HOMEズームレンズNikon NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
Nikon NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

Nikon NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

Z50のキットレンズとして販売された、DX(APS-C)サイズの望遠ズームレンズNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR。キットレンズとは思えないほどの解像力の高さと手ごろな価格から、Zマウントの中でも抜群にコスパの良いレンズと言われています。今回は、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRの特徴や作例、併せて検討していただきたいレンズをご紹介します。

ズームレンズ / Nikon / 望遠
新品:
45,535円〜(10)
中古:
35,800円〜(20)

驚くほどシャープ。375mmまでカバーするコンパクト望遠ズーム

Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:instagram(@kurumahaiiyo)
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:instagram(@kurumahaiiyo)
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:instagram(@kurumahaiiyo)
 

1.キットレンズとは思えない解像力


本レンズの特徴の一つが、キットレンズとは思えない高い解像力です。

本レンズはZ50のダブルズームレンズキットとして販売されましたが、大口径であるZマウントの特性と考え抜かれたレンズ設計で、キットレンズらしい甘さはなくズーム全域でキレキレの描写力が楽しめます。あまりの解像力の高さはとてもキットレンズとは思えません。

また、色収差も抑えるように設計されているので、色がにじむことがなく、ふんわりと柔らかなボケが楽しめます。
 

2.快適な撮影をサポートする技術


もう一つの特徴が、高い技術力です。5.0段の高い手ブレ補正と、ステッピングモーターによる正確で素早いAFが撮影を強力にサポートしてくれます。この2つの技術によって、遠くで素早く動く被写体も逃すことなく、キレイに捉えてくれます。

さらに、50mmから250mm(35mm換算では75-375mm)と幅広い画角をカバーしていながら、携帯性も向上しています。沈胴時で長さ110mm、重さ約405gと小型軽量に設計されているので、長時間の撮影や持ち運びなどが疲れにくくなっています。
 

こんなシーンにおすすめ


解像力が高く、素早い動きの被写体にも追従できるので、野鳥などの小動物や子どもの運動会などにおすすめです。もちろんスポーツ観戦時にも活躍してくれます。防塵・防滴に配慮した設計になっているので、多少の砂埃や水滴などにも強いので、臆することなく屋外で使用できます。

しかし、本レンズにはナノクリスタルコートなどの逆光耐性は施されていません。なので、ゴーストやフレアが気になるという方は、別売りのフード(バヨネットフード HB-90A)を取り付けることをおすすめします。
 

作例紹介

Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:flickr(@MostlyDross)
望遠端で捉えた一枚。シャープな線で鳥が描かれています。背景の玉ボケも柔らかく幻想的です。
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:flickr(@MostlyDross)
凛とした気高さが感じられる作品。色にじみがないので、花のエッジがシャープに描かれています。
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:flickr(@MostlyDross)
細い毛の一本一本までシャープに捉えた一枚。AFが素早く正確なので、動きの速い小動物もしっかりと捉えています。
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:flickr(@Geoff Henson)
広角端で撮影された一枚。まるで写真の上に水滴を落としたかのように、花びらの上の水滴が立体的に描かれています。
Nikon Z 50 / NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR
出典:flickr(@Geoff Henson)
広角端で撮影された一枚。高コントラストとシャープな線で引き締まった作品になっています。
 

併せて比較検討したいレンズ


本レンズと併せて検討していただきたいのがAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRです。

2014年に発売されたDX(APS-C)フォーマットのレンズで、広角から超望遠までをカバーする超高倍率ズームレンズです。本レンズよりは劣りますが、4.0段という強力な手ブレ補正が搭載されているので、手持ちでの撮影も安心なレンズです。
製品

Nikon NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR

Nikon AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR

価格新品:45,535円〜
中古:35,800円〜
新品:85,623円〜
中古:46,980円〜
焦点距離50-250mm(35mm判換算:75-375mm相当)18-300mm(35mm判換算:27-450mm相当)
F値F4.5〜22.0F3.5〜40.0
最短撮影距離50.0cm48.0cm
絞り羽根枚数7枚7枚
手ブレ補正
防塵-
防滴-
重量405g550g
発売年月2019年11月2014年04月
本レンズよりも幅広い画角をカバーしていながら、長さ99mm、重さ約550gと非常にコンパクトに出来ています。

重量はやや本レンズよりも重くなってしまいますが、長さは本レンズより短いので、多少の重さは気にしないという方で、もっと幅広い画角を一本でカバーしたいという方におすすめです。

ぜひ、ご自身の撮影スタイルと照らし合わせて検討してみてください。
 

ユーザーレビュー


キットレンズとは思えない解像力で、非常にコスパの良いレンズと評価されています。

開放からしっかりと解像し、色乗りも良いので、APS-Cサイズ機だけではもったいないと、フルサイズユーザーも多く使用していました。

キットレンズだと写りが甘い場合が多いが、本レンズの場合はキレキレの描写で、ボケも美しいと高評価でした。広角端で近接撮影した場合のみ、周辺が甘くなる傾向にあるようですが、それ以外は問題ないとの意見もありました。

AFや手ブレ補正などの機能に関する評価も高く、手ブレ補正は強力で良く効き、AFは速く、精度も高いと言われていました。望遠端でもAFが迷うことはないようです。

ネガティブな意見としては、本レンズは沈胴式なので、最初にレンズを繰り出す必要があるのですが、この作法になかなか慣れないというユーザーも多かったです。また、マウントがプラスチックな所にチープさを感じるという方もいました。

ですが、この機構のおかげで、これだけの画角をカバーしているレンズとしては小型軽量で、小さなカメラバックにもすっぽり納まると高評価でした。コンパクトなので、行動範囲が広がったというユーザーもいました。
 

まとめ


キットレンズの印象を一新した望遠ズームレンズのNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR。その高い解像力と美しいボケは、APS-Cサイズユーザーだけでなく、フルサイズユーザーまでも魅了しています。

キットレンズの手ごろな価格でありながら、Nikonの技術力が詰まったレンズです。

ぜひ、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRを通して、キレキレな世界を楽しんでみてはいかがでしょうか。
基本仕様
対応マウントNikon Zマウント
フォーカスAF/MF
フルサイズ対応-
APS-C専用
レンズ構成12群16枚
絞り羽根枚数7枚
焦点距離

50-250mm(35mm判換算:75-375mm相当)

最短撮影距離50.0cm
最大撮影倍率0.23倍
開放F値F4.5〜22.0
画角31.3~6.3度
手ブレ補正機構
防塵
防滴
サイズ・重量
最大径×長さ74x110mm
重量405g
フィルター径62mm
発売日
発売日2019年11月22日