Canon EOS-1V

Canon EOS-1V

Canonフィルムカメラの集大成と言われる EOS-1V。プロ仕様のフラッグシップ機として誕生したEOS-1Vは、計算しつくされた使いやすいデザインと性能の高さからプロアマ問わず人気にカメラです。今回は、そんなEOS 1vの特徴や中古価格、作例などをご紹介いたします。

フィルム一眼レフ / Canon / AF機
新品:
79,800円〜(2)
中古:
51,000円〜(86)

まさにフィルム一眼レフの最終系


2018年に惜しまれつつも販売終了したCanon EOS -1V。ここでは、性能の詳細やマウントについて紹介します。

Canon EOS-1V(High Speedグリップ装着)の外観
出典:flickr(@CC-BY Missbutterfly)

Canon EOS-1V
出典:flickr(@::ErWin)

Canon EOS-1V / TAMRON SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD G2
出典:flickr(@:ErWin)

Canon EOS-1V
出典:flickr(@acollins973)

Canon EOS-1V
出典:flickr(@Alex Toderita)

1.フィルムカメラの究極系

プロのために作られたEOS-1Vは、堅牢なボディと高い性能からフィルムカメラの究極系とも称されています。

ボディは防塵防滴仕様で過酷な状況下でも正常に稼働する堅牢な造りになっており、操作系などのボタンはどんな瞬間も逃さないように設計されていて扱いやすく、全体的なデザインも大きいながらも手にフィットするように造られています。

性能面では、高速AFと呼ばれる機能がフレーム内の45カ所の距離を素早く計測し、ピントを自動で調整してくれます。また、パワードライブブースターを装着することによって最速1秒間に10コマ撮影という高速連写も可能になります。
 
2.EFマウント

Canonデジタル一眼と同じEFマウントが採用されたEOS 1vは、最新のレンズと組み合わせて楽しむことができます。最新のレンズを使用することで、35mmフィルムとは思えないほどに高い解像度の写真を撮ることができます。例えば、EOS 1vとSIGMA ARTなどの最新のレンズとの組み合わせることで、まるで中判カメラのような解像度を得ることができます。
 
3.多彩な測光モードとAE

測光モードとAEモードの種類の多さが多いのも魅力の一つです。測光モードは、8種類搭載されており、中央部スポット測光などのメジャーな測光から21分割評価測光などのプロ向けの測光モードが選べます。細かくエリア分けして光を測定するので、隅々まで微妙な変化を逃しません。

また、測光で得られた情報を元に、自動的に露出を決めてくれるAEモードは9種類とこちらも豊富に揃っています。シャッタースピード優先や背景のボケ具合を基準に調整してくれる深度優先モードなどがあるので、自分の表現に合わせてカメラモードをカスタマイズすることができます。
 
4.中古市場

近年注目されているモデルですので、中古価格は上昇しています。オンラインショップでは50,000円~90,000円の間で取り引きされています。プロ仕様モデルなので、稀に使いこまれているものが流通しているので、できる限り状態の良いものを選んで購入することをおすすめします。2025年まではCanonで修理を受け付けているので、多少の傷であれば問題ありません。

EOS-1Vはリチウム電池2CR5が1個必要ですので、電池も一緒に準備しましょう。バッテリーパックを使用すれば、単三4本でも稼働します。EOS-1V“HS”と記載されているものは、パワードライブブースターがセットで販売されているものですが、ボディのみと場合とあまり変わらず、同じ価格帯で取り引きされています。パワードライブを使う際は、ボディとは別に電池が必要になるので注意が必要です。


Canon EOS 1vを楽しむシチュエーション


防塵防滴仕様なので、ぜひ屋外でどんどん楽しんでいただきたいカメラです。高性能なAFや連写機能も充実しているので、子どもの運動会など動きの激しい場面でもきれいな写真に仕上げてくれます。また、最新のレンズと組み合わせて、山頂などの大自然を高い解像度で切り取るのも面白いかと思います。

Canon EOS-1V
出典:flickr(@acollins973)
濃厚な色彩がガツンとくる一枚。クリアな光の美しさが伝わります。

Canon EOS-1V
出典:flickr(@uffizi.chu)
高いAF精度を活用した一枚。被写体と背景のピントのメリハリが心地よい作品です。

Canon EOS-1V
出典:flickr(@J.D. Page)
フィルムらしい粒子感を感じる作品。パスタやトマトなどのただの台所を絶妙なボケでアーティスティックに切り取っています。


ネット上のユーザーレビュー


ボディのデザインは手に馴染みやすく、ボタンなど操作系の配置が良く計算されているので、決定的瞬間にも対応できるという意見が多かったです。また、さまざまな機能が搭載されているので、やりたい表現を最大限アシストしてくれるとの声もありました。
 

まとめ


Canonの技術が全て詰め込まれた、究極のフィルム一眼レフカメラEOS-1V。2018年に製造終了してからも人気が落ちることはなく、中古価格が上昇中のカメラです。高速AFや連写、多彩な測光・AEモードがアシストしてくれるので、決定的瞬間も逃すことなく、思い通りの表現を楽しむことができます。

また、EFマウントのデジタル一眼のレンズも使用できるので、さまざまな組み合わせを楽しめるところも特徴の一つです。少々大きなボディではありますが、操作系も計算されて配置されているので、初心者でも扱いやすいカメラです。

ぜひ、Canonが極めたフィルムカメラで、自分の世界を表現してみてはいかがでしょうか。
レンズマウント
型式

モータードライブ内蔵フォーカルプレーンシャッター式35mm 一眼レフレックスAF・AEカメラ

レンズマウントCanon EFマウント
ファインダー
視野率100%
倍率約0.72倍
ミラークイックリターン式全面ハーフミラー
露出制御
測光方式21分割SPC使用・TTL開放測光
測光範囲

EV0〜20

露出モード/撮影モード

(1)プログラムAE(シフト可)
(2)シャッター優先AE
(3)絞り優先AE
(4)深度優先AE(シフト不可)
(5)E-TTLプログラムストロボAE
(6)A-TTLプログラムストロボAE
(7)TTLプログラムストロボAE
(8)マニュアル露出
(9)バルブ

ISO感度

6〜6400

多重露光
シャッター
シャッター速度1/8000~30秒
巻き上げ・連写速度最高約3.5コマ/秒
レリーズ機能
セルフタイマー
AF
AF方式CMOSセンサーによるTTL-AREA-SIR方式
測距点45点
電源
使用電池リチウム電池2CR5×1個
サイズ・重量
サイズ161×120.8×70.8mm
重量945g
発売日
発売日2000年03月01日