HOMEズームレンズFUJIFUILM XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR
FUJIFUILM XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR

FUJIFUILM XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR

実は望遠ズームレンズのラインナップが充実しているFUJIFUILMのXシステム。2022年7月にはいよいよ35mm換算で約900mmをカバーした超望遠ズームレンズが登場しました。フルサイズ規格よりも少し小さいAPS-Cの利点を活かした利便性の高い仕様となっています。詳しく解説していきましょう!

ズームレンズ / FUJIFILM / 望遠
新品:
260,954円〜(15)
中古:
300,960円〜(1)

APS-C規格に落とし込まれた小型軽量の超望遠ズームレンズ


一時期はメインを張っていたAPS-C規格も、現在はフルサイズ規格がメインストリームとなり主要メーカーではAPS-Cはサブ扱い。レンズ群もあまり充実していません。そんな中でFUJIFILMはAPS-C規格をメインに据えてミラーレスカメラを展開。レンズ群はどこよりも充実しています。

その恩恵は超望遠レンズに顕著に現れていて、超望遠レンズとなるとコストもかかるのでAPS-C規格に沿ったものというのは開発されず、基本的にはフルサイズ規格のレンズを兼用することとなるわけです。

フルサイズ規格となれば巨大で高額。APS-C機と組み合わせることでテレ端が稼げるというメリットはありますが、今となっては高画素が主だったフルサイズ機においてそのままクロップしても別段事足りるので、アドバンテージとは言えない状況といえます。

その点FUJIFILMは、レンズの規格をAPS-Cないしコンパクトなミラーレスにも合わせられているので、フルサイズ規格のものに比べて小さくて軽いです。

XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRはテレ端約900mmという焦点距離を保ちながら1605gを実現。フルサイズ規格でこの焦点距離のレンズがないので比較はしづらいですが、テレ端500mmとなる一眼レフ時代の超望遠ズームレンズよりも遥かに軽く、軽量化とコンパクト化が進むミラーレスタイプのものでもほぼ同等の重さとなっています。

2016年にリリースされたXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRとくらべてもかなり検討したボリュームといえ、インナーズームを採用している点ではXF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WRに軍配。焦点距離を変えてもレンズのバランスが変わらないので、安定して超望遠域の撮影に挑むことができます。
製品

FUJIFUILM XF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR

FUJIFILM XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

価格新品:260,954円〜
中古:300,960円〜
新品:204,280円〜
中古:129,340円〜
焦点距離150-600mm(35mm判換算:229-914mm)100-400mm(35mm判換算:152-609mm相当)
F値F5.6〜22.0F4.5〜22.0
最短撮影距離240.0cm175.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正
防塵
防滴
重量1,605g1,375g
発売年月2022年07月2016年02月
 

超望遠レンズとしてのあらゆる性能を搭載


このクラスでは最高峰となる五段分のレンズ内手ブレ補正を搭載し、手持ち撮影も難なく行えます。超望遠域となると少しのズレが大きなズレへと発展してしまうので強力な手ブレ補正は非常にありがたい機能ですし、全長の変わらないインナーズームもその手助けになっていることでしょう。

ズームするとF値がF8となって少々暗さを感じますが、レンズ自体は贅沢な造りになっていて写りは良く、APS-C自体が高感度にも比較的強いので充分カバーが可能です。AFは速いですし(機種との組み合わせによる)、補助的なスイッチ類もレンズに用意されているので、思う存分超望遠の世界に没頭することができます。

別売りのテレコンバーターに対応しており、2倍のものと組み合わせればなんと約1800mmまでカバー可能です。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • クラス最高画質と言われるXF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WRよりも写りが良く感じる
  • X-H2と組み合わせると動体への強さが実感できる
  • 安定感があって手持ち撮影も楽
  • 焦点距離の割には軽い
メーカーの売り文句通りに写りは良いと評判。軽さへの評価も高く、数字以上に軽く感じる工夫が盛り込まれているようです。


■ ネガティブレビュー
  • F8であること
  • シチュエーションによってはピント合わせに弱さを感じる
軽さへの恩恵は感じつつもやはりF値が暗めであることへの不満はちらほら。カバーしている焦点距離を考えるとかなり検討していると思います。
 

まとめ


FUJIFILM Xシステムでは最長レンズとなるXF150-600mmF5.6-8 R LM OIS WR。フルサイズレンズ×APS-C機の掛け合わせで奮闘している方は、レンズもAPS-C規格にしてフットワークの軽いフィールドワークに興じてみるというのはいかがでしょう。

同時にリリースされたX-H2との組み合わせると性能をフルに発揮できるのでオススメです
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Xマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成17群24枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

150-600mm(35mm判換算:229-914mm)

最短撮影距離240.0cm
最大撮影倍率0.24倍
開放F値F5.6〜22.0
画角10.8~2.7度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ99x314.5mm
重量1,605g
フィルター径82mm
発売日
発売日2022年07月14日