HOMEミラーレス一眼Panasonic LUMIX DC-G100
Panasonic LUMIX DC-G100

Panasonic LUMIX DC-G100

Panasonicのマイクロフォーサーズ(以下MFT)規格より、LUMIX DC-G100を紹介します。本機は、近年の注目ジャンルである「Vlog機」としての側面も持つエントリーモデルとして2020年にリリースされました。動画のみならず、スチール機としても理にかなった仕様となっているので、合わせて解説していきましょう。

ミラーレス一眼 / Panasonic / エントリー
新品:
69,980円〜(128)
中古:
61,800円〜(33)

贅沢仕様な小型軽量入門モデル

Panasonic LUMIX DC-G100 / LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 II ASPH.
出典:instagram(@msm11_2)
Panasonic LUMIX DC-G100 / LEICA DG SUMMILUX 25mm / F1.4 II ASPH.
出典:instagram(@msm11_2)
Panasonic LUMIX DC-G100 / LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.
出典:instagram(@msm11_2)
Panasonic LUMIX DC-G100 / LEICA DG SUMMILUX 9mm / F1.7 ASPH.
出典:instagram(@msm11_2)

Youtubeや、Tik Tokを始めとするSNSをなどで動画が盛り上がるとともに、いつでも誰もが手軽に動画が撮れるVlog機が注目を集めています。

その主役はやはりスマートフォンとなってしまいますが、絶対的な画質の良さ、撮影の幅を広げる機能や拡張性などのアドバンテージとともに各カメラメーカーも参入し、日々しのぎを削っています。

PanasonicがリリースしたLUMIX DC-G100は、スペック面においても強くアピールしているVlog機。Gシリーズの1つとしてセンサーはおなじみのMFT規格となり、画素数はハイエンド機と同じ約2030万画素。画像処理エンジンも当時最新のものを採用しています。

Vlog機として多くの支持を得ているSONY製ZV-E10や、NikonのVlog機を意識したエントリー機Z30がファインダーレスを採用しているところ、G100はエントリー機にも関わらず約368万ドット相当の液晶ディスプレイを搭載。

ファインダーレスの背景としては、Vlog機におけるファインダーの重要性と小型・軽量化を鑑みてのことかもしれませんが、それでもG100はMFT規格の特性を活かして、Z-E10やZ30とほぼ同等のボリュームに抑えられており、動画だけでなく静止画撮影の満足度も高いカメラに仕上がっています。
製品

Panasonic LUMIX DC-G100

SONY VLOGCAM ZV-E10

価格新品:69,980円〜
中古:61,800円〜
新品:73,477円〜
中古:71,800円〜
センサーサイズ4/3型Live MOS センサーAPS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
有効画素数2,030万画素2,420万画素
連続撮影速度最高約10.0コマ/秒最高約11.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正--
防塵・防滴--
撮影可能枚数250枚440枚
重量303g299g
発売年月2020年08月2021年09月
 

ターゲットや用途を見据えた機能。ハイエンド機への架け橋。


動画に定評のあるPanasonicがリリースするVlog機として動画性能の高さに期待が膨らみますが、実際には4K動画は撮れるもののハイエンド機のように自由度高く撮影できるわけではなく、小型にまとまっている分バッテリーの容量も乏しいので長時間の撮影には向きません。

その代わり、多彩な動画機能が搭載されていたり、シンプルな操作性、外付け機材に頼らなくてもクリアーな音声が録音できる「OZO Audio」を採用するなど、動画撮影に知識の無い人でも高品質な動画撮影を楽しみやすい、まさにVlog機を欲するユーザーにとってありがたい仕様にまとまっています。

たとえ録音時間が短くても、長回しをあまりしないVlogには必要充分。もしももっと凝ったことがしたいと思ったのなら、上位機種を視野にいれましょう。そのための機種はPanasonicに多数用意があります。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • グレード相応の質感で不満なし
  • 操作性はよく、レスポンスも良好
  • 携帯性が高いのにファインダー付き。ファインダーも見やすい
  • レンズ交換式で拡張性が高いのに小さくまとまるシステム
  • レンズの選択肢が多い
EVF付きなのに軽量コンパクトであることが高く評価されていました。操作性の評判の高さはG100においても変わらず。


■ ネガティブレビュー
  • 質感が少し安っぽい
  • バッテリーが小さく、給電しながら使えない
  • Micro USBを採用していること
  • ボディ内手ブレ補正がほしかった
動画撮影のレベルが上がると、制限されている性能に不満が出やすくなる模様。小型化の弊害かもしれませんが、Micro USBではなくUSB-Cを採用してほしいという声も多数。
 

まとめ


Panasonic発のVlog機であるLUMIX DC-G100。レンズだけでなく、手持ちグリップやミニ三脚にもなるトライポッドグリップが付属するセットもあるので、商品形態からみても入門機としてオススメです。

また、高画質なEVF付きのエントリー機は貴重なので、静止画撮影がメインの方も要チェック!
レンズマウント
レンズマウントマイクロフォーサーズマウント
撮像素子
センサーサイズ4/3型Live MOS センサー
有効画素数2,030万画素
ダスト低減機能-
映像エンジンヴィーナスエンジン
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード

スロット数

シングルスロット

記録画素数

[4:3]設定時:
5184×3888(L)、3712×2784(M)、2624×1968(S)、3328×2496(4K PHOTO)

画像ファイル

JPEG/RAW

動画
4K対応
記録サイズ

3840 × 2160(4K):30p

記録形式

MP4

ライブビュー
フォーカス映像検出によるTTL方式(コントラストAF)、[AFS(シングル)] / [AFF(フレキシブル)] / [AFC(コンティニュアス)]
シャッター
シャッター速度1/16000~60秒
連続撮影速度最高約10.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数1728分割測光、マルチ測光 / 中央重点測光 / スポット測光
ISO感度200〜25,600
AF
測距点最大49点
ファインダー
視野率100%
倍率約1.46倍
ストロボ
内蔵ストロボ
液晶モニター
サイズ3型(インチ) 184万ドット
可動式フリーアングル
I/F
インターフェース

microUSB2.0、HDMIマイクロ

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC-
Bluetooth
防塵・防滴
防塵・防滴-
手ブレ
手ブレ補正機構-
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

250枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

270枚

動画撮影可能時間

[モニター時]
約80分(DC-G100V・DC-G100K付属レンズ12-32mm使用時、MP4(4K/30p))

USB充電
使用電池バッテリーパック(付属、7.2V)
サイズ・重量
サイズ約115.6mm(W)×82.5mm(H)×54.2mm(D)
重量303g
発売日
発売日2020年08月20日