HOME単焦点レンズVoigtlander MACRO APO-ULTRON 35mm F2 [フジフイルムX用]
Voigtlander MACRO APO-ULTRON 35mm F2 [フジフイルムX用]

Voigtlander MACRO APO-ULTRON 35mm F2 [フジフイルムX用]

COSINAが手がける「Voigtlander」(フォクトレンダー)ブランドより、FUJIFILM Xマウントに対応したMACRO APO-ULTRON 35mm F2を紹介します。35mm換算で52mmという標準域単焦点レンズということで、常用レンズ候補に上がる1本。混同しがちなVoigtlanderのレンズ銘に触れながら解説します。

単焦点レンズ / COSINA / 標準
新品:
86,400円〜(14)
中古:
81,800円〜(5)

実直な写りに磨きがかかる色収差を抑えたAPO-ULTRON


NOCTON、SKOPAR、ULTRON、APO LANTHARなどさまざまな銘のレンズが展開されているVoigtlander。その違いはレンズの明るさや、レンズ構成などで分けられています。

NOCTONはNikonのNoctやLeicaのNoctiluxから察せるように、F値が明るいレンズにつけられていて、ULTRONはそれよりも少し暗いF2前後のレンズに位置付けられています。

SKOPARやAPO LANTHARもULTRONと同じようなF値だったりするものの、そこはレンズ構成の違いで分けられています。Ultronはダブルガウス型。かつての単焦点レンズのほとんどがそれだったといっても差し支えないほどにポピュラーなレンズ構成を採用しています。

無理のないF値というのもあるのか、写りはひたすらに実直です。ネガティブに捉えるなら特徴がないとも言えますが、開放と絞り込んだもので大きく変化しないのは単純に扱いやすく、絵づくりをきっちりコントロールしたい人にとって最適なレンズでしょう。

加えて色収差の抑制のためにアポクロマート設計が施されています。癖なくしっかり写すULTRON最大の特徴をさらに突き詰めた仕様に仕上がっているのもポイントです。
 

寄れる標準レンズという選択肢


Xマウントには全く同じ規格でXF35mmF2 R WRという純正レンズが存在します。レンジファインダースタイルのX-proやX-Eシリーズにマッチする軽量・コンパクトで写りも良く、加えてAFの駆動がとても速いという優れものです。そのレンズにもしも付け入る隙があるとしたら、最短撮影距離でしょうか。

XF35mmF2 R WRは最短約35cm。35mm換算52mmのレンズとしては充分許容範囲です。ただし、MACRO APO-ULTRON 35mm F2はそれを凌駕する約16cm、倍率0.5倍というハーフマクロ並みの近接撮影が可能です。

Xマウント専用設計で電子接点も有しているので、ボディ内手ぶれ補正やマニュアルフォーカスの補助機能、パララックス補正にも対応。存分に近接撮影が可能です。

XF35mmF2 R WRよりも重くて大きいですが、微々たる差。MFレンズらしい高品質な作りで、趣味性の高いX-proシリーズなどとの組み合わせも違和感なくマッチしそうです。
製品

Voigtlander MACRO APO-ULTRON 35mm F2 [フジフイルムX用]

FUJIFILM XF35mmF2 R WR

価格新品:86,400円〜
中古:81,800円〜
新品:13,497円〜
中古:32,800円〜
焦点距離35mm(35mm判換算:52.5mm)35mm(35mm判換算:53mm相当)
F値F2.0〜22.0F2.0〜16.0
最短撮影距離16.3cm35.0cm
絞り羽根枚数10枚9枚
手ブレ補正--
防塵-
防滴-
重量265g170g
発売年月2022年08月2015年11月
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • ピントリングの駆動の質感が良く扱いやすい
  • とにかく寄れる
  • 寄りも遠景も解像力に変化がない
  • FUJIFILM製カメラにマッチしたデザイン
  • 死角のない撮影が行えて快適
コンパクトなのにアポクロマート設計が施されていてよく写るレンズという感想が多数。メーカーサイトの作例からも充分感じ取れます。


■ ネガティブレビュー
  • 最短&開放での写りには少々クセがある
  • 防塵防滴ではない
  • 純正レンズよりも値段が高い
ギリギリのセッティングだと多少クセが出る模様。純正レンズよりも少々価格はしますが、写りや品質を考えると許容範囲と言って良いかもしれません。
 

まとめ


ハーフマクロ撮影も行えるという純正レンズにはないスペックのMACRO APO-ULTRON 35mm F2。アポクロマート設計によって写りの良さにも拍車がかかっています。ネオクラシックスタイルのデザインが多いFUJIFILMのカメラにも馴染みやすいフォルムをしているのも、常用レンズにしたくなる要素といえます。

写りと質感の良いMFレンズとともに写真趣味を充実させてみてはいかがですか。
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Xマウント
フォーカスMF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成6群9枚
絞り羽根枚数10枚
焦点距離

35mm(35mm判換算:52.5mm)

最短撮影距離16.3cm
最大撮影倍率0.5倍
開放F値F2.0〜22.0
画角42.8度
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ60.7x54.8mm
重量265g
フィルター径49mm
発売日
発売日2022年08月08日