HOME単焦点レンズNikon NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
Nikon NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S

Nikon NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S

フルサイズ規格において大型で高価格な超望遠単焦点レンズに一石を投じているNikon Zマウント。光学の犠牲は極めて最小限にしながら、軽量かつ比較的安価に仕上げられているNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sに続き、NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR Sをリリースしました。メジャーな焦点距離ということで、これまで以上に貪欲に小型、軽量、安価、高性能を追求しています。詳しく解説していきましょう。

単焦点レンズ / Nikon / 望遠
新品:
410,000円〜(7)
中古:
396,960円〜(1)

マイクロフォーサーズ規格並みに軽快な超望遠単焦点レンズ

Nikon Z 5 / NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
出典:instagram(@keigoon_photo)
Nikon Z 5 / NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
出典:instagram(@keigoon_photo)
Nikon Z 5 / NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
出典:instagram(@keigoon_photo)
Nikon Z 5 / NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S
出典:instagram(@keigoon_photo)

NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR Sのボリューム感としては重さが約1160g(三脚座なし)、全長約234.5mmということで、単なる数字の羅列ではピントこないですが、光学性能を追求した最高峰スペックのNIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sと比べると、重さは約1/3軽く、長さは145.5mm短い。

さらには小型軽量のマイクロフォーサーズ(以下MFT)規格レンズであるM.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PROとほぼ同等、重さに至ってはむしろ若干勝っていると考えたら、焦点距離に多少の差はあるもののかなりコンパクトにまとめられたレンズであることがわかると思います。

ミラーレス機によってカメラ本体は小型化しても結局センサーサイズは変わらないわけですから、ボディに比例してレンズが小さくなることはそうそうないと思われてきました。特にセンサーサイズが大きい規格は顕著で、ボリュームのある超望遠レンズと組み合わせるとサイズの対比でそのことが如実に現れます。

そんな常識を覆すレンズとなっているのがNIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S。MFT並みのボリュームとなれば手持ち撮影も難なく可能ですし、最高レベルのレンズ内手ぶれ補正が搭載されているの安心して挑めます。また単純に軽いだけではなく、カメラ本体側に重心を置いた構造になっているため数字以上に疲れにくく、レンズをコントロールしやすいというメリットもあります。

もちろん防塵・防滴・防汚性能搭載。設けられているボタンも必要最小限の抑えられているので、シーンを選ぶことなく、大いに超望遠レンズを振り回して撮影することができます。また別売りのテレコンバータにも対応しているので、最大800mmまでカバー可能です。
製品

Nikon NIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S

Nikon NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR S

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

価格新品:410,000円〜
中古:396,960円〜
新品:372,521円〜
中古:234,000円〜
焦点距離400mm400mm(内蔵テレコンバーター使用時:560mm)300mm(35mm判換算:600mm相当)
F値F4.5〜32.0F2.8〜22.0F4.0〜22.0
最短撮影距離250.0cm250.0cm140.0cm
絞り羽根枚数9枚9枚9枚
手ブレ補正
防塵
防滴
重量1,160g2,950g1,270g
発売年月2022年07月2022年02月2016年02月
 

描写性能も高いレベルで両立したS-Lineシリーズの1本


通常、小型化を追求すればそれだけ光学性能が犠牲になるものですが、開放値はF4.5に留まり、高い描写性能を約束したS-Lineレンズの一角を担っています。これにはいくつか要因があるようですが、最小限のボリュームで最大限の光学性能を発揮する構成にしたのが一番の理由のようです。

そのおかげか、同コンセプトのNIKKOR Z 800mm f/6.3 VR Sには採用されていたPFレンズを使うことなく小型軽量化を実現。PFレンズならではのフレアが起こらないのは、夜間のレース車や飛行機などの撮影を生業にしている人には朗報といえるのではないでしょうか。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • 散歩のお供にもできるくらい小型軽量
  • コントロールリングが操作しやすい抵抗感
  • 写りの良さを実感できる
  • テレコンバーターとの組み合わせても画質の劣化を感じない
軽さと小ささに驚く人が多いです。大口径標準単焦点レンズよりも軽いかもと評価する人も。


■ ネガティブレビュー
  • ボケ味にちょっとクセを感じる
  • テレコンバーターと組み合わせると重心がかわるので注意
  • AFが若干遅いかも?
  • もう少し寄れたらよかった
最短距離がNIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sと同じ。F値が暗いぶんのアドバンテージとして最短距離が短いとなお良かったかもしれません。
 

まとめ


フルサイズ規格では最高峰に軽快な超望遠単焦点レンズのNIKKOR Z 400mm f/4.5 VR S。ボリュームをメインにお届けしましたが、価格面もかなり抑えられています。NIKKOR Z 400mm f/2.8 TC VR Sがおよそ200万円のところ、こちらはおよそ50万円。決して安価ではないですが、比較的現実味のある数字だと思います。

単焦点レンズならではの写りの良さとともに、超望遠の世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?
基本仕様
対応マウントNikon Zマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成13群19枚
絞り羽根枚数9枚
焦点距離

400mm

最短撮影距離250.0cm
最大撮影倍率0.16倍
開放F値F4.5〜32.0
画角6.1度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ104x234.5mm
重量1,160g
フィルター径95mm
発売日
発売日2022年07月15日