FUJIFILM X-H2

FUJIFILM X-H2

FUJIFILMのXシステムより、先に発売されたX-H2Sと対を為すハイエンド機X-H2を紹介。それまでの機種とは一線を画すスペックを有し、実質的なフラッグシップ機としてしばらく君臨するカメラです。X-H2Sとの違い、またX-H2ならではの性能についても詳しく解説していきます。

ミラーレス一眼 / FUJIFILM / ハイアマチュア
新品:
258,000円〜(63)
中古:
276,000円〜(3)

高速モデルと対を為す、APS-Cの枠を超えた高画素機

FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)
FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)
FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)
FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)
FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)
FUJIFILM X-H2 / XF56mmF1.2 R WR
出典:instagram(@tetsuya_ueda_)

およそ4年半ぶりの登場となったX-Hシリーズの新モデル。その立ち位置が不明瞭なシリーズではありましたが、先にリリースされたX-H2Sと今回紹介するX-H2でそれもようやく解決したように思えます。

今後、X-Tシリーズにも同様の性能が搭載されるかもしれませんが、ひとまず、一眼レフスタイルのフラッグシップ機として、余裕のあるサイズ感を活かした充実の機能を有する機種として展開されることが予想されます。

画素数をほどほどにした裏面照射センサーを搭載した高速機のX-H2Sに対して、X-H2は、APS-C規格ではなかなか見ない3000万画素をさらに超えた4020万画素という破格の画素数が最大の魅力。しかも、ピクセルシフトマルチショットを使えば一億6000万画素の写真も生成できるというから驚きです(ただしカメラ内処理ではなく、ソフトを使った後処理)。

常用の最低感度も更新。これまでISO200が主流でX-H2SでISO160となりましたが、X-H2ではISO125までとなり、低感度にこだわりたい人、露出をなるべく落としたい人、フルサイズカメラと併用した場合にもギャップが少なく扱いやすくなりました。

ただし、X-H2Sとは異なり裏面照射センサーではありません。そのため読み出し速度はX-H2Sよりも遅く、AFの追従速度も劣っています。でもそれはX-H2Sと比べた場合の話で、他社の同クラスのカメラに遅れを取っているわけではないので、及第点以上の活躍をしてくれるでしょう。

高画素機ということで高感度性能も気になるところ。加えて、高感度に強いとされる裏面照射センサーでないというのも懸念するポイントにはなりますが、むしろ他のAPS-C機よりも優れているという結果もあり、心配には及ばないようです。ダイナミックレンジも広く、むしろ高感度でのダイナミックレンジが広いという実験結果もあるほど。他に類を見ないAPS-C規格における4000万画素の世界を存分に堪能することができます。
製品

FUJIFILM X-H2

FUJIFILM X-H2S

価格新品:258,000円〜
中古:276,000円〜
新品:286,800円〜
中古:269,930円〜
センサーサイズAPS-C(23.5mm×15.6mm)APS-C(23.5mm×15.6mm)
有効画素数4,020万画素2,616万画素
連続撮影速度最高約20.0コマ/秒最高約40.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正
防塵・防滴
撮影可能枚数エコノミーモード時: 約680枚
ノーマルモード時: 約540枚
エコノミーモード時: 約720枚
ノーマルモード時: 約580枚
重量579g579g
発売年月2022年09月2022年07月
 

X-H2Sと同様のワンランク上な機能揃い


センサー周り以外は基本的にはX-H2Sと同様。画像処理エンジンは最新のX-Processorを採用し、それまでの2倍の高速処理を実現。ファインダーは倍率0.8倍で576万ドットという、撮影する前からX-H2が生み出す高精細な世界を想像することができます。

ボディ内手振れ補正には最大7段という強力なものを搭載し、防塵防滴性能も搭載。フィールドワークにも思う存分持ち出すことができます。

デザイン自体X-H2Sと同様なので、当然ながら縦位置グリップが共用できます。X-H2Sとの2台持ちの場合や、どちらかの縦位置グリップが壊れてしまったときにも便利です。
 

見逃せない動画性能


X-Hシリーズといえば当初は動画機能の良さが特徴でした。X-H2Sでもそのコンセプトは受け継いでおり、高画素機であるX-H2Sでさらに際立っています。X-H2Sでは6.2K/30Pのところ、X-H2は8K/30Pを実現。別売りの冷却ファンを取り付ければ約160分もの間、8K動画を撮影することができるんです。もちろん冷却ファンはX-H2Sと兼用可能。

MFをアシストしてくれるフォーカスメーターや階調豊かな映像が記録できるF-Log2も搭載。動画機としても充分選択肢に入る一台となっています。
 

ユーザーレビュー


■ ポジティブレビュー
  • とにかく画質がいい
  • APS-Cの超高画素機とは思えない高感度の良さ
  • 手振れ補正がかなり効いてくれる
  • 80K/30pを実現しているだけでも買い
センサーサイズが小さいことによって起こるノイズも気になりにくく、センサーサイズが気にならないほどのダイナミックな絵作りが楽しめるようです。


■ ネガティブレビュー
  • 物理ダイヤルが欲しくなる
  • 高感度には強いが期待するほどではない
  • 操作性がイマイチ。カスタマイズ性もあまり良くない
  • 重い
高感度に強いとはいえ、破格の高画素としてはという評価。操作性には慣れが必要なのはFUJIFILM製カメラに限らないので、じっくり使い込んで慣れていきましょう。
 

まとめ


フルサイズ規格の高画素化が進む一方で、少々停滞気味であったAPS-C規格にもブレイクスルーが起き、まだまだメインシステムとして検討できそうです。

各社でAPS-C規格がパワーダウンしている中、メインシステムとして手厚く展開し続けているFUJIFILM。フラッグシップ機のX-H2からXシステムをスタートしてみるのはいかがでしょうか。
レンズマウント
レンズマウントFUJIFILM Xマウント
撮像素子
センサーサイズAPS-C(23.5mm×15.6mm)
有効画素数4,020万画素
ダスト低減機能
映像エンジンX-Processor 5
画像記録
記録媒体

CFexpressカードTypeB
SDカード
SDHCカード
SDXCカード

スロット数

ダブルスロット
CFexpressカードTypeB/SDカード

記録画素数

[L] 〈4:3〉 6864 x 5152 〈3:2〉 7728 x 5152 〈16:9〉 7728 x 4344 〈1:1〉 5152 x 5152 〈5:4〉 6432x5152
[M] 〈4:3〉 4864 x 3648 〈3:2〉 5472 x 3648 〈16:9〉 5472 x 3080 〈1:1〉 3648 x 3648 〈5:4〉 4560x3648
[S] 〈4:3〉 3464 x 2592 〈3:2〉 3888 x 2592 〈16:9〉 3888 x 2184 〈1:1〉 2592 x 2592 〈5:4〉 3264x2592

画像ファイル

JPEG/RAW/TIFF/HEIF

動画
4K対応
記録サイズ

[8K(16:9)] (7680 x 4320):29.97p
[6.2K(3:2)] (6240 x 4160):29.97p
[DCI4K(17:9)](4096 x 2160):59.94p
[4K(16:9)](3840 x 2160):59.94p

記録形式

MOV/MP4

ライブビュー
フォーカスインテリジェントハイブリッドAF (TTLコントラストAF / 位相差AF)
シャッター
シャッター速度1/180000秒~15分
連続撮影速度最高約20.0コマ/秒
露出制御
測光方式/測光分割数TTL256分割測光 / マルチ / スポット / アベレージ / 中央重点
ISO感度64〜51,200
AF
測距点
ファインダー
視野率100%
倍率約0.8倍
ストロボ
内蔵ストロボ-
液晶モニター
サイズ3型(インチ) 162万ドット
可動式バリアングル式液晶
I/F
インターフェース

USB Type-C、HDMI

無線LAN
Wi-Fi機能
ネットワーク
NFC-
Bluetooth
防塵・防滴
防塵・防滴
手ブレ
手ブレ補正機構
GPS
GPS-
電源
撮影可能枚数(ファインダー)

エコノミーモード時: 約680枚
ノーマルモード時: 約540枚

撮影可能枚数(ライブビュー)

エコノミーモード時: 約680枚
ノーマルモード時: 約540枚

動画撮影可能時間

8K: 約70分(29.97p時)
4K: 約75分(59.94p時)
Full HD: 約85分(59.94p時)、約90分(120P時)
※顔検出OFF時

USB充電-
使用電池充電式バッテリーNP-W235
サイズ・重量
サイズ(幅)136.3mm×(高さ)92.9mm×(奥行き)84.6mm
重量579g
発売日
発売日2022年09月29日