HOME単焦点レンズNikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

Nikon AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G

ズームレンズにひと通り慣れてきたら、初めての単焦点レンズとして最初に候補に挙がるのが35mmレンズ。AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gはやわらかなボケ味とキリッとシャープな表現の両方が可能でありながら、コンパクトで軽くAPS-Cボディにぴったりのレンズです。他の2つのレンズと比較しながら作例と共に紹介します。

単焦点レンズ / Nikon / 広角
新品:
19,500円〜(39)
中古:
11,000円〜(51)

ズームレンズからステップアップして写真を表現する楽しさを知る


単焦点レンズを選ぶ理由

APS-Cの利点はフルサイズよりも重すぎず、手軽に本格的な写真撮影を楽しめること。ただボケ量がフルサイズよりも少ないのでそれまでズームレンズを使っていて表現力に物足りなさを感じ始めたら、単焦点レンズを選ぶのに最適のタイミングです。
 
単焦点レンズはファインダーをのぞいた瞬間にズームレンズとの違いがわかります。その明るさとボケ量の多さに驚き、表現の幅が広がることを実感するはずです。自分の足で動いで被写体までの距離を決めて撮っていくため、写真の腕も上がり撮る人の個性を引き出してくれます。

Nikon D300 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@Andrew Stawarz)

Nikon D7000 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@きうこ)

Nikon D7000 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@きうこ)

APS-Cとフルサイズの違い

APS-Cとフルサイズの違いは細かく分けるといくつかありますが、大きな違いは3つあります。
 
1) 写る範囲が変わる
2) ボケ量が異なる
3) サイズ・重さが異なる
 
例えば同じ位置から同じ被写体を撮影した場合、APS-Cは被写体をより大きく見せるのに対して、フルサイズは写る範囲がより広くなります。
APS-Cはボケ量が少ないことに対してフルサイズはボケ量が多くなります。
またこれらの機能の違いがあるためにフルサイズはずっしりと重いレンズが多いことに対して、APS-C専用レンズはコンパクトで軽いものが多いです。
 
携帯性はAPS-Cの方がいいと言えますが、画質の良さにさらにこだわるのであればフルサイズの方がより画質は良くなります。ゆくゆくはフルサイズで揃えたいとなった時にフルサイズレンズを使っていた場合はどちらでも使えますが、APS-C専用レンズはフルサイズでは使うことはできません。その点は将来的にフルサイズに移行したい場合は迷う点となります。
 
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gを選ぶ理由

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8GはAPS-Cの専用レンズです。35mmはAPS-Cではフルサイズの52.5mmに該当します。
 
50mmは一般的に標準と言われている焦点距離です。余計なものを省く50mmという焦点距離と、被写体そのものを引き立てて背景をボカす単焦点レンズの中でもAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gはコンパクトで軽いことが特徴的です。
 
またAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8GはF値1.8であるために非常に明るく、主要被写体を引き立てて周囲をやわらかなボケ味で表現できることからポートレート撮影にも最適です。
コンパクトで軽いので、ボディにレンズ+レンズフードを取り付けた状態でも邪魔になりません。
 
ポートレートにも街歩きスナップにも最適な単焦点

AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8Gは非常に明るいレンズでありながらコンパクトで軽量のため、ポートレートから町歩きスナップ、星空の撮影など幅広い撮影に適しています。


作例紹介


Nikon D90 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@Bong Grit)

Nikon D300 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@Terry Ozon)

Nikon D40 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@tadekk)

Nikon D5000 / AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8G
出典:flickr(@being0828)


併せて検討したいレンズ

 
  • AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED
  • SIGMA 30mm F1.4 DC HSM|Art
 
全体的にバランスのとれたNIKKOR 35mm f/1.8g ED

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDは 価格帯では高額でもある35mm f/1.4Gに迫る明るさと35mm F2クラスのコンパクトさを併せ持ったバランスの取れたレンズであり、APS-Cでもフルサイズでもどちらでも使用できます(APS-Cで使用する場合は52.5mmに該当します。)。
 
価格はAF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8gの約2倍となりますが、リアリティのある質感が欲しい時や夜景の撮影にも最適のレンズです。重量は305gでありながら25cmまで寄れるため(AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8gは30cmまで)、テーブルフォトにもよく使われます。
 
SIGMA 30mm F/1.4 DG HSM|Art

SIGMA 30mm F/1.4 DG HSM|ArtはSIGMAで唯一のAPS-C専用レンズです。
SIGMAならではのシャープでバッキバキの解像度がありながら質感もあるという表現が可能なだけでなく、F1.4という明るさから写真が楽しいと思わせてくれるレンズです。
 
AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8gに比べると少々重いと感じるかもしれませんが(435g)、外観の質感や重圧感は所有していて良かったと満足させてくれるような高級感があります。
 

ネット上のユーザーレビュー


AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8gユーザーレビューの一部を紹介します。
 
  • D7200で使用しているが200gなので軽くて持ち出しやすい。F1.8が明るくて良くボケるのに、シャープな描写もできて風景撮影にもいい。植物を撮ると前後ボケが自由自在で楽しい。
  • これ以上のレンズは他にもたくさんあるが、コスパを考えると1本持っていて損はないと思う。写りが良くて価格もいい、全てのバランスがいい。
  • AF(オートフォーカス)はあまり早くはない(遅くもない)。逆光に弱くゴーストが入るところが気になるが、値段を考えるとトータルでは文句なし。キットレンズの次に購入するレンズとしてこのレンズ以上にオススメできるレンズはないと思う。
  • 初めての単焦点にチャレンジする最初の1本に買った。軽いので移動が苦にならない。
 

まとめ


「AF-S DX NIKKOR 35mm f/1.8g」は軽くてコンパクトなのでポートレート撮影だけでなく風景(星空)撮影や街角スナップにも最適です。APS-Cのボディにぴったりのサイズ感なので、初めての単焦点レンズにもオススメです。コスパのいいレンズですが中古でも手に入りやすいので、一度手に取り試してみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Fマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成6群8枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

最短撮影距離30.0cm
最大撮影倍率0.16倍
開放F値F1.8〜22.0
画角44度
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ70x52.5mm
重量200g
フィルター径52mm
発売日
発売日2009年03月06日