FUJIFILM X-T2

FUJIFILM X-T2

FUJIFILMを代表する中級機として、ロングセラーとなっているX-T2。実用至上主義をかかげ操作性にこだわっており、ファインダーを覗きながら好みの雰囲気に設定しやすくなっています。そんなX-T2の特徴や魅力、口コミを余すとこなくご紹介します。X-T3が登場したものの根強い人気を持つ機種なので、ぜひ参考にしてみてください。

ミラーレス一眼 / FUJIFILM / ハイアマチュア
新品:
59,800円〜(48)
中古:
52,980円〜(106)

シーンを選ばない操作性の良さと高画質が魅力


FUJIFILMはミラーレス一眼の製造、販売にいち早く乗り出したブランドです。根強いファンが多く、プロアマ問わず絶大な支持を得ています。

その理由は、主に2つあります。
1つ目は、国産フィルムメーカーとして培ってきた知識を惜しみなく注ぎ込んだ優れた色彩表現。特に赤・青・緑という写真の仕上がりを大きく左右する原色の発色が鮮やかで、撮って出しの写真でもきれいだと息を呑んでしまうほど。また、モノクロの美しさにも定評があり、絶妙なコントラストやトーンは加工でも表現できません。
2つ目は、愛用したくなる上質なデザインです。重厚感のあるフォルムにおしゃれなデザインは、男女問わず厚い指示を集めています。デザインとともに操作性、携帯のしやすさにもこだわっているので、扱いやすくなっています。

そんな富士フィルムのミラーレス一眼の歴史は2012年に発売されたX-Pro1から始まり2014年には、新たな上位機種X-T1が登場!その第二世代として2016年に発売されたのがX-T2です。どのようなシーンにも寄り添う操作性の良さと高画質が注目を集め、発売から3年が経過した今もなお人気が衰えることがありません。


主な特徴


1.鮮やかな画質を実現する「TransCMOSIII」を搭載

FUJIFILM X-T2 / XF16mmF1.4 R WR
出典:flickr(@soomness)

フラッグシップモデルである「X-pro2」と変わらない最高有効画素数2430万画素のAPS-Cセンサー「TransCMOS III」を搭載しています。前機よりグレードアップしたセンサーはより鮮明な描写が可能となり、環境に左右されることなく撮影が楽しめるところが特徴。画像処理エンジンにも、前機の4倍もの画像処理速度を持つ「X-Processor Pro」を採用しているため、シャッターのタイムラグを減らして快適な操作性を実現しています。

2.一瞬を逃さないAF機能の向上  

ここぞという瞬間を逃さないためにAFの精度は0.06秒まで向上しており、ポートレートからスポーツ撮影まで幅広く使えます。
また、AF-Cを選択したときの動体追従性能もレベルアップ。どのような被写体の動きも捉えるため「被写体保持特性」「速度変化特性」「ゾーンエリア特性」の3つを細かく設定できます

他にも、被写体にピントが合わせやすくなる「瞳AF」など、快適な撮影をサポートしてくれる機能が詰まっています。さらに、操作性のしやすさを追求し実用至上主義のダイヤル配置となっているため、ファインダーを覗きながら感覚的にシャッタースピードやISO感度、露出補正を操作することが可能です。

FUJIFILM X-T2 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
出典:flickr(@Johan Neven)

3.重厚感のあるデザインも人気

X-T2は質感にこだわっており、重厚感があり手に馴染むデザインとなっています。トップカバーは丈夫なマグネシウム製で、本体の塗装と焼き付けは三重構造になっているため、簡単に塗装が剥がれることがありません。ヘビーユースにも耐えられるよう、防塵、防滴、低体温仕様にもなっています。

また、揺るがない品質を保障する「MADE IN JAPAN」の刻印も、FUJIFILMユーザーから支持を集める理由です。

X-T2の外観
出典:flickr(@Markus Kniebes)

4.多彩な色彩表現ができる

FUJIFILMがフィルム製造で培ってきた多彩な色彩表現が取り入れられる「フィルムシミュレーション」により、シーンに合わせて最適な色合いで撮影することができます。

カラーだけでなく、モノクロやセピアも用意されておりファインダーを覗きながら雰囲気を確認できるため、より撮影が楽しくなるはずです。

FUJIFILM X-T2 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
出典:flickr(@Timothy Neesam)

5.4K動画にも対応

写真撮影と共に動画も楽しみたい人に嬉しい、4K動画にも対応しています。入力(5,120 x 2,880)、出力(3,840 x 2,160)ともに高画質になっており、FUJIFILMならではの鮮やかな描写をそのまま動画にも活かすことが可能。フィルムシミュレーションにも対応しているため、好みの雰囲気を取り入れながら撮影ができます。


他製品との比較・違い(X-T3、X-E3)


X-T2を購入するときに迷うのが、後継機として2018年9月に発売された「X-T3」やよりコンパクトとなった「X-E3」ではないでしょうか。ここではどのような違いがあるのか、簡単に説明します。

【X-T3】
  •  サイズやデザイン、大きさはどちらもほぼ変わらない。
  •  X-T3には第4世代のセンサー「X-Trans CMOS4」を搭載し画素数が2610万画素までアップしている。高画質を求めるなら、X-T3。
  •  X-T3の登場によりX-T2の価格が下がってきているため、コスト重視ならX-T2がおすすめ。
  •  X-T3にはX-T2にないタッチパネルやBluetooth機能が備わっているため、利便性を求めるならX-T3。
  •  どちらも4K動画に対応しているが、X-T3では60p 10bitまでパワーアップしている。
 
 【X-E3】
  •  X-E3とX-T2はどちらも「TransCMOS III」を搭載しているため、画質に大差はない。
  •  X-E3(121.3mm×73.9mm×42.7mm 287g)は手軽に使えるスナップカメラを意識しておりX-T2(132.5mm×91.8mm×49.2mm 457g)より軽量コンパクトなので、携帯しやすさを重視したいならX-E3。
  •  X-E3はタッチパネルとBluetoothを搭載しているため、より新しい機能が欲しい場合はX-E3。
  •  どちらも4K動画対応なので、動画を楽しみたい場合にも使える。
  •  画素数やセンサーは分からないがX-T2の方が価格が安いため、コスパ重視の人におすすめ。 

このように、X-T2と比較してみるとそれぞれ少しずつ性能の違いがあります。重視したいポイントに合わせて、選んでみてください。 


おすすめの対応レンズ


X-T2が対応しているXマウントレンズは富士フィルムの高い技術が凝縮されているため、どのレンズを選んでも高い描写力が楽しめます。X-T2ボディ本体の中古相場が下がってきているので、機種購入代を抑え気になるレンズを購入してみるのもおすすめです。

レンズキットには、標準ズームレンズの「XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS」がセットになっています。幅広い画角を網羅できるので、スナップからポートレート、スポーツ撮影まで対応が可能。初めてミラーレス一眼を使う人にもおすすめです。

ボケ感や立体感を楽しみたいなら、単焦点レンズを選んでみましょう。高い描写力が好評な「XF35mmF1.4 R」やポートレートレンズとして人気の「XF56mmF1.2 R」広角なら「XF23mmF1.4 R」など、撮影したいシーンに合わせてバリエーション豊富に揃っています。作例を参考に、ぜひ気になるレンズを見つけてみてください。


作例紹介


・XF16mmF1.4 WR
FUJIFILM X-T2 / XF16mmF1.4 R WR
出典:flickr(@soomness)
広角レンズならではの、奥行きと広がりが感じられる1枚。繊細なラインや模様まで鮮明に写し出されているところに、描写力の高さが感じられます。

FUJIFILM X-T2 / XF16mmF1.4 R WR
出典:flickr(@soomness)
風景と建物のどちらもしっかりと捉え、印象に残る1枚に。湖面に反射している景色まで逃すことなく撮影できます。

・XF35mmF1.4 R
FUJIFILM X-T2 / XF35mmF1.4 R
出典:flickr(@Kristoffer Trolle)
単焦点レンズならではのボケ感を生かし、被写体を引き立てています。鮮やかな色彩が何気ないシーンもドラマチックに演出してくれます。

・XF56mmF1.2 R

FUJIFILM X-T2 / XF56mmF1.2 R
出典:flickr(@YangChen(TW))
ポートレートレンズと言われるだけあり、背景のボケ感、被写体の立体感は秀逸。X-T2と組み合わせることで、より鮮明な描写が叶います。

・XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
FUJIFILM X-T2 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
出典:flickr(@Johan Neven)
標準ズームレンズでもこれだけの描写力があるところに、フジノンレンズの性能のよさが感じられます。

FUJIFILM X-T2 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS
出典:flickr(@fleetingpix)
XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS コントラストが美しいスナップ写真。FUJIFILMの強みであるモノクロでの表現力が感じられる1枚です。


ネット上のレビュー


X-T2の口コミを見てみると「操作しやすく感覚的に写真が撮影できるので、写真を撮ることが楽しくなる」「デザインもおしゃれで高性能なので愛着が湧き、本当に長く使えるモデルだと思う」など、使いやすさや性能を評価する声が目立ちます。

一方で、「タッチパネルが使えたらもっとよかった」「操作に慣れるまでに時間がかかった」という声も。いずれにしても、性能の高さや使いやすさは高く評価されているようです。


まとめ


まだまだ人気が衰えないX-T2の特徴や作例、口コミをまとめてご紹介しました。富士フィルムの技術を惜しみなく注いだ名機で、操作性やデザイン性、描写力どれをとっても劣りません。新機種が発表されたため価格が下がり、今こそ狙いどき。初めてのミラーレス一眼として、サブ機として、長く愛用できる一台としてぜひ検討してみてください。
レンズマウント
レンズマウントFUJIFILM Xマウント
撮像素子
センサーサイズAPS-C(23.5mm×15.6mm)
有効画素数2,430万画素
ダスト低減機能
映像エンジンX-Processor Pro
画像記録
記録媒体

SDカード
SDHCカード
SDXCカード

スロット数

ダブルスロット
SDカード×2

記録画素数

[L]:<3:2>6000×4000 / <16:9>6000×3376 / <1:1>4000×4000
[M]:<3:2>4240×2832 / <16:9>4240×2384 / <1:1>2832×2832
[S]:<3:2>3008×2000 / <16:9>3008×1688 / <1:1>2000×2000

画像ファイル

JPEG/RAW

動画
4K対応
記録サイズ

4K(3840x2160):29.97p
Full HD(1920×1080):59.94p
HD(1280×720):59.94p

記録形式

MOV

ライブビュー
フォーカスインテリジェントハイブリッドAF(TTLコントラストAF/位相差AF)
シャッター
シャッター速度1/32000秒~15分
連続撮影速度最高約14.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数TTL256分割測光 マルチ/スポット/アベレージ/中央重点
ISO感度100〜51,200
AF
測距点
ファインダー
視野率100%
倍率約0.77倍
ストロボ
内蔵ストロボ-
液晶モニター
サイズ3インチ 104万ドット
可動式チルト式液晶
I/F
インターフェース

マイクロUSB3.0、HDMIマイクロ

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC-
Bluetooth-
防塵・防滴
防塵・防滴
手ブレ
手ブレ補正機構-
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

330枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

340枚

動画撮影可能時間

4K:約50分、FULL HD:約80分
※顔検出OFF時

USB充電
使用電池充電式バッテリーNP-W126S
サイズ・重量
サイズ(幅)132.5mm×(高さ)91.8mm×(奥行き)49.2mm
重量457g
発売日
発売日2016年09月08日