HOMEズームレンズSONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z
SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

SONY Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS SEL2470Z

SONYのフルサイズEマウントに付属している「標準ズームレンズキット」のレベルが高いこともあり初心者から中級者はもちろん、シーンによっては上級者でも満足の作品を撮ることができるトータルバランスに優れたレンズであるのは間違いないですが、今回紹介する「SEL2470Z Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」があれば、さらにワンランク上の写真を撮れるようになるのではないでしょうか。SONYのフルサイズEマウントで使える機動性と画質のバランスに優れた1本を探している方は必見です。

ズームレンズ / SONY / 標準
新品:
86,554円〜(96)
中古:
49,999円〜(162)

ツァイスブランドが手かげた安定の万能レンズ


今回紹介する「SEL2470Z」は、カール・ツァイスが手掛けた標準域をカバーする使い勝手の良いズームレンズです。レンズに施された「ティースターコーティング」により、光の反射やフレア、ゴーストを抑え、カール・ツァイスらしい抜群の解像感と美しいボケ味、さらにはコントラスト豊かな画作りを実現。撮る人も作品を観る人をも魅了するレンズとなっています。

SONY α7 III / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@Michael Behrens)

SONY α7 / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@Nico Kaiser)

SONY α7R / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@JAN CHIA)

SONY α7 II / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@dabing626)


カール・ツァイスの入門レンズに最適な一本


カール・ツァイスのレンズと言えば、重い・高い・美しい(撮る写真が)の三拍子が当てはまるかと思いますが、「SEL2470Z」はカール・ツァイスの入門機としても最適ではないかと思います。

機動力に優れており、ツァイスのなかでは軽量な設計で、標準ズームレンズとしての実用性を損なわずに持ち運びにも適しています。また、販売から年数が経っているので新品でも10万円以下、中古レンズならさらに安く買える可能性のあるコスパの良さも魅力です。


風景からポートレートまで幅広くこなせる1本


「SEL2470Z」は、普段使いから日帰り・連泊・海外旅行など様々なシーンで活躍してくれます。広角でダイナミックに写真が撮りたいとき・ポートレートで背景をぼかしたり、美しい玉ボケが欲しい時にも最適。本体には光学手ブレ補正が内蔵されているので、夜景や暗い場所での撮影にも最適なレンズです。

ツァイスの上位モデルやGレンズと比較すると、中望遠域になるにつれやや描写に甘いところもありますが、10万円以下で買えるツァイスレンズとしては十分魅力的なレンズではないかと思います。


普段から使いやすい軽量レンズ


カール・ツァイスのレンズはそれなりの重量級レンズが並びます。「撮れる写真のクオリティーを考えれば重さなど気にならない」と言いたいところですが、やはりネット上のレビューにも重さが気になるというコメントは目立ちましたが、「SEL2470Z」の重量は約426gと1/3ほど軽量なレンズなので普段使いでも気軽に使えるのは大きなポイントです。


作例紹介


SONY α7 / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@JAN CHIA)

SONY α7 / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@David Wood)

SONY α7 / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@ Santi Rodríguez Muela)

SONY α7 III / Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS
出典:flickr(@Michael Behrens)


併せて検討したいレンズ


・SEL24105G FE24-105 F4G OSS

「SEL24105G FE24-105 F4G OSS」は、今回紹介した「SEL2470Z」と比較されることの多いレンズではないかと思います。SONYが手掛けるGレンズなので品質と性能は折り紙付き。撮影域はこちらの方が広く、105mmまでの望遠に対応しているのがポイント。価格は10万円以上とややお高いですが、クルマや鉄道など動く被写体が多い方はこちらのレンズもぜひチェックしてみてください。

・SEL2870 FE28-70mm F3.5-5.6 OSS

「SEL2870 FE28-70mm F3.5-5.6 OSS」は、画角ベースでみると上記で紹介した2本と比べてやや劣りますが、新品でも5万円以下で購入できるのがポイント。F3.5の明るいレンズなので夜の撮影が多い方や、よりボケ味を出したい方はチェックして欲しい1本です。

価格だけで選ぶならイチオシではありますが、それぞれのレンズが持っている個性をよく比較しながら選んでみてください。


ネット上のユーザーレビュー


「SEL2470Z」は、全体的に評判の良いレンズです。10万円以下の価格で買えることも後押ししており、標準ズームレンズからの乗り換えや上位互換レンズとして購入して撮影を楽しむ方が多いようです。使い勝手の良い撮影域をカバーしているので、ネット上の作例も豊富なバリエーションがアップされています。風景、ポートレート、動物、物撮りなど幅広いシーンで思いのままシャッターを切ることができそうです。
 

まとめ


今回は「SEL2470Z Vario-Tessar T* FE 24-70mm F4 ZA OSS」について紹介してみました。SONY Eマウントレンズに対応したカール・ツァイスのレンズとしては、10万円以下で購入できる数少ない選択肢となっています。

カール・ツァイスの世界にどっぷり入りたいけど予算が厳しい方にはおすすめのレンズではないかと思います。気になった方はぜひチェックしてみてください。
基本仕様
対応マウントSONY Eマウント
フォーカスAF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成10群12枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

最短撮影距離40.0cm
最大撮影倍率0.2倍
開放F値F4.0〜22.0
画角84~34度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ73x94.5mm
重量426g
フィルター径67mm
発売日
発売日2014年01月24日