HOMEズームレンズNikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

Nikon AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR

四季折々の景色の変化や多様な行事が散在する日本では、撮りたいシチュエーションが盛りだくさん。紅葉狩りや運動会など、異なるシーンを一本でこなしてくれるレンズが欲しいところですよね。今回はそんな要望に応えてくれるニコールレンズ、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRをご紹介していきます。

ズームレンズ / Nikon / 望遠
新品:
144,500円〜(46)
中古:
67,800円〜(42)

Nikon小三元レンズの中でも、特に評価の高い望遠ズームレンズ


今回ご紹介するAF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 1は、F4通しの望遠系小三元レンズです。

望遠系と言ってもポートレートやスナップシューテイングなど、多様なシーンで使用可能な焦点距離設定となっていますので幅広いユーザーから支持を得ています。同じくニコン純正品の大三元レンズであるF2.8通しと比べると明るさに違いを感じますが、このレンズの得意とする風景撮影においては、解像がよくシャープな描写と持ち運びやすいコンパクト性でプロの写真家にも選ばれています。

VR搭載のため手ブレ補正にも非常に強くオートフォーカスもスムーズなので、とっさの判断を要するスナップシューティングや運動会などでも大切な一瞬を逃しません。

また、ニコン独自の技術、ナノクリスタルコート加工が施されたレンズは防反射効果に優れているため、ゴーストやフレアを気にせずポジショニングすることができます。ニコン純正小三元レンズの中でも、最も使い勝手の良いレンズとしてユーザーからの評価は非常に高く、その価格と使いやすさから初心者のユーザーからも支持を受けています。

キットレンズを卒業したいと言う方にも安心してオススメできます。

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)


本レンズを楽しむシチュエーション


AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR 1は凡庸性の高いレンズです。

従ってユーザーの方がそれぞれお好きなシチュエーションで楽しむことができますが、このレンズが最も得意とするシチュエーションは、やはり望遠距離での風景撮影でしょう。

画角を活かした山や橋、高台から見下ろすようなロケーションからの撮影ではプロの写真家の方からも評価が高く、ニコン純正品の大三元レンズより約600g軽いというコンパクト性能からこちらのレンズが選ばれることも。解像もよくシャープな描写は夜のシチュエーションでも繊細な表現を可能にしてくれます。

このレンズの素早いオートフォーカスとVRの手ブレ補正機能は、スナップシューティングや運動会などイベント時の記録撮影では非常に心強く、不安なく撮影に臨むことができます。大切な一瞬を逃さないためには、コンパクト性も重要な要素になるでしょう。

また、スナップシューティングなど瞬間的な判断が必要とされる撮影の際に、瞬時に画角を選択できるのは、ズームレンズならではの強みと言えるでしょう。

ポートレート撮影時には80〜130mmの焦点距離を選択することで、被写体本来の美しいプロポーションを崩すことなく撮影することができます。

以下、それぞれ作例を掲載致しますのでリンク先にてご確認ください。

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)

Nikon D500 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Swiss Sailing League)

Nikon D750 / AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR
出典:flickr(@Mihai Lucit)


併せて検討したいレンズ(AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR)


今回は先ほどから何度か触れているニコン純正の望遠系大三元レンズ、AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを比較対象としてご紹介していきます。

小三元レンズと大三元レンズですので大まかにスペックの優位性は大三元レンズにあると思って頂いて結構ですが、前述した通りシチュエーションによってはプロの写真家も小三元レンズを選ぶことがあるようです。

ただし、ボケみを楽しみたい場合は小三元レンズではなかなか難しいというのが率直なところ。ボケみ重視の方に関してはF2.8通しの大三元レンズをオススメします。また価格的なところでも新品では結構な差がありますので、大三元の中古価格と小三元の新品価格で迷われるケースが多いかと思います。

是非、本レビューとご自身の使い方とを照らし合わせて検討してみてください。
 

ネット上のユーザーレビュー

 
  • 手持ちのレンズとして非常に便利
  • 軽くて持ち運びが楽
  • よく解像してシャープな描写が可能
  • VRの手ブレ補正が秀逸
  • 使えるシチュエーションの幅が広いため長く楽しめそう
  • オートフォーカスが早く突然のシャッターチャンスにも対応できる
  • 画角が調整できるのはズームレンズの強み
  • 大三元レンズも持っているがそれぞれで違う味があるので使い分けている
  • 全体的に価格は相応
 

まとめ

 
いかがでしたでしょうか。改めてAF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VRの特性を簡単にまとめます。

非常に凡庸性が高く描写はシャープ。強力な手ブレ補正機能と迅速なオートフォーカスを持ち、シチュエーションを選ばずコンパクトなため持ち運びも楽。シチュエーションによってはプロの写真家にも選ばれるレンズほど優秀なレンズです。

使える幅が広いのでその分、極めがいもあり長く付き合うにはぴったりのレンズです。高価ではありますが、使えば納得のポテンシャルと言えるでしょう。

価格的には大三元レンズの中古と比較して悩まれる方が多いと思います。どちらも非常に良い性能のレンズですので、ご予算や中古商品の状態などに合わせて本記事をご参考にして頂ければと思います。季節の移り変わりを楽しめるこのシーズンに是非、検討してみてください。
基本仕様
対応マウントNikon Fマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成14群20枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

最短撮影距離100.0cm
最大撮影倍率0.27倍
開放F値F4.0〜32.0
画角34.2~12.2度
手ブレ補正機構
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ78x178.5mm
重量850g
フィルター径67mm
発売日
発売日2012年11月29日