HOME単焦点レンズNikon NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
Nikon NIKKOR Z 24mm f/1.8 S

Nikon NIKKOR Z 24mm f/1.8 S

S-Lineの高い基準のもと誕生した大口径広角レンズNIKKOR Z 24mm f/1.8 S。高い解像力と、単焦点レンズならではのなめらかなボケが楽しめる広角レンズです。今回は、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの魅力や作例、併せて検討していただきたいレンズをご紹介します。

単焦点レンズ / Nikon / 広角
新品:
118,999円〜(47)
中古:
102,800円〜(54)

風景だけではもったいないポートレートにも使える広角レンズ

Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
 

1.F1.8が作り出す美しいボケ


本レンズの魅力の一つが、自然で美しい大きなボケです。広角レンズは被写界深度が深いのでボケにくいと言われていますが、本レンズは開放F値が1.8と小さいので大きくぼかすことが可能です。

また、本レンズのボケ味は自然で美しく滑らかなので、背景を自然にぼかしたスナップショットやポートレートなども可能です。最短撮影距離が0.25mなので被写体にぐっと寄って背景を大きくぼかすなど、ワイドマクロのようなダイナミックな構図での撮影も楽しめます。
 

2.高い解像力


もう一つの魅力が高い解像力です。色収差を抑えるEDレンズなどの光学系に加え、複数のAF用のユニットの位置を厳密に制御するマルチフォーカス方式を採用するなど、徹底的に収差を改善しているので、近距離から無限遠までキレキレの高い解像力を獲得しました。

さらに、本レンズでは画面中央部だけでなく、周辺部まで解像するように設計されているので、画面の端までシャープでクリアな写りが楽しめます。

また、星などの点光源が翼を広げた鳥のような形ににじんでしまう「サジタルコマフレア」に対しても効果的に抑制し、高い点像再現性を実現しています。
 

こんなシーンにおすすめ


広角レンズというと風景写真を思い浮かべますが、本レンズはポートレートにもおすすめです。昼夜問わず解像力の高いレンズなので、室内や夕方などの光量が少ないシーンでの撮影でも、被写体の髪や肌、衣服の質感まで緻密に描写してくれます。また、大きなボケも魅力のレンズなので、豪快に背景をぼかすことで広角特有の奥行き感と相まって、被写体を立体的に描写することが可能です。

本レンズのボケは自然なので、画面のどこに入っても被写体を邪魔しません。なので、被写体の前にあえてボケそうな物を入れて前ボケを作ってみたり、背景に玉ボケができそうな光源を入れてみたりと、いろいろと作りこんでみるのもおすすめです。

さらに、点像再現性の高いレンズでもあるので、星景や夜景などもおすすめです。画面の端の方の点光源までキレイな点で描写されるので、今まで星景を撮影したことがなかったという方にもおすすめです。
 

作例紹介

Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 24mm f/1.8 S
出典:instagram(@matsu_channel_)
 

併せて比較検討したいレンズ


併せて検討していただきたいのが、本レンズと同じく焦点距離24mm、開放F値1.8レンズのAF-S NIKKOR 24mm f/1.8G EDです。2015年に発売されたレンズですが、こちらも大口径の単焦点広角レンズで、広角の画角で美しいボケ味のある写真が楽しめます。

S-Lineである本レンズよりは解像力や点像再現性の面では劣りますが、ナノクリスタルコートや色収差を抑えるEDレンズなどが採用されたレンズで、優れた描写力を持っています。なので、点像再現性が問われる夜景や星景よりも、日中の屋外など明るい場所での撮影がメインという方には、こちらのレンズもおすすめです。

また、こちらのレンズは価格が本レンズより手ごろで、重量が100g近く軽いというメリットもありますので、少しでも安く抑えたい方や、少しでも軽いレンズが欲しいという方におすすめのレンズです。

ぜひ、ご自身の撮影スタイルと照らし合わせて検討してみてください。
 

ユーザーレビュー


開放からキレキレの解像度の高さに驚くユーザーが多かったです。四隅までキレキレの描写が楽しめると驚きの声が多かったです。F1.8でありながら12万円なのでレンズとしては高いけれど、立体感のある表現などそれだけの描写力があると言われていました。

24mmは他のズームレンズと被る画角ではあるものの、本レンズはズームレンズにはない滑らかでキレイなボケが楽しめると好評でした。また、ズームレンズよりも明るく、収差がとても抑えられているので、暗い場所での撮影や星景にも向いているという意見も多かったです。また、逆光耐性も高く、AFも速くて静かと性能に関する評価も高かったです。

携帯性に関しては「良い素材を使っているので重さはあるけれど、コンパクトにまとまっている」という意見と、「F1.8にしては大きすぎる」という意見に分かれていました。
 

まとめ


高い解像力とボケが楽しめる大口径広角レンズNIKKOR Z 24mm f/1.8 S。

F1.8が作り出すボケは大きいながらも自然で美しく、前ボケ後ボケ共に被写体を効果的に演出してくれます。また、Nikonの高い技術力によって生み出された高い解像力は、近距離から無限遠に至るまで衰えることがありません。

風景だけでなく、ポートレートや星景などさまざまなシーンで活躍してくれるレンズです。ぜひ、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sを通して、広角レンズの世界を堪能してみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Zマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成10群12枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

24mm

最短撮影距離25.0cm
最大撮影倍率0.15倍
開放F値F1.8〜16.0
画角84度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ78x96.5mm
重量450g
フィルター径72mm
発売日
発売日2019年10月18日