HOMEミラーレス一眼Panasonic LUMIX DC-GH5M2
Panasonic LUMIX DC-GH5M2

Panasonic LUMIX DC-GH5M2

2017年にリリースされたPanasonicのマイクロフォーサーズ(以下MFT)規格におけるフラッグシップ機GH5のマイナーチェンジモデル LUMIX DC-GH5M2を紹介しましょう。リリース時期は2021年。その間にPanasonicは新たなフルサイズ規格のSシリーズの展開をスタートし、それで培った機能などを盛り込んだほか、今後のMFT規格機の立ち位置を提案した意欲的な機種でもあります。詳しく解説していきましょう。

ミラーレス一眼 / Panasonic / ハイアマチュア
新品:
189,189円〜(55)
中古:
149,800円〜(32)

メーカーの強みを表したフルサイズ規格との併用、サブ機としてのアプローチ


GH5からGH5M2がリリースするまでのおよそ4年の間にPanasonicは大きな転換期を迎えます。それはフルサイズ規格の展開。SONYが独壇場にしてきたフルサイズミラーレス機市場にいよいよCanonとNikonが参戦し、超激戦区となってるタイミングであえて参入した真意はわかりかねますが、当時のユーザー心理としては「PanasonicはもうMFT規格を見限ってしまった?」という見解が多かったのではないでしょうか。

フルサイズ規格の3機種目となるS5がリリースされたあとの2021年、ようやくGHシリーズの最新機種としてGH5MK2が登場。名称も相まって、ブラッシュアップがメインのマイナーチェンジモデルのように見えるのですが、メニューがフルサイズ規格のSシリーズに合わせられているのがポイント。

Sシリーズからのユーザーや昔からのGシリーズユーザーを各マウントへ誘導しやすいだけでなく、そもそも、MFT規格自体がフルサイズ規格との併用にとても相性が良いんです。35mm換算で約2倍というわかりやすさと、ボリューミーなフルサイズ機材に加えても負担が少ないコンパクト性。それを同じメーカーで統一できるというのは強いアピールポイントといえ、特にプロ御用達のMFT規格機が揃っているPanasonicにはとても大きなアドバンテージといえます。

操作性だけでなく画像処理エンジンもSシリーズに合わせており、別フォーマットを併用しても画作りのギャップがほとんど無いというのも特筆ポイントです。
 

名機GH5の性能をブラッシュアップ。動画の自由度を引き上げた正当進化モデル


一部赤のワンポイントがあしらわれていること以外はほぼGH5と同じ。サイズも一緒で重さが2g重くなった程度です。たったそれだけの差で、手ブレ補正は1.5段分強力になり、センサーにARコーティングを施して描写力をアップ。背面液晶の画素数も上がっています。

そのほか、特に動画周りの性能が飛躍的に向上していて、容量の上げた新型バッテリーを採用するだけでなく、USB端子からの給電も可能に。冷却機能の向上や、手軽な無線ライブ配信機能を追加されたりと、もともと持ち合わせていた記録時間無制限な動画機能をより気軽に楽しめるようになっています。
製品

Panasonic LUMIX DC-GH5M2

Panasonic LUMIX DC-GH5

価格新品:189,189円〜
中古:149,800円〜
新品:168,732円〜
中古:86,980円〜
センサーサイズ4/3型Live MOS センサー4/3型Live MOS センサー
有効画素数2,033万画素2,033万画素
連続撮影速度最高約12.0コマ/秒最高約12.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正
防塵・防滴
撮影可能枚数410枚400枚
重量647g645g
発売年月2021年06月2017年03月
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • 機動性と画質のバランスの良さ
  • 静止画の画質はGH5よりも良い印象、特に暗所
  • GH5から継承されている操作性でとても使いやすい
  • バッテリーの保ちの良さを実感。G9と併用できるのも良い
  • 炎天下でも熱停止するイメージのない信頼性
GH5のいいところをさらに引き上げた性能で、好感を持っている意見が多数。特にバッテリー容量の向上とUSB給電の採用を評価している人が多かったです。


■ ネガティブレビュー
  • ほかのPanasonicの機種に比べてシャッターが重め
  • MFT規格にしては大きくて重い
  • スナップ目的だと手に余るボリュームと機能
  • 初期価格は安いが、そのぶんコストカットがわかってしまう仕様
  • AFの挙動がイマイチ
主に静止画重視な人から、モノも性能も手に余るカメラという意見が多いですね。また、シリーズを通してAFの弱さが指摘されている印象です。
 

まとめ


すでにGH6がリリースされていますが、多くのユーザーから今もなお支持を受けているGH5の良さを削ぐことなくブラッシュアップしたGH5M2は今でも充分選択肢に入るカメラです。

上質な静止画機能とともに一線級の動画機能も欲しい、それを使って動画による自己表現に挑戦したいという方はぜひ注目してみてください!
レンズマウント
レンズマウントマイクロフォーサーズマウント
撮像素子
センサーサイズ4/3型Live MOS センサー
有効画素数2,033万画素
ダスト低減機能
映像エンジンヴィーナスエンジン
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード

スロット数

ダブルスロット
SDカード×2

記録画素数

[4:3]設定時:
5184×3888(L)、3712×2784(M)、2624×1968 (S)、4992×3744 (6K PHOTO)、3328×2496(4K PHOTO)

画像ファイル

JPEG/RAW

動画
4K対応
記録サイズ

4992 × 3744(4:3 アナモ6K):30p
4096 × 2160(C4K):60p
3840 × 2160(4K):60p

記録形式

MOV/MP4

ライブビュー
フォーカス映像検出によるTTL方式(コントラストAF)、[AFS] / [AFC] / [MF]
シャッター
シャッター速度1/16000~60秒
連続撮影速度最高約12.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数1728分割測光、マルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光 / ハイライト重点測光
ISO感度200〜25,600
AF
測距点最大225点
ファインダー
視野率100%
倍率約1.52倍
ストロボ
内蔵ストロボ-
液晶モニター
サイズ3型(インチ) 184万ドット
可動式フリーアングル
I/F
インターフェース

USB3.1 Type C、HDMI

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC-
Bluetooth
防塵・防滴
防塵・防滴
手ブレ
手ブレ補正機構
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

410枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

410枚

動画撮影可能時間

[モニター時]
約140分(DC-GH5M2M付属レンズH-FS12060使用時、MP4(FHD/60p)、SDメモリーカード使用)

USB充電
使用電池バッテリーパック(付属、7.2V)
サイズ・重量
サイズ約138.5mm(W)×98.1mm(H)×87.4m(D)
重量647g
発売日
発売日2021年06月25日