カメラ・レンズを高額買取!

大手より20%高い製品多数

すべて
定額買取
トップ カテゴリ 単焦点レンズ SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G
SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

SONY Eマウント
2021/04/23発売

2021年4月に発売された3本のSONY純正単焦点レンズ。FE 24mm F2.8 GとFE 50mm F2.5 G。そして、FE 40mm F2.5 G。その中でも40mmの単焦点レンズは一般的に純正レンズでよく見る焦点距離とは違う焦点距離で、なおかつ、絶妙にかゆいところに手が届く焦点距離として注目が集まりました。そんなFE 40mm F2.5 Gの使い勝手についてみていきましょう。

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:49,100円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約41,000円です。大手他社より約8,100円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

注目のSONY純正40mm単焦点

FE 40mm F2.5 Gの外観
FE 40mm F2.5 Gの外観出典: flickr(@ Henry Söderlund)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)

一般的に標準画角の単焦点レンズというと50mmや35mmという焦点距離がよく使われます。これらの焦点距離は一般的に、「人の見た目に近い」と言われ、50mmは人が注視したときの見た目に近く、35mmは全体の見渡すときの見た目に近いとされます。

ただ、実はもっともナチュラルに見えると言われる焦点距離は40mmです。50mmだとやや狭く、35mmだと広すぎると感じているユーザーは多く、そこで40mmを使ってみるとちょうど良いと感じることは多々あります。

今回、同時に発売された3本、FE 24mm F2.8 G、FE 40mm F2.5 GとFE 50mm F2.5 Gは全く同じ68x45mmというサイズで設計されています。当然、フィルター径も共通の49mm。SONY NEXシリーズからお馴染みのフィルター径で、フィルターを揃える際にもコスト面でメリットが生まれます。

この3本はスナップでよく使われる焦点距離ということで、持ち運びやすいサイズ感やというものが重視されています。

単焦点レンズはレンズの明るさとその描写力が魅力ですが、焦点距離が固定なので複数のレンズを持ち運ぶ必要があるというデメリットがあります。この3本のレンズの重量を合わせると、Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS、1本と比較してほぼ同等の重量です。つまり、1本のズームレンズを持ち運ぶ場合と同じ重さで、3本の明るい単焦点レンズを持ち運べることになります。

撮影スタイルによっては3本を持ち歩く必要はなく、広角よりで24mmと40mm、望遠よりなら40mmと50mm、ナチュラルな画角ということなら40mm1本だけ持ち歩くというチョイスもできるので、荷物はさらに軽くすることもできます。

この3本のレンズは、街歩きでスナップ撮影をするときなどに最適の3本で、その中でも40mmの単焦点レンズというのは最もナチュラルに撮影できるベストな選択肢とも言えます。

製品
価格

新品: 81,220円

中古: 63,400円

新品: 81,220円

中古: 66,800円

新品: 81,220円

中古: 64,520円

焦点距離40mm24mm50mm
F値F2.5〜22.0F2.8〜22.0F2.5〜22.0
最短撮影距離25.0cm18.0cm31.0cm
絞り羽根枚数7枚7枚7枚
重量173g162g174g
発売日2021/04/232021/04/232021/04/23
表は左右にスクロールできます

40mmの使い勝手の良さをコンパクトなレンズに集約

使い勝手の良い40mmの焦点距離ですが、レンズ自体も使い勝手の良さを考えて設計されています。

68x45mmというコンパクトサイズですが、フォーカスリングだけでなく、絞りリングも搭載。絞りリングはクリック感の有無をスイッチで変更可能です。動画撮影時にはノイズを入れずに滑らかに絞り値を変更できます。

SONY純正レンズではお馴染みのフォーカスホールドボタンも搭載されているので、このボタンに様々な機能を設定することもできます。コンパクトなレンズですが、操作系は充実していて、ズームレンズなど他のレンズと同様の操作感で使うことができます。

また、防塵防滴設計になっているので、常にカメラに付けておく常用レンズとして使っても、不意の雨や、ホコリの多い環境でも安心して持ち歩くことができます。

もちろん、光学設計にも使い勝手の良さが詰め込まれています。近年のレンズは歪曲収差や周辺減光をデジタル補正で補完させるものがほとんどで、このレンズもデジタル補正が前提とはなっています。しかし、歪曲収差は補正なしでもそこまで大きくなく、また周辺減光は補正なしではマイルドに出るので意図的な作画として利用することもできます。

逆光耐性については特に評価が高く、逆にフレアやゴーストを意図的に生み出すのが難しいと感じさせるほどです。太陽の向きを気にすることなく、高いコントラストの写真を撮ることができます。

使いやすい40mmの単焦点レンズですが、レンズそのものも使い勝手を考えて設計されているということがSONY純正レンズであり、Gグレードのレンズと感じさせます。

愛用者のコメント

Yumiko

Yumiko

長野県在住。日々の暮らしや身近な自然の中にある、美しい景色や季節の彩り、愛情が込められた瞬間を切りとり、夢や希望を届ける写真を撮りたいと思っています。愛用カメラはSONY α7C。

このレンズの魅力は、まず軽くて小さいという点です。楽しく写真を撮るために、軽くて小さいは絶対条件!カメラバックじゃない普段のバックにもスッと入る大きさ重さなので、持ち運びのストレスが全くありません。

そして、いつでも持ち歩いて、風景も食べ物もなんでも撮りたい私にとって、まさに40mmという画角は広すぎず狭すぎずベスト。特にカフェなどでは、食べ物をメインに撮りつつ、周りの空気感もちょうどよいバランスで写すことができます。

また、ボケが好きなので基本的に開放で撮るのですが、カフェや食べ物を撮影するときにF値を小さくし過ぎて、もうちょっと奥までピントが合っていた方がよかった、と後悔することがたまにあります。それがこのレンズの開放F値2.5だと、ちょうどいい塩梅でピントが合ってくれて、背景も美しくボケて、絶対失敗しません。なので初心者にもおすすめです。

いつでも気軽に持ち歩いて、日常のスナップを美しく撮りたい人にはぴったりなレンズです!

SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G
SONY α7C / FE 40mm F2.5 G出典: instagram(@yumikoss)

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • フジツボ型のレンズフードがいい感じのデザイン
  • ドローンやジンバルにも乗せやすいサイズ感
  • 画角的にも動画向きで使いやすい
  • AFも静音で高速なのでストレスなく使える
  • テーブルフォトでも使える最短撮影距離

コンパクトさがジンバルに乗せるのに最適なレンズとして動画向きとしても高評価となっています。

■ ネガティブレビュー

  • この明るさの単焦点レンズとしては価格が高い
  • コンセプト的にはSIGMAのIシリーズとかぶる印象
  • MTFはGMと同等でもさすがに描写力は劣る
  • ブリージングは若干気になる
  • 軸上色収差がやや目立つ

F2.5と単焦点レンズとしてはやや暗めなのでコスパが悪く感じるユーザーもいるようです。

まとめ

3本揃って発売されたFE 24mm F2.8 G、FE 40mm F2.5 GとFE 50mm F2.5 G。その中でもナチュラルな画角が評判の、FE 40mm F2.5 G。

馴染みの少ない画角ですが、使ってみると50mmや35mmなどのよくある画角では過不足してしまうと感じる部分を補完してくれるちょうどよいレンズとなります。ビルドクオリティや操作性も高く、Gレンズにふさわしいレンズクオリティと好評です。

24mmや40mmと合わせて3本揃えても良いですし、普段遣いのレンズとして常にカメラに装着しておくレンズとして40mmを1本だけでも購入しておくというのもおすすめです。

価格情報

SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

単焦点レンズ > 標準

SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

Amazonで見る

新品: 85,140円 / 中古: 63,400円

楽天で見る

新品: 84,800円 / 中古: 71,070円

Y!ショッピングで見る

新品: 81,220円 / 中古: 70,850円

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

本体の買取額:49,100円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約41,000円です。大手他社より約8,100円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

製品情報

カテゴリ単焦点レンズ
メーカーSONY
タイプ標準
マウントSONY Eマウント

関連製品

製品
SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

SONY FE 40mm F2.5 G SEL40F25G

(本製品)

価格

新品: 81,220円

中古: 63,400円

新品: 277,970円

中古: 229,800円

新品: 81,220円

中古: 64,520円

新品: 58,377円

中古: 41,800円

新品: 117,762円

中古: 111,800円

新品: 180,049円

中古: 171,130円

焦点距離40mm50mm50mm45mm50mm50mm
F値F2.5〜22.0F1.2〜16.0F2.5〜22.0F2.8〜22.0F1.4〜16.0F1.4〜16.0
最短撮影距離25.0cm40.0cm31.0cm24.0cm45.0cm38.0cm
絞り羽根枚数7枚11枚7枚7枚11枚11枚
重量173g778g174g235g660g516g
発売日2021/04/232021/04/232021/04/232019/07/262023/02/232023/04/21
表は左右にスクロールできます

\ お持ちのカメラ・レンズ買います /

ONE SCENEの買取サービス

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

直近の買取実績

ズームレンズ

SONY FE 70-200mm F4 G OSS SEL70200G

86,050で買取

(大手他社より+16,050円)

【内訳】本体(定額): 83,900円 / 美品: 1,000円 / フィルター: 1,150円

ズームレンズ

Canon RF24-105mm F4 L IS USM

75,300で買取

(大手他社より+13,300円)

【内訳】本体(定額): 74,300円 / 美品: 1,000円

単焦点レンズ

Nikon NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

67,100で買取

(大手他社より+12,100円)

【内訳】本体(定額): 65,900円 / 美品: 600円 / フィルター: 600円

ミラーレス一眼

Nikon Z fc [ボディ シルバー]

60,250で買取

(大手他社より+11,250円)

【内訳】本体(定額): 58,700円 / 美品: 500円 / 予備バッテリー: 1,050円

ズームレンズ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

49,450で買取

(大手他社より+4,450円)

【内訳】本体(定額): 46,500円 / 美品: 500円 / 別売り三脚座: 1,200円 / プロテクトフィルター・偏光フィルター: 1,250円

ミラーレス一眼

OLYMPUS OM-D E-M1X

61,000で買取

(大手他社より+11,000円)

【内訳】本体(定額): 59,900円 / 美品: 500円 / サードパーティーバッテリー2個: 600円

今スグ買取価格を調べる