HOMEズームレンズPanasonic LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
Panasonic LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.

Panasonic LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.

Panasonicのフルサイズ規格「Sシリーズ」のスタートとともに発表された3本のレンズのうちの1本であるLUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.の紹介です。いわゆる小三元の部類となる望遠ズームレンズですが、この後に発売となったLUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.にも勝るとも劣らない性能を持っているんです。以下の解説をご参照ください。

ズームレンズ / Panasonic / 望遠
新品:
291,265円〜(12)
中古:
173,780円〜(2)

必要な性能を持ち合わせた豪華小三元望遠ズームレンズ

Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
出典:instagram(@yousuke_kuwahara)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
出典:instagram(@yousuke_kuwahara)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
出典:instagram(@yousuke_kuwahara)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
出典:instagram(@yousuke_kuwahara)
Panasonic LUMIX DC-S1 / LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.
出典:instagram(@yousuke_kuwahara)

大三元、小三元と分類されるくらいその差は明確にされていて、わかりやすいところでいえばF値ですが、それ以外に描写性能に差があったり、ズームすると全長が大きく変わったり、テレコンバーターに対応していなかったりとさまざまなディスアドバンテージが設けられています。そのぶん小型・軽量で値段も抑えられていたり、便利なレンズ内手ブレ補正をしっかり盛り込んでいるなどのバランスが取られているのが通例です。

ただ、LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.に関してはすこし様子が違って、LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.に搭載されている性能のほとんどが盛り込まれているんです。

その最たる部分がS PROシリーズであること。Leicaが設けた基準を参考にLUMIXが独自に設定した厳しい基準をクリアした描写性能を持ち、高精細かつ立体的な画作りが期待できます。

そのほかレンズ内手ブレ補正、防塵防滴・耐低温、MFへの切り替えがワンタッチで行えるクラッチ機構、テレコンバーターにも対応しているので、2×のタイプを使えば最大400mmまでカバーできます。AFもLUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.のようにダブルフォーカスではないですが、それに近い超音波アシストが設けられているので、素早く合焦してくれます。

それもあってなのか、全長や重さに対するアドバンテージはそこまで大きくありません。LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.はギリギリ1kgを切った約985g。約1570gのLUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.よりは多少軽さを感じるかもしれませんが、他社の同クラスのレンズとしては若干重い部類となります。
製品

Panasonic LUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.

Panasonic LUMIX S PRO 70-200 mm F2.8 O.I.S.

価格新品:291,265円〜
中古:173,780円〜
新品:308,000円〜
中古:269,800円〜
焦点距離70-200mm70-200mm
F値F4.0〜22.0F2.8〜22.0
最短撮影距離92.0cm95.0cm
絞り羽根枚数9枚11枚
手ブレ補正
防塵
防滴
重量985g1,570g
発売年月2019年03月2020年01月
 

機動性と卓越した描写力はポートレート撮影で活躍 


大きさや重量にさほどのアドバンテージがないとは言いましたが、LUMIX S PRO 70-200mm F2.8 O.I.S.よりは小さくて軽く、Sシリーズのボディサイズが大きめなので数字上よりは軽快に扱えることでしょう。

また、S PROシリーズの写りの真骨頂はボケ味。光点ボケの口径食や二重線ボケを可能な限り抑え、破綻のないなめらかなボケを生み出します。それによって主題が非常に引きたつので、ポートレート撮影に非常に長けているといえます。

サイズが少し小さいぶん、レンズをモデルへ向けたときの圧力も軽減されることでしょう。備わっている防塵防滴性能や手ブレ補正を駆使して、自由度の高いポートレート撮影に勤しんでみるのも良さそうです。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • S PROレンズらしいぬけの良い写り
  • 高級感のある作り
  • F4通しレンズなのにインナーズームで全長が変わらない
  • AFが早くて正確
S PROレンズならではの高い評価が付けられています。写りの良さとAFの精度の高さは折り紙付きです。


■ ネガティブレビュー
  • F4とは思えないサイズ感
  • AFの駆動音が気になる時がある
サイズは気になるところですが、全長が変わらないインナーズームであることを考えるとかなり検討していると思います。
 

まとめ


コンパクトで比較的安価にまとめながらも、写りの良さや手ブレ補正などのハイエンドな仕様と、テレコンバーターが使用できる拡張性も兼ね備えたプレイバリューの高いLUMIX S PRO 70-200 mm F4 O.I.S.。

その仕様をフルに活用したいという方だけでなく、使用頻度は低いけれど望遠ズームは網羅しておきたいという人にも適したレンズです。システムの拡張を前向きに検討してみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントLEICA Lマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成17群23枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

70-200mm

最短撮影距離92.0cm
最大撮影倍率0.25倍
開放F値F4.0〜22.0
画角34~12度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ84.4x179mm
重量985g
フィルター径77mm
発売日
発売日2019年03月23日