HOME単焦点レンズFUJIFILM XF90mmF2 R LM WR
FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR

FUJIFILM XF90mmF2 R LM WR

種類が豊富なフジノンレンズの中で、望遠単焦点レンズと言えば「XF90mmF2 R LM WR」ではないでしょうか。美しいボケ感と立体感のある描写に定評があり、ポートレートレンズとしても人気です。今回は、XF90mmF2 R LM WRの魅力や作例、レビューをまとめてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください。

単焦点レンズ / FUJIFILM / 望遠
新品:
103,048円〜(114)
中古:
74,910円〜(18)

使い勝手の良いコンパクトさが愛される望遠レンズ


フジフィルムならではの鮮やかな描を支えているフジノンレンズ。幅広いラインナップが揃っており、撮りたい写真に合わせて取捨選択できます。
2015年に発売した「XF90mmF2 R LM WR」は、望遠単焦点レンズとしてロングセラーとなっている1本。XF90mmF2 R LM WRならではの魅力は、次の3つです。

FUJIFILM X-H1 / XF90mmF2 R LM WR


1.望遠レンズにもかかわらず使いやすいサイズ

望遠単焦点レンズや望遠ズームレンズはどうしても大型になってしまうものですが、XF90mmF2 R LM WRは540gの軽さに携帯しやすい直径75×105mmとなっています。他の単焦点レンズに比べれば少し重いですが、8群11枚のレンズをコンパクトにまとめるために高い技術を駆使しているところがポイント。X-pro3やX-H1などの上位機種との相性もよく、重厚感のあるかっこいいフォルムに仕上がります。

また、防塵・防滴、−10℃の耐低温構造なので、過酷な状況下でヘビーユースすることも可能です。

2.最速0.14秒の高速AFを搭載

望遠レンズになればなるほど、なかなかピントが合わす困ってしまう経験をしたことがある人は多いはず。XF90mmF2 R LM WRは大口径レンズユニットをストレスなく動かせるクアッド・リニアモーターを搭載しています。そのため、静音で高速なAFが可能に。最速0.14秒というスピードで被写体の些細な変化を逃しません。

3.美しいボケ感とシャープな描写力

XF90mmF2 R LM WRは35mm換算で137mm相当の望遠レンズです。視野では捉えにくい被写体をグッと近寄せ、迫力がある描写ができます。スポーツ撮影やポートレートなども適度な距離感が持てるため、広角レンズや標準レンズでは撮影できない構図にチャレンジできるでしょう。

また、円形絞り羽根を採用しているので画面中心はもちろん、周辺部まで円形をキープしたボケ感が生まれるところも魅力的。柔らかさとシャープさの両方を兼ね備えた描写力は評価が高く、愛用者が多い単焦点レンズです。


この製品を楽しむシチュエーション


XF90mmF2 R LM WRは望遠単焦点レンズなので、鳥や飛行機、星空などを遠くから狙ったり肉眼では確認できない風景を切り取ったりすることができます。開放F値2という明るさとボケ感が美しいため、ポートレートレンズとしても定評があり被写体と程よい距離を保ちながらここぞという瞬間を捉えることが可能。

また、高速AFを活かせばスポーツ撮影などの動きが速く一瞬を逃したくないシーンでも安心して使えます。

FUJIFILM X-T1 / XF90mmF2 R LM WR
出典:flickr(@YangChen(TW))
空気感まで伝わってくる魅力的なポートレート。光や被写体の輪郭をしっかり捉えているのが分かります。

FUJIFILM X-T20 / XF90mmF2 R LM WR
前ボケと後ろボケを上手に生かして、立体感のある構図に。奥行きのある描写ができるのも望遠レンズならではです。

FUJIFILM X-T3 / XF90mmF2 R LM WR
フジフィルムならではの鮮やかな発色が絵になる1枚。望遠レンズだからこそ、なかなか近寄れない動物も細部まで鮮明に撮影できますよね。

FUJIFILM X-T20 / XF90mmF2 R LM WR
XF90mmF2 R LM WRの美しい玉ボケが表現されています。単焦点レンズならではのボケ感が堪能できますよ。


併せて検討したいレンズ(XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro)


XF90mmF2 R LM WRを検討するときに気になるのが同じくらいの画角となる「XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro」ではないでしょうか?ここでは、両者の違いを簡単にご紹介します。

FUJIFILM X-T2 / XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macro
出典:flickr(@Ernesto Andrade)

  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroには手ブレ補正機能を搭載しているので、手ぶれが気になる人におすすめ。
  • どちらのレンズも防塵防滴、耐低体温仕様となっている。
  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは重量750g(直径80×130mm)なので、携帯のしやすさを考えるならXF90mmF2 R LM WR。
  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは、最短撮影距離が0.25mで繊細で高画質なマクロ撮影が可能。
  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは別売りのテレコンバーターに対応しているため、距離感を変えて楽しめる。
  • XF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroは35mm換算で122mm、XF90mmF2 R LM WRは35mm換算で137mmなので距離感が少し異なる。
  • どちらも高速AFを取り入れているため、ピント合わせしやすい。
  • XF90mmF2 R LM WRの新品とXF80mmF2.8 R LM OIS WR Macroの中古が同価格帯となっている。

このように、必要とする用途、価格によってどちらを選ぶべきか異なります。35mm換算にすると画角にも差があるため、使いやすいほうを選んでみてください。 


ネット上のユーザーレビュー


XF90mmF2 R LM WRのレビューを見てみると「描写力が高く映し出す世界に圧倒されてしまう」「望遠レンズにしては扱いやすく、日常的に使いやすい」という声が目立ちます。一方で、「もう少し近距離まで撮影できるようになると嬉しい」「ボディの種類によっては、重さや大きさが気になる」という声も。

いずれにしても、高い描写力は実際に使用したユーザーから高評価を得ているようです。
 

まとめ


XF90mmF2 R LM WRは、望遠単焦点レンズならではの美しいボケ感とシャープな描写力が魅力的なレンズです。高速AFや防塵防滴仕様が備わっている高性能なところもポイントで、風景撮影やスポーツ撮影、ポートレートなど幅広く使えます。

使い勝手がいい望遠レンズを探している人や描写力にこだわった単焦点レンズが欲しい人は、ぜひ検討してみてください。
基本仕様
対応マウントFUJIFILM Xマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用-
レンズ構成8群11枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

90mm(35mm判換算:137mm相当)

最短撮影距離60.0cm
最大撮影倍率0.2倍
開放F値F2.0〜16.0
画角17.9
手ブレ補正機構-
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さø75x105mm
重量540g
フィルター径62mm
発売日
発売日2015年07月16日