HOME単焦点レンズSONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F
SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

「FE 50mm F1.8 SEL50F18F」はポートレートにピッタリな画角と開放F値1.8という明るさが魅力の大口径標準単焦点レンズです。そんな「FE 50mm F1.8 SEL50F18F」の特徴や作例、レビューをまとめてご紹介します。初めての単焦点レンズ選びや常用単焦点レンズを探している人は、ぜひチェックしてみてください。

単焦点レンズ / SONY / 標準
新品:
28,891円〜(160)
中古:
22,000円〜(124)

圧倒的に小型で軽量の標準単焦点

SONY α7 II / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@John Brighenti)
SONY α7 / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@John Brighenti)
SONY α7 II / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@John Brighenti)

種類が豊富で撮影シーンに合わせて最適なレンズが選べるSONYのEマウントレンズ。中でも「FE 50mm F1.8 SEL50F18F」はポートレートレンズとも呼ばれており、中望遠域の画角と開放F値1.8という明るさが魅力です。知っておきたい特徴は、次の3つです。
 

1.35mm換算で50mmの大口径標準単焦点レンズ

SONY α6500 / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@Lewin Bormann)

「FE 50mm F1.8」は35mmフルサイズ換算で50mm、センサーサイズがAPS-Cサイズカメラでは焦点距離イメージ75mm相当の大口径標準単焦点レンズです。

75mmというと中望遠域に当たるので、被写体をグッと引き寄せたポートレート撮影や草花の撮影、スナップ撮影に向いています。非球面レンズを使った5群6枚の新規光学設計を採用しているため、気になる色収差や湾曲収差を補正し鮮明な描写が叶うところも大きな特徴です。
 

2.開放F値1.8の明るさを実現

SONY α7 III / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@Ted Eytan)

「FE 50mm F1.8 」は開放F値1.8の明るさを実現しています。ポートレート撮影ならズームレンズでもいいと思う人もいるかもしれませんが、単焦点レンズを使う最大の魅力は美しいボケ感です。

特にこのレンズは7枚羽根の円形絞りを使い開放F値1.8という明るさを兼ね備えているため、被写体をくっきり引き立たせて滑らかな背景ボケが演出できます。また、開放F値2以下という充分な明るさがあるので、夜や室内など光量が少ない場所でも安心して撮影できるところもポイントです。
 

3.軽量コンパクトで撮影しやすい

SONY α7 / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@John Brighenti)

単焦点レンズを使うときに、持ち運びのしやすさを気にする人も多いのではないでしょうか。

「FE 50mm F1.8」は重量186g、直径68.6mm×全長59.5mmのコンパクトで携帯しやすいサイズとなっています。長時間の使用はもちろんのこと、装着したまま手軽に使える常用レンズにピッタリです。

また、外観には金属マウントを採用し高級感があるため、SONYの上位機種と組み合わせて使いやすくなっています。
 

本レンズを楽しむなら


「FE 50mm F1.8」は35mm換算で50mmの中望遠域の単焦点レンズなので、風景や被写体グッと引き寄せる草花撮影やスナップ撮影、風景撮影に向いています。

 開放F値1.8だからこそ演出できる滑らかなボケ感を活かしたポートレート撮影もおすすめです。また、開放F値が1.8なので光量が少ない場所や夜間でも撮影しやすく、夜のポートレートや夜景撮影、室内撮影にも活用できます。

このように、意外とさまざまな撮影シーンに使えるので、初めての単焦点レンズや常用単焦点レンズに選んでみてください。
 

併せて検討したいレンズ


「FE 50mm F1.8」を検討するときに気になるのが、近い画角の単焦点レンズ「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」ではないでしょうか。両者の主な違いは、下記のとおりです。
製品

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

SONY Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA SEL55F18Z

価格

新品:28,891円〜

中古:22,000円〜

新品:77,580円〜

中古:61,000円〜

焦点距離50mm55mm
F値F1.8〜22.0F1.8〜22.0
最短撮影距離45.0cm50.0cm
絞り羽根枚数7枚9枚
手ブレ補正--
防塵-
防滴-
重量186g281g
発売年月2016年04月2013年12月
  • 「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は焦点距離イメージが82.5mmとなるので、「FE 50mm F1.8」とは少し距離感が異なる。
  • 「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は、ツァイスレンズシリーズならではの高解像度な写真が楽しめる。
  • 「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は防塵防滴性能が備わっておりレンズ表面にはT*コーティングが施されているので、野外など過酷な環境下でも安心して使える。
  • どちらのレンズも、レンズ自体には手ぶれ補正機能が備わっていない。
  • 「Sonnar T* FE 55mm F1.8 ZA」は重量約281g、直径64.4mm x全長70.5mmなので、軽量コンパクトさを求めるなら「FE 50mm F1.8」。

同じような画角ですが性能やコストが異なるため、重視したいポイントを比較しながら検討してみてください。
 

作例紹介

SONY α7 / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@drakestraw67)
美しい風景を捉えた1枚。水面に反射する光や立ち並ぶ建物などを高解像度で写し出しています。
SONY α7 II / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@John Brighenti)
背景をぼかしながら、被写体をしっかり引き立てているところが印象的。ポートレートレンズと呼ばれる由縁が分かります。
SONY α7 / FE 50mm F1.8
出典:flickr(@drakestraw67)
開放F値が1.8と明るいため、夜景撮影にも活用できます。色合いもきれいで、魅力的な1枚に仕上がっています。
 

ユーザーレビュー


「FE 50mm F1.8」のレビューを見てみると、「小型軽量で持ち運びやすく手軽に使える」「美しいボケ感はもちろん解像度が高く発色もいいので、コスパがいいと感じている」という声が目立ちます。

一方で「手ぶれ補正機能や高精度なAF機能が搭載されていると嬉しい」という声も。いずれにしても、持ち運びのよさと高い描写力が評価されているようです。
 

まとめ


「FE 50mm F1.8」は開放F値1.8を活かしたボケ感とポートレートに最適な中望遠域の画角が魅力的な単焦点レンズです。

軽量コンパクトで携帯しやすいので、常用レンズとしても向いています。初めて単焦点レンズにチャレンジしたい人やコスパがよく使い勝手のいい単焦点レンズを探している人は、ぜひ検討してみてください。
アキラさん

SONY FE 50mm F1.8 SEL50F18F

αシリーズ購入時に同時購入したいわゆる撒き餌レンズ。安価でF1.8と明るく描写力もそれなりにあり、現在もポートレートやホタル撮影に使用している。ただAFのスピードは多少ストレスを感じる。迷うことも多々あり。MF中心で撮るのであれば、問題ないと思う。

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

SONY α7R III / FE 50mm F1.8

基本仕様
対応マウントSONY Eマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応
APS-C専用-
レンズ構成5群6枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

50mm

最短撮影距離45.0cm
最大撮影倍率0.14倍
開放F値F1.8〜22.0
画角47度
手ブレ補正機構-
防塵-
防滴-
サイズ・重量
最大径×長さ68.6x59.5mm
重量186g
フィルター径49mm
発売日
発売日2016年04月28日