HOMEズームレンズTAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)[ソニーE用]
TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)[ソニーE用]

TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD(Model A058)[ソニーE用]

CanonがRFマウント発表と同時期に発売したRF28-70mm F2 L USM。フルミラではF2ズームが標準化するかと思いきや、その後に追随するF2のズームレンズはなかなか出てきませんでした。そんな中で2021年10月についに発売されたのがTAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD。F2通しではありませんが、高倍率では開放F2-2.8という驚異的な明るさのSONY Eマウント用レンズです。TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDはどの様なレンズに仕上がっているのでしょう。

ズームレンズ / TAMRON / 望遠
新品:
181,636円〜(12)

サードパーティに注目が集まるEマウントレンズ

SONY α7R III / TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD
出典:instagram(@show729)
SONY α7R III / TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD
出典:instagram(@show729)
SONY α7R III / TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXD
出典:instagram(@show729)

SONYのフルミラEマウントは、レンズ開発に必要な情報を他社レンズメーカーに開示しています。それによって、SONYだけでなく、他社レンズメーカーもスムーズにEマウントレンズを開発することが可能で、純正メーカーがなかなか作りにくい意欲的なレンズといったものも開発されやすい環境にあるといえます。

まさにそういった中で生み出された代表的なレンズといえるのがTAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDです。

Canon RF28-70mm F2 L USMの発売で、大三元よりも明るいF2ズームに注目が集まりましたが、その後はなかなかF2.8を上回る明るさのズームレンズは発表されませんでした。そもそも明るいレンズは開発が難しいということもありますし、大きな会社は開発から発売までの手続きも多く、革新的なスペックのレンズとなるとそれこそ時間がかかることになります。

TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDはTAMRONという会社のフットワークの軽さや、高倍率ズーム開発の強みなどを生かして作られたレンズということになります。

それによって、Eマウント初のF2スタートズームレンズを生み出すことができました。ちなみにこのレンズの名称には「III」と3世代目のような数字がありますが、これはミラーレス用レンズをTAMRONが「Di III」という記号で分類しているだけで、35-150mm F/2-2.8は全くの新しいレンズです。

35-150mmといえば、TAMRONは35-150mm F/2.8-4 Di VC OSDという一眼レフ用レンズがありました。焦点距離は同じなのでこのレンズが開発ベースとなっていることは考えられますが、明るさは全然違うので、完全に新しい光学設計となっています。

35-150mm F/2-2.8は、35-150mm F/2.8-4の14群19枚から、15群21枚という構成に刷新されています。光学的にはぐるぐるボケの傾向があるボケ感や、逆光性能がやや弱いなどの弱点と見受けられる部分はありますが、解像性能は全体的にシャープで良好な印象と納得できる性能になっています。

また、外観も防塵防滴仕様で、デザインや質感も高級感があり、万能レンズにありがちな、利便性だけを追い求めたチープさもありません。

35-150mm F/2-2.8のAFにはVXDというリニアモーターフォーカス機構が採用されていますが、印象としてはSONY純正レンズと比較すると、多少もっさり感があるのでファームアップやフォーカスセットなどを活用する必要がありそうです。

メリット、デメリットは共にありますが、35-150mm F/2-2.8という革新的なスペックを考えれば手にすることで大きな満足感が得られるレンズになっています。
 

モーターショーなどには最適解


35-150mmで開放F/2-2.8というスペックを見ると、真っ先に思いつくのが「ポートレート」となります。画角を変えながら、開放F値を生かした中心部のシャープな解像と大きなボケというのはまさにポートレート向けレンズと言えます。

一方で35mmという広角側の画角も考えると、思い浮かぶシチュエーションがモーターショーなどの展示会です。コンパニオンをポートレート撮影したり、ステージや展示車両を撮影する場合、撮影ポジションの制約もあることから、広角から中望遠までのレンズが求められます。

また、会場の明るさも十分ではないこともあり、明るさも必要です。そう考えると、TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDは最適解となるレンズとなります。

1,165gという重量は、スナップ撮影などで気軽に持ち歩くというのは難しいレンズですが、モーターショーの撮影などで、気合いを入れて撮影するという日であれば、その重さは苦にならないでしょう。

何より、単焦点を複数持ち歩いてレンズ交換をする手間などを考えれば、この1本で済ませられるというのは大きなメリットです。
 

新しいTAMRONレンズはTAP-in Consoleが不要に


TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDの特徴の1つとしてUSB Type-C端子が装備されているという点です。これによって、従来のTAMRONレンズであったようなはTAP-in Consoleを使ってPCと接続するという手間がなくなりました。

TAMRON 35-150mm F/2-2.8とPCの接続はTAMRON コネクションケーブルが推奨されていますが、Type-Cケーブルで接続できます。PC接続ではTAMRON Lens Utilityを使って、ファームアップやスイッチ類のカスタム、フォーカスプリセットなどを行うことができます。

気になるピンズレなどをメーカーに送ることなく自分で調整できるのは嬉しいですね。次々と新しい機能が付加されたカメラが発表される中で、レンズのファームアップを自宅で簡単にできるというのも大きなメリットになりそうです。
 

ユーザーレビュー

 
■ ポジティブレビュー
  • 青い空が青く写る、満足の再現力
  • 重さを我慢するに値する性能が十分ある
  • スタジオ撮影でとても重宝するレンズ
  • 優しいボケとシャープな被写体はさすがTAMRON
  • TAMRONのEマウントで最も高価だが、十分にその価値はあるレンズ
品薄で入手しにくくなっていますが、入荷待ちをする価値が十分ある評価になっています

 
■ ネガティブレビュー
  • ズームリングは少し固め
  • α7R IVでは暗所がやや多い
  • 逆光では虹丸ゴーストが多く出る
  • α7との組み合わせはかなりフロントヘビーなのでバッテリーグリップがほしい
  • USB-C端子にカバーがほしかった
USB-C端子はむき出しなので別途カバーを購入したほうが安心でしょう。100均でも端子カバーは購入可能です。
 

まとめ


TAMRON 35-150mm F/2-2.8 Di III VXDは全てにおいて完璧なレンズではないものの、高倍率と大三元より明るい開放F値を両立させた斬新なレンズで人気のレンズです。

防塵防滴仕様で鏡筒の質感も非常に高く、TAMRONレンズとしては少々高いと感じる価格設定ですが、手にする満足度が高いレンズです。

発売から数ヶ月でもまだ品薄状態であることから、このレンズのニーズの高さが伺えます。
基本仕様
対応マウントSONY Eマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成15群21枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

35-150mm

最短撮影距離33.0cm
最大撮影倍率
開放F値F2.0〜16.0
画角
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ89.2x158mm
重量1,165g
フィルター径82mm
発売日
発売日2021年10月28日