トップ カテゴリ ミラーレス一眼 OM SYSTEM OM-5
OM SYSTEM OM-5

OM SYSTEM OM-5

マイクロフォーサーズマウント

2022/11/18発売

OM Digital Solutions(以下OMDS)よりミドルクラスのミラーレス機OM-5の紹介です。ペンタ部のロゴをOLYMPUS→OM SYSTEMに変更した最初の機種であり、機種名やデザインから連想できるように、これまでのE-M5シリーズの立ち位置を継承した機種となります。実用性やコンセプトをもとに明確な取捨選択が行われた、ミドルクラスらしい仕様にまとめられた一台です。

ONE SCENEでカメラ・レンズを出品しませんか?

手順通りに出品したものは、落札後「運営が1ヶ月の自然故障を保証」します。大切に使われてきたカメラ・レンズを適正価格で出品しませんか?

軽快かつ高性能。MFT機らしい凝縮したカメラ

OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO
OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO出典: instagram(@takuma_kimura_photo)

OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO
OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO出典: instagram(@takuma_kimura_photo)

OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO
OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO出典: instagram(@takuma_kimura_photo)

OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO
OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO出典: instagram(@takuma_kimura_photo)

OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO
OM SYSTEM OM-5 / M.ZUIKO DIGITAL ED 8‑25mm F4.0 PRO出典: instagram(@takuma_kimura_photo)

OMDSを牽引するフラッグシップ機OM-1が登場した同じ年に、さらに地盤を固めるべくリリースされたOM-5。OM-5の前身であるE-M5シリーズは、OM-Dシリーズの初号機を担った伝統あるシリーズであり、グリップ浅めのクラシカルなデザインには根強いファンが多く、OMDSになってからもE-M5シリーズのスタイルが継続されたことに喜んでいる方も多いことでしょう。

デザインはほんの一部変更がある以外はほぼE-M5 MarkIIIと同じ。充電池も同じものが使われているので、E-M5 MarkIIIからの買い替えでも安心です。センサーはE-M5 MarkIIIからの据え置きとなっていますが、画像処理エンジンはE-M1 MarkIIIに搭載されているTruePic Ⅸが採用され、階調表現や高感度撮影での画質は大幅に改善されています。

ファインダーも見え方の評判が良いのでE-M5 MarkIIIから継承し、メニュー構成もOM-1とは違う以前のものを採用しているので、OM-1をまだ導入していない人には嬉しい仕様と言えるかもしれません。

記録媒体はUHS-II対応のシングルスロットです。安心感などからデュアルスロット化を求めたくなりますが、ここは適材適所。気軽で手軽に使うカメラということで、軽量コンパクトを優先した結果ということでしょう。

実際に、機能が充実しているにも関わらず本体のみ366gとE-M5 MarkIIIと同様の重量を実現。レンズ2本組み合わせたシステムを構築してもせいぜい1kg強というのは驚異的なボリューム感といえます。

ボディデザインから考えると、パンケーキタイプのM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZと組み合わせれば、軽くて嵩張りにくく持ち出しやすそうです。ただ、2000万画素のセンサーや、新たに搭載された手持ちハイレゾショットのことを考えると、PROレンズを用意したいところ。小型軽量を追求したM.ZUIKO DIGITAL ED 12-45mm F4.0 PROとの組み合わせが、OM-5のポテンシャルを最大限発揮できるセットとしてオススメできそうです。

製品
価格

新品: 92,200円

中古: 69,800円

センサーサイズマイクロフォーサーズ(17.4 mm × 13.0 mm)マイクロフォーサーズ(17.4 mm × 13.0 mm)
有効画素数2,037万画素2,037万画素
連続撮影速度最高約10.0コマ/秒最高約10.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正機構
防塵・防滴
撮影可能枚数(ファインダー)310枚310枚
重量366g366g
発売日2022/11/182019/11/22

フラッグシップ機並みの防塵防滴性能、強力な手ブレ補正など、お家芸は健在

OLYMPUSから続くOMDSの専売特許といえば防塵防滴性能、強力な手ブレ補正。いまや当たり前の機能として各メーカーの多くのカメラやレンズに搭載されていますが、OMDSのそれは一線を画す性能を誇ります。

OM-5に搭載されている防塵防滴性能はフラッグシップ機OM-1と同等のものになっており、雨の中や滝の水しぶきの近くでの撮影でも全く問題がないほど。水没させない限りは問題なく動いてくれるので、まさにシーンを選ばないカメラです。

手ブレ補正も非常に強力。ついにフラッグシップ機以外で手持ちハイレゾショットを可能にしています。手ブレ補正は動画撮影にも有効で、別途ジンバルを使わなくても手ブレを極力抑えた撮影ができます。縦位置録画に対応しており、スマートフォンを使った動画編集もやりやすいです。

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • 画質が良くなり、APS-C機に匹敵している
  • E-M1 Mark IIIのコンパクト版と考えると満足度は高い
  • 全天候型カメラと考えるとアウトドア用カメラとして非常に魅力的

MFTの基準を一新したOM-1がリリースされるまでのフラッグシップ機であったE-M1 Mark IIIとほぼ同等のスペックを、小型ボディに収めたことに好感を持つ声も。

■ ネガティブレビュー

  • USB端子がmicroBなのが非常に残念
  • メニューが以前と同じ
  • 変化が少なくてインパクトに欠ける
  • OMを名乗るならOM-50にしてほしかった

ロゴを変えた節目の機種でありながらインパクトのある変化がなかったことに不満の声。特にUSB端子のことは強く言及されています。OM-1の性能を求められていたようですが、機種のポジションを考えると正常進化と言って差し支えないでしょう。

まとめ

OM SYSTEMをペンタ部に冠した最初のカメラとなったOM-5。一世代前のフラッグシップ機であるE-M1 Mark IIIの性能をブラッシュアップした性能とともに、MFT機ならではの軽快な撮影が楽しめます。タフさも備わっているので、さまざまなシーンに持ち出して、満足いくまで徹底的に使い込んでみてはいかがでしょうか。

製品情報

カテゴリミラーレス一眼
メーカーOLYMPUS
タイプハイアマチュアモデル
マウントマイクロフォーサーズマウント

人気のストーリー

人気のミラーレス一眼

FUJIFILM X-T2

ハイアマチュア

FUJIFILM X-T2

新品: 103,563円 / 中古: 59,800円

FUJIFILM X-H1

ハイアマチュア

FUJIFILM X-H1

新品: 89,800円 / 中古: 75,000円

FUJIFILM X-Pro2

ハイアマチュア

FUJIFILM X-Pro2

新品: 299,800円 / 中古: 110,000円

FUJIFILM X-T3

ハイアマチュア

FUJIFILM X-T3

新品: 105,000円 / 中古: 87,500円

FUJIFILM X-T30

ミドル

FUJIFILM X-T30

新品: 127,799円 / 中古: 79,760円