HOME単焦点レンズNikon NIKKOR Z 40mm f/2
Nikon NIKKOR Z 40mm f/2

Nikon NIKKOR Z 40mm f/2

気軽に撮影を楽しみたいユーザー向けに開発された、フルサイズ用単焦点レンズのNIKKOR Z 40mm f/2。小型軽量で手ごろな値段でありながら、高性能の使いやすいレンズとして、APS-Cユーザーも愛用しているレンズです。今回は、そんなNIKKOR Z 40mm f/2の特徴や作例、併せて検討していただきたいレンズをご紹介します。

単焦点レンズ / Nikon / 標準
新品:
31,900円〜(81)
中古:
28,000円〜(85)

スナップに最適な小型・軽量・薄型の新画角レンズ

NIKKOR Z 40mm f/2の外観
出典:flickr(@Henry Söderlund)
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
 

1.小型軽量なZシリーズレンズ


解像力を優先しているZシリーズレンズは、全体的に大きい傾向にありますが、本レンズは、気軽に撮影が楽しめるレンズとして、全長45.5mm重さ約170gの小型軽量化に成功しました。

非常にコンパクトかつシンプルなデザインのレンズなので、Z50やZ fcなどのAPS-Cカメラと合わせても違和感がなく、APS-Cユーザーでも使用している方が多いです。APS-Cカメラに装着した場合は、焦点距離が60mm(35mm換算)となり中望遠レンズとして使えるので、中望遠ならではの圧縮感やクローズアップ時のマクロ感などが楽しめます。
 

2.低価格とは思えない高い性能


新品で30,000円前後と低価格なレンズですが、高い性能を有しています。

まず、AFには新たに開発された小型高速のステッピングモーターが採用されているので、レンズ全体を小型化しつつも静かで速いAFを実現しました。

また、絞り羽根を減らすことなく9枚使用されているので、ボケが円形に近くなり、自然で滑らかな美しいボケが楽しめます。
 

こんなシーンにおすすめ


本レンズは焦点距離40mmと標準よりもやや広い画角なので、背景を適度に入れたストーリー性のあるポートレートがおすすめです。

特に、開放F値が2とボケやすく、ボケも自然で滑らかなので、被写体を邪魔することなく引き立ててくれます。玉ボケもきれいに出るレンズなので、撮影時は被写体の背景に玉ボケになりそうな物を入れてみると面白いかと思います。

また、最短撮影距離が0.29mなので、テーブルフォトや物撮りなどにもおすすめです。マクロレンズほどは寄れませんが、被写体はシャープなピントでとらえ、それ以外は自然にぼかしてくれるので、無理なく被写体だけを立体的に表現できます。
 

作例紹介

Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
玉ボケが良いアクセントになっている一枚。絞り羽根が9枚なので、玉ボケがきれいな円形になっています。
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
赤い看板と大胆な陰影が面白い作品。拡大すると、ざらざらとした壁の凹凸が細かく描写されています。
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
光の美しさを思い出すような作品。クリアな描写で、澄み切ったその場の空気まで感じられます。
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
うるっとした瞳に吸い寄せられる一枚。窓ガラスの無機質さや、犬の毛のふわふわした質感などがしっかり表現されています。
Nikon Z 7II / NIKKOR Z 40mm f/2
出典:flickr(@Henry Söderlund)
前ボケ、後ボケともに美しい一枚。ピント面からのボケが滑らかなに大きくなっていく様子が分かります。
 

併せて比較検討したいレンズ


併せて検討していただきたいのが、Zシリーズの上位モデルであるS-Lineのレンズ、NIKKOR Z 35mm f/1.8 Sです。汎用性が高く、これ一本でポートレートや風景写真までこなす優秀なレンズとして人気を博しています。
製品

Nikon NIKKOR Z 40mm f/2

Nikon NIKKOR Z 35mm f/1.8 S

価格新品:31,900円〜
中古:28,000円〜
新品:101,470円〜
中古:83,980円〜
焦点距離40mm35mm
F値F2.0〜16.0F1.8〜16.0
最短撮影距離29.0cm25.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正--
防塵
防滴
重量170g370g
発売年月2021年10月2018年09月
こちらのレンズはS-Lineレンズなので、本レンズより解像力が高く、開放F値も1.8と小さいのでより大きく美しいボケが得られます。

ですが、その分レンズの全長が約2倍の86mm、重さが370gと本レンズよりも200g重たくなっています。なので、本レンズのような小型軽量であることよりも、画質の高さを優先するという方におすすめのレンズです。

また、価格が本レンズの約3倍ほど高いので、気軽に撮影を楽しむというよりは、しっかり自分の世界観を追求して行きたい方におすすめです。
 

ユーザーレビュー


軽くて見た目も良く、カメラとのバランスが良いので、頻繁に持ち出したくなるレンズと評価されていました。

40mmという画角が使いやすく性能も高いので、風景からポートレート、クローズアップなど幅広く使えると言われていました。開放だとやや球面収差が出るので、テーブルフォトなど近景になると柔らかい描写で、風景など遠景での撮影はかっちりとした描写が楽しめるようです。周辺減光はやや目立つものの、全体的に素直な描写と評されていました。

AFに関しては静かで速いので、スポーツ以外のスナップ撮影などであればストレスなく撮影できるというレビューが多かったです。ただ、AF/MFの切り替えスイッチがなく、カメラ側で操作しなくてはならないので、最後の調整をMFでやりたい方は、Z fcなどボタンの少ないカメラでは少し不便かもしれないとの意見も見られました。

使い心地に関しては、コントロールリングが硬質ゴム製でグリップ感が良く、重さもちょうどよいと高評価でした。しかし、専用フードがないので、逆光での撮影やレンズの保護ができず不安という意見もありました。どうしても不安なユーザーは、HN-3など既存のフードを使用しているようです。
 

まとめ


コスパのよい小型軽量な単焦点レンズのNIKKOR Z 40mm f/2。フルサイズ用のレンズですが、小型でシンプルなデザインがボディの邪魔にならないとAPS-Cユーザーからも人気を集めています。低価格なレンズでありながら、高速AFや美しいボケなど性能も高く、コスパの良いレンズと言われています。

ぜひ、NIKKOR Z 40mm f/2をカメラに付けて、もっと撮影を気軽に楽しんでみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Zマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成4群6枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

40mm

最短撮影距離29.0cm
最大撮影倍率0.17倍
開放F値F2.0〜16.0
画角57度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ70x45.5mm
重量170g
フィルター径52mm
発売日
発売日2021年10月01日