HOMEズームレンズNikon NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
Nikon NIKKOR Z 28-75mm f/2.8

Nikon NIKKOR Z 28-75mm f/2.8

各マウントの看板レンズを担う標準ズームレンズ。F2.8通しのものをトップに、少し望遠域に伸ばしたF4通し、焦点距離によってF値が変わるもの、というような棲み分けが一般的なところ、Nikon Zシリーズでは同焦点距離に3種類のレンズを展開するという、あまりみないラインナップを行っています。ここでは、その中でも少々異質なNIKKOR Z 28-75mm f/2.8を紹介。特徴をじっくり解説していきます。

ズームレンズ / Nikon / 標準
新品:
113,800円〜(11)
中古:
97,727円〜(2)

憧れのF2.8ズームレンズに手軽さを

Nikon Z 6 / NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
出典:instagram(@cmasac)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
出典:instagram(@cmasac)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
出典:instagram(@cmasac)
Nikon Z 6 / NIKKOR Z 28-75mm f/2.8
出典:instagram(@cmasac)

Nikon ZマウントにはすでにNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sという大三元レンズがラインナップされています。Fマウントのころから標準ズーム大三元レンズの性能の良さには定評があり、Zマウント版にもその意匠は継承されているのですが、高性能がゆえに非常に高価です。

画角が変えられるズームレンズでF2.8という明るさは非常に大きな武器。特に、風景からポートレートまで幅広い用途で使用頻度の高い標準ズームであればなおのこと。標準ズームでの写真を少しでも良い画質で、ボケの強い画作りを可能にするためにもなんとか購入していた人も少なくありません。

そしてZマウント時代となり、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sはメーカー希望小売価格で軽く30万円を超す価格帯へ…。より高嶺の花のレンズになってしまいました。そこで、登場したのがNIKKOR Z 28-75mm f/2.8というわけです。

少し望遠側にふられたNIKKOR Z 28-75mm f/2.8は、NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sと同じF2.8通しの標準ズームなのにも関わらず、価格帯はその半額以下。それでも10万円以上するので決して安くはないですが、リーズナブルとは言えるでしょう。

サイズも若干ながら小さくまとまっています。全長こそ6mm程度の差ですが、フィルター径が82mmに対して67mm。重量も240gも軽い約565gなので、想像よりも軽快なレンズに仕上がっています。

上位クラスのS-Lineではないことが大きな違いですが、S-Lineでなくとも優れた描写力を誇るのがZマウントレンズ。F2.8通しの標準ズームを気兼ねなく、軽快に扱って写真を楽しむことができます。
製品

Nikon NIKKOR Z 28-75mm f/2.8

Nikon NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S

価格新品:113,800円〜
中古:97,727円〜
新品:279,800円〜
中古:225,280円〜
焦点距離28-75mm24-70mm
F値F2.8〜22.0F2.8〜22.0
最短撮影距離19.0cm38.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚
手ブレ補正--
防塵
防滴
重量565g805g
発売年月2022年01月2019年04月
 

F2.8を活かした近接撮影が楽しめる


NIKKOR Z 28-75mm f/2.8最大の特徴は近接性能の高さにあります。28mmで最短撮影距離0.19mと、レンズが当たりそうなくらい近づくことができます。

望遠側でも最短0.39mで、距離でいえばNIKKOR Z 24-70mm f/2.8 Sもほぼ同じくらい近づけられますが、端が75mmと若干長い分NIKKOR Z 28-75mm f/2.8のほうが大きく写すことができます。

寄れるとそれだけ被写界深度が浅くなり、F2.8という明るさを活かしたボケの効いた写真を撮ることができます。ボケ味はなめらかで、光源も玉ボケになるので、さまざまな表現の絵作りが可能です。
 

「28-75mm f2.8」というレンズがNikonからリリースされるメリット


28-75mm f.2.8といえばレンズメーカー・タムロンの銘レンズとして知られ、一眼レフ時代はもちろん、ミラーレス機においてもソニーEマウント用で展開されています。そのため、NIKKOR Z 28-75mm f/2.8はタムロンが手掛けたのでは? という話もあります。

事の真相はどうであれ、Nikon名義のレンズなので、レンズとボディでメーカーが違うことによる不具合は無いと考えてよく、もしもトラブルが起こったとしても同メーカーでのことなので原因究明しやすくなります。純正にこだわる意味としては、こうしたアフターケアでのメリットが大きいことも挙げられます。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • 玉ボケが綺麗
  • 強みともいえる軽さとコンパクト
  • 特筆するほどの描写力不足は感じられない
  • MFリングの操作性も良い
  • コスパが良い
F2.8通しの標準ズームとは思えない価格帯に魅力を感じている人が多く、S-Lineとの多少の性能差も考慮されて、良いレンズと評価されています。


■ ネガティブレビュー
  • 表面の質感がイマイチ
  • AF/MFの切り替えスイッチが無い
  • 開放の描写がS-Lineに比べると若干甘いか
タムロンのOEM? と思って使ってみたらZマウントレンズクオリティで良いと評価している声が多く、あまりネガティブな意見はありませんでした。
 

まとめ


NIKKOR Z 28-75mm f/2.8の登場は、一見棲み分けのできていない不思議なレンズラインナップに感じてしまいますが、サイズや近接性能などの細かい部分ではしっかり性格の違う仕様となっており、ここ最近のカメラ機材の高額化を考えると、価格面ではかなりアドバンテージのあるレンズといえます。

標準ズームレンズは最初に選ぶ単なる1本ではなく、その後も末永く活躍してもらう自分にとっての中核を担うレンズ。少々の差でも選択肢が増えるにこしたことはありません。最良の1本を見出して、今後の写真趣味へと存分に活かしましょう。
基本仕様
対応マウントNikon Zマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成12群15枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

28-75mm

最短撮影距離19.0cm
最大撮影倍率0.34倍
開放F値F2.8〜22.0
画角75~32.1度
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ75x120.5mm
重量565g
フィルター径67mm
発売日
発売日2022年01月28日