SIGMA fp L

SIGMA fp L

2019年に驚きをもって発表されたSIGMAのフルサイズfp。斬新なスタイルのフルサイズカメラは多くのファンを獲得しました。そして、2021年に画素数をアップして登場したのがSIGMA fp Lです。SIGMA fp Lの実力をみていきましょう。

ミラーレス一眼 / SIGMA / ハイアマチュア
新品:
247,499円〜(84)
中古:
225,800円〜(9)

さらに選択肢を広げたSIGMA fp

SIGMA fp Lの外観
出典:flickr(@Henry Söderlund)
SIGMA fp L / 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
出典:flickr(@Henry Söderlund)
SIGMA fp L / 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
出典:flickr(@Henry Söderlund)

SIGMA fp LはSIGMA fpの新たな「選択肢」として発売されました。「後継機」ではなく、「選択肢」となっているのは、SIGMA fpのスタイルや世界観があるからです。

fp Lはfpから大きな変更点はイメージセンサーだけです。画素数が約2460万画素から約6100万画素にアップし、像面位相差AFを搭載したことでAF性能が向上しています。

その他はダイヤルの操作感を向上したり、modeボタンの形状変更などのユーザーの声に応えたマイナーアップデートが主となっています。

画素数が増えたことは、単に大きく印刷出来る以外にも、クロップズームなどが可能になりユーザーの撮影の幅が広がります。一方で、画素数が増えれば、連写性能は下がり、編集時にはパソコンのマシンパワーが必要となり、ブレも目立ちやすくなります。

また、fpとfp Lの価格差は8万円ほどあるので、まさにユーザーの選択肢が増えたといえます。
製品

SIGMA fp L

SIGMA fp

価格

新品:247,499円〜

中古:225,800円〜

新品:180,179円〜

中古:123,800円〜

センサーサイズフルサイズ(36.0×24.0mm)フルサイズ(35.9×23.9mm)
有効画素数6,100万画素2,460万画素
連続撮影速度最高約10.0コマ/秒最高約18.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正--
防塵・防滴
撮影可能枚数
重量375g370g
発売年月2021年04月2019年10月
両者を比較したときに、イメージセンサー以外でポイントになってきそうな部分としては、他にはUSB給電があります。SIGMA fpはACアダプターでの給電でしたが、fp LはUSB Type-Cでの給電が可能になったので、USBバッテリーなどからの給電がやりやすくなりました。

fpも撮影しながらの給電自体は可能なので、決定的な違いとはなりませんが、購入前に頭に入れておきたいポイントではあります。

SIGMAのイメージセンサーといえばsd Quattroで採用されて好評となったFoveonですが、fp LでもFoveonは採用されずに一般的なベイヤーセンサーとなっています。

SIGMAのフルサイズFoveonセンサーカメラは2020年頃に発売予定と噂されていましたが、この計画は生産工場などの関係で一度白紙に戻されています。ただし、計画自体がストップしているわけでなく、今後の研究の進捗によって登場も期待できるということのようです。
また、fp Lのセンサー情報を付け足すと、fpとは違いローパスフィルターが採用されています。ローパスフィルターは高周波ノイズを低減しますが、全体的な解像感が落ちるというデメリットもあります。fp Lは高画素機ということで、ノイズ低減を優先したようです。

fp Lは基本フォーマットはfpと同じながら、画素数アップに合わせた変更と、細かなブラッシュアップでさらに魅力的なカメラとなっています。
 

不自由を工夫で楽しむ


近年発売されるカメラは、最新機能全部載せの万能機が目立つ傾向にあります。

ミラーレスが一眼カメラ開発の中心となってから、高画素かつ高速連写が可能となり、ボディ内手ブレ補正や高機能AFなどが搭載され、初心者でもカメラを買えば一定レベルでの撮影がすぐに可能となります。

しかし、万能というのは必ずしもユーザー全てにフィットするとは限りません。本来撮影スタイルというのは十人十色。万能カメラとはいえ、ユーザーに依っては不足する部分、万能だからこそ過剰で不必要な部分が出てきます。

そもそも撮影は不自由なものです。限られた撮影機材や場所、時間の中でベストな手法を工夫するものです。

SIGMA fpシリーズはイメージセンサーにLレンズマウントとシャッターボタンだけを付けたようなシンプルなカメラにすることで、逆にユーザーに工夫の余地を広くとったカメラです。

今回、SIGMA fp Lの発売と同時にEVF-11という新たな拡張パーツも発売されました。

EVF-11はいわゆる電子ビューファインダーで、fp、fp Lのサイドの三脚穴とUSB Type-C端子に接続することでEVF機能を拡張することができます。EVF-11は角度を90度チルトすることが可能で、固定式のファインダーで難しい角度でも自由に撮影できます。

一見、機能が少なく不自由に見えるSIGMA fpシリーズですが、fp Lが発売され、画素数も選択できるようになり、その可能性はさらに広がったと言えます。
 

手ブレ対策でさらに自由を


SIGMA fp Lには残念ながらボディ内手ブレ補正は搭載されていません。Lマウントレンズで光学式手ブレ補正を採用しているレンズは少ないので、手ブレというはSIGMA fpの、特に高画素のfp Lにとっては気になる弱点と言えます。

電子手ブレ補正を搭載していますが、これは1ショットで4枚の写真を合成するという特殊手法なので動きモノなどには不向きです。

SIGMA fp、fp Lはボディ内手ブレ補正はありませんが、完全電子シャッターなので、三脚固定すればシャッターショックなどはなく、微ブレも防げます。

また、動画撮影時に電子手ブレ補正の違和感を避けるなら、ジンバルやスタビライザーなどの使用をすることも効果的です。ジンバルやスタビライザーを使う場合は小さなボディのfpは持ちやすく動画撮影が捗ります。

本格的にリグを組んで撮影するときも、小さなボディに外部バッテリーやモニター、SSDなどを装着しても驚くほどコンパクトで、一般的な一眼カメラを使うよりも自由に組み上げることができます。

手持ち撮影時のブレ防止にホールド感をあげたいときも、専用のグリップを拡張する以外にもリグで自分の手にあったグリップを装着することもできます。
 

Artレンズと組み合わせて高解像度を活かした撮影


SIGMA fp、fp LはLeica、Panasonicなどと共通のLマウントを採用しています。

そんなLマウントカメラの中でもトップレベルの解像度であるfp Lはやはり高い解像力のあるレンズ、SIGMA Artレンズがよく似合います。85mm F1.4 DG HSM | Artなどの明るいレンズと組み合わせれば、約6100万画素が生み出す高精細な写真ができあがります。

もちろん、性能的なバランスは抜群ですが、カメラボディとレンズのバランスはかなりレンズヘビーなので、グリップの拡張やリグでの三脚固定などが必要となるでしょう。
 

作例紹介

SIGMA fp L / 24mm F3.5 DG DN | Contemporary
出典:flickr(@Henry Söderlund)
短い単焦点にコンパクトなボディでも得られる写真は驚きのフルサイズ画質です
SIGMA fp L / 85mm F1.4 DG HSM | Art
出典:flickr(@Skaja Lee)
ビルの窓、1つ1つまで細かく描かれるのが高解像度写真の魅力です
SIGMA fp L / MACRO 105mm F2.8 EX DG OS HSM
出典:flickr(@Skaja Lee)
マクロ撮影は電子シャッターを活かした三脚撮影が適しています
SIGMA fp L / 70-200 EX MACRO HSM APO
出典:flickr(@Skaja Lee)
望遠レンズも三脚座を使えばバランス良く三脚固定してブレなく撮影できます
SIGMA fp L / 35mm F2 DG DN | Contemporary
出典:flickr(@Henry Söderlund)
高解像度カメラはやはり風景を撮りたくなります
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • EVF-11は便利なのでボディとセットでの購入がおすすめ
  • カラーモードのパウダーブルーは印象的な写真となってかなり良い
  • 高解像度でもギスギスした印象ではなく、見やすい解像感
  • 自分の見た目に近い写真が作れる
  • 小型なカメラでも質感は高く、安っぽさはない
SIGMAの描写に魅せられるというユーザーの声も多く、他のメーカーにはない魅力が詰まったカメラとなっています。

■ ネガティブレビュー
  • ローパスフィルターがあるので、ちょっと眠い写真の印象
  • AFは暗所ではけっこう迷うことがある
  • 現像は純正よりやはりLightroomが使いやすい
  • 電源オンから起動までに時間がかかる
  • ファンクションボタンがなく、スピーディーな操作には不向き
AFの性能などではやはり開発費や歴史に勝る大手メーカーには譲る部分があります。
 

まとめ


小型の特殊形状なカメラは単発のみの発売で終わって、あまり発展性がないことも多くありますが、SIGMAではfpからfp Lへと発展しました。fp Lと同時にEVF-11も発売されるなど、SIGMA fpシリーズは今後の発展に期待できます。

fpシリーズが長く続けば、新しい撮影手法のアイデアや便利な拡張パーツなども増え、さらに撮影の自由度は高まっていくことでしょう。

自作パソコンの様に、自分の用途に合ったカメラを組み上げる。そんな未来への期待感もSIGMA fp Lにはあります。
レンズマウント
レンズマウントLEICA Lマウント
撮像素子
センサーサイズフルサイズ(36.0×24.0mm)
有効画素数6,100万画素
ダスト低減機能-
映像エンジン
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード
外部SSD(USB3.0接続)

スロット数

シングルスロット

記録画素数

画像ファイル

JPEG/RAW/DNG

動画
4K対応
記録サイズ

記録形式

CinemaDNG/MOV

ライブビュー
フォーカス位相差検出方式+コントラスト検出方式 / シングルAF, コンティニュアスAF(動体予測機能付), マニュアルフォーカス
シャッター
シャッター速度1/8000~30秒
連続撮影速度最高約10.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数評価測光,スポット測光,中央部重点平均測光に切り替え可
ISO感度100〜25,600
AF
測距点最大49点
ファインダー
視野率
倍率
ストロボ
内蔵ストロボ-
液晶モニター
サイズ3.15型(インチ) 210万ドット
可動式
I/F
インターフェース

USB3.1 Gen1 Type-C、HDMIマイクロ

無線LAN
Wi-Fi機能-
ネットワーク
NFC-
Bluetooth-
防塵・防滴
防塵・防滴
手ブレ
手ブレ補正機構-
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

撮影可能枚数(ライブビュー)

240枚

動画撮影可能時間

60分

USB充電
使用電池専用リチウムイオン電池(Li-ion バッテリーパック BP-51)
サイズ・重量
サイズ112.6x69.9x45.3mm
重量375g
発売日
発売日2021年04月16日