
焦点距離33mm(35mm判換算:49.5mm相当)30mm(35mm判換算:45mm)
F値F1.4〜16.0F1.4〜16.0
最短撮影距離40.0cm30.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正--
防塵-
防滴-
重量285g275g
発売年月2020年12月2022年04月
  • 「SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary 」は35mm換算で45mm相当なので、少し画角が広い
  • 「SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary」はオールマイティレンズをコンセプトとしており、機能性と携帯性を両立している
  • どちらもサードパーティレンズだがAFに対応している
  • 「SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary」はステッピングモーターが搭載されているので、高速AFに対応できる
  • 「SIGMA 30mm F1.4 DC DN|Contemporary」は簡易防塵防滴構造が備わっている

このように、レンズによって特徴が異なるため、重視したいポイントをチェックして選んでみてください。
 

ユーザーレビュー


「atx-m 33mm F1.4 X」のレビューを見てみると「AF駆動が速い、軽量で持ち歩きやすいの2つが揃っていて、スナップやポートレートがテンポよく撮影できる」「バキバキな高解像度な描写ではなく、繊細で柔らかい描写ができる」という声が目立ちます。

一方で、「力強い描写や高コントラストを求めるなら、物足りなさを感じる場合がある」という声も。

いずれにしても、他のレンズにはない描写力や表現力が大きな魅力となっているようです。
 

まとめ


「atx-m 33mm F1.4 X」は、FUJIFILMのフィルムシミュレーションと相性がいい表現力の高さが大きな魅力です。購入しやすい価格でコスパがよく、初めてのサードパーティレンズにも向いているでしょう。

柔らかい描写を好む場合や表現力にこだわりレンズを選びたい場合は、ぜひチェックしてみてください。
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Xマウント
フォーカスAF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成9群10枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

33mm(35mm判換算:49.5mm相当)

最短撮影距離40.0cm
最大撮影倍率0.1倍
開放F値F1.4〜16.0
画角45.7度
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ65x72mm
重量285g
フィルター径52mm
発売日
発売日2020年12月11日