カメラ・レンズを高額買取!

大手より20%高い製品多数

すべて
定額買取
トップ カテゴリ ミラーレス一眼 SONY α6700(ILCE-6700)
SONY α6700(ILCE-6700)

SONY α6700(ILCE-6700)

SONY Eマウント
2023/07/28発売

SONYが、α1、α7 IV、α7R Vなどフルサイズミラーレスを一通り更新したことで、そろそろ発売されるのではと噂になっていたカメラ。APS-Cミラーレス、α6700がついに登場しました。α6600の発売から4年。その後継機となるSONYのAPS-C最高モデルα6700はどの様なカメラとなっているのでしょうか。

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

ボディの買取額:144,900円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約140,000円です。大手他社より約4,900円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

ついに登場した最新APS-Cミラーレス

2021年、2022年とSONYはα1、α7 IV、α7R Vとフルサイズミラーレスのフラッグシップ機から、ミドルスペック、スタンダードモデルを一通り新しいモデルにしました。

その間、APS-Cカメラは、ZV-E10やFX30と動画撮影に最適化された2機種が発売されただけで、スチール向けのAPS-Cミラーレスの登場を待望する声も多く聞こえていました。

そんな中、2023年に登場したのがα6700。SONYのAPS-Cミラーレスといえば、CanonやNikonの様に一眼レフ自体のペンタプリズム部分にファインダーを搭載しない、フラットな軍艦部が特徴です。α6700も従来のSONY APS-Cミラーレスのフラットですっきりとしたデザインを踏襲し、コンパクトで、持ち運びやすいデザイン。

機能面ではフルサイズミラーレスの最新機能が各所に盛り込まれ、コンパクトながらSONYミラーレス一眼の機能を十分堪能できるAPS-Cミラーレスとなっています。フルサイズ機と同様の裏面照射型CMOSセンサーの採用や、最新の画像処理エンジンBIONZ XRを搭載、6種被写体認識AFにも対応しました。

そして、動画性能の進化が1番の注目点です。SONYはZV-E10やFX30からわかるように、APS-C動画機に力を入れています。

α6700は単に一眼カメラに動画機能が付属したカメラではなく、ハイブリッド機として機能するように、随所に工夫が凝らされています。注目点は6Kオーバーサンプリングの4K動画や、4K120pに対応していることで、本格的な最新の高画質動画撮影に対応。

α6700はスチールも動画も最新機能が詰め込まれたAPS-Cカメラになりました。

α6600からの進化点とは

α6600の発売から4年。フルサイズミラーレスはUSB-Cの採用、被写体検出AFや裏面照射型CMOSセンサーなど、細かい進化を続けてきました。

α6700には裏面照射型CMOSセンサーが採用され、α6600より多い、6種の被写体検出AFに対応しています。それによって、より低照度下でもノイズは少なく、AFも作動するようになり、被写体認識によって、人だけでなく、乗り物、動物などの撮影でも歩留まり良く撮影することが可能になりました。

もちろん、性能面だけでなく、一見同じに見える外観デザインにも違いが。グリップは大型化され、より握りやすくなりました。他にもボタン類の配置も見直されています。グリップにはダイヤルが加えられ、静止画動画切り替えダイヤルはモードダイヤル下に。

またメニュー表示も大きく改善されていて、細かい変更を行うときの不透明さが以前よりも少なくなっています。Fnメニューをちょっとカスタムすることで、撮影中に変更する頻度の高い操作の多くにすぐアクセス可能となり、背面液晶はチルトからバリアングルに変更されたことでより動画撮影がしやすくなりました。バリアングル液晶はハイアングル、ローアングル、自撮りとより多くの撮影スタイルに対応できるので、Vlog撮影などで大きなメリットとなります。これだけの変更がありますが、α6700はα6600よりも9gですが軽量化されていることに驚かされます。

パッと見大きな違いがない外観ですが、全体的な使いやすさが大きく向上しています。

製品
価格

新品: 188,800円

中古: 177,800円

新品: 149,800円

中古: 105,500円

センサーサイズAPS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)APS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)
有効画素数2,600万画素2,420万画素
連続撮影速度最高約11.0コマ/秒最高約11.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正機構
防塵・防滴
撮影可能枚数(ファインダー)550枚720枚
重量409g418g
発売日2023/07/282019/11/01
表は左右にスクロールできます

他社ライバル機との比較は

APS-Cミラーレスが続々と発売される2022年、2023年、比較したい機種はα6600以外にも、他社製のミラーレスにもあります。

Canonは2022年にEOS R7というCanon APS-Cフラッグシップとも言えるようなカメラを発表しました。先に発売されたEOS R7の方がα6700よりも若干安価ではあるものの、ほぼ同一価格帯であり、ライバルともいえるでしょう。

ただ、この2機種については特徴がかなり異なります。EOS R7はAPS-Cカメラの望遠に強いという特徴を活かした、乗り物、スポーツ、動物などの動きモノの撮影に強いカメラです。メカシャッターでは最高15コマ/秒、電子シャッターでは最高30コマ/秒という連写速度にレンズ内手ぶれ補正とボディ内手ぶれ補正の協調で最高8段分の手ぶれ補正で動く被写体をしっかりと捉えます。

一方でα6700はスチールから動画までそつなくこなす万能機。連写速度は約11コマ/秒とEOS R7に劣りますが、動画はEOS R7よりも高い最高4K120pに対応しています。

α6700にはさらに動画向けの機能もあります。動きながらでも、より滑らかな動画を撮影できる「アクティブモード」という手ぶれ補正機能や、検出した被写体を自動的にフレーム内に収めるオートフレーミング機能など、動画撮影補助機能が充実しています。

この特徴が異なる2機種は、ボディ形状の違いも特徴的です。

EOS R7は一眼レフ同様、軍艦部にファインダーを搭載していることに対して、α6700はボディ右上に搭載することで、全体の形状は出っ張りの少ない形状になっています。EOS R7のボディ形状は一眼レフ時代から撮影を続ける人にとっては馴染みやすく、また望遠レンズなどの大きなレンズと組み合わせたときのバランスが良いことがメリットとなります。

ファインダーが光軸上にあるということはスチール撮影では正確にフレーミングする上でメリットとなりますが、動画撮影ではカメラの取り回しなどもあるので、シンプルなボディ形状がメリットとなることがあります。

ここからも、α6700が動画もスチールも両方を意識して設計されたカメラということができます。

製品
価格

新品: 188,800円

中古: 177,800円

新品: 184,445円

中古: 151,350円

センサーサイズAPS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)APS-C(22.3×14.8mm)
有効画素数2,600万画素3,250万画素
連続撮影速度最高約11.0コマ/秒最高約30.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正機構
防塵・防滴
撮影可能枚数(ファインダー)550枚ファインダー[なめらかさ優先]設定時 約380枚(ファインダー撮影時) 約660枚(モニター撮影時) ファインダー[省電力優先]設定時 約500枚(ファインダー撮影時) 約770枚(モニター撮影時)
重量409g530g
発売日2023/07/282022/06/23
表は左右にスクロールできます

ユーザーレビュー

■ ポジティブレビュー

  • AFはジョイスティックがなくてもタッチパッド方式で選択できるのでさほど困らない
  • フロントダイヤルがあるので右手だけで操作できるようになった
  • ローリングシャッターの少なさはさすがSONY
  • EVF撮影なら1日十分撮影できるバッテリーもち
  • AF-ONはよく使うので実装されたのは歓迎

α6600に比べてタッチパッドなど操作性も大きく向上されていることに高評価となっています。

■ ネガティブレビュー

  • SDカードスロットはダブルにしてほしかった
  • 連写するとすぐバッファ詰まりがおきる
  • 充電アダプターは同梱されないので自分で用意する必要がある
  • ジョイスティックがないのでAFポイントの選択がしにくい
  • 一眼レフ形状のAPS-C αも発売して欲しい

コンパクトなボディ形状、材料費高騰に対応したコストカットなどで制約された部分に低評価となる部分もあるようです。

まとめ

ついに登場したα6700。α6600の登場から数年が経ち、SONYの新しいフルサイズミラーレスが登場する度に、その後継機の登場が噂されてきました。ようやく登場したα6700はそれまでに発売されたα1、α7 IV、α7R VといったSONYフルサイズミラーレスの機能をAPS-Cに集約したようなカメラ。

裏面照射型CMOSセンサーと、最新の映像エンジン、フルサイズ譲りの被写体検出AFなど、最新ミラーレス機能が満載のAPS-Cカメラとなりました。

特に昨今のSONYはVLOGCAMやシネカメラなど動画機能に力をいれており、α6700にはそこから動画機能も受け継いでいることから、スチール、動画両方に高いレベルで対応できるカメラです。

APS-C機としてはやや高価ではありますが、フルサイズミラーレスのサブ機としての使用や、本格的な動画撮影にまで対応できる機能性を考えると、コスパは十分高くなります。

価格情報

SONY α6700(ILCE-6700)

ミラーレス一眼 > ハイアマチュア

SONY α6700(ILCE-6700)

Amazonで見る

新品: 193,030円 / 中古: 178,800円

楽天で見る

新品: 188,800円 / 中古: 177,800円

Y!ショッピングで見る

新品: 191,923円 / 中古: 177,800円

\大手より20%高く買い取る製品多数!/

ONE SCENEの買取サービス

カメラ/レンズを買い取ります!

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

ボディの買取額:144,900円(定額)

参考:この製品の大手他社の買取参考価格は約140,000円です。大手他社より約4,900円お得です。

他の製品の買取価格を調べてみる >

製品情報

カテゴリミラーレス一眼
メーカーSONY
タイプハイアマチュアモデル
マウントSONY Eマウント

関連製品

製品
SONY α6700(ILCE-6700)

SONY α6700(ILCE-6700)

(本製品)

価格

新品: 188,800円

中古: 177,800円

新品: 255,830円

中古: 252,730円

新品: 466,800円

中古: 405,200円

新品: 260,000円

中古: 154,800円

新品: 183,384円

中古: 106,800円

新品: 189,999円

中古: 157,800円

センサーサイズAPS-Cサイズ(23.5 x 15.6mm)フルサイズ(35.9×23.9mm)フルサイズ(35.7×23.8mm)フルサイズ(35.9×24.0mm)フルサイズ(35.6×23.8mm)フルサイズ(35.6×23.8mm)
有効画素数2,600万画素3,300万画素6,100万画素4,240万画素1,220万画素2,420万画素
連続撮影速度最高約11.0コマ/秒最高約10.0コマ/秒最高約10.0コマ/秒最高約10.0コマ/秒最高約5.0コマ/秒最高約10.0コマ/秒
4K対応
手ブレ補正機構
防塵・防滴
撮影可能枚数(ファインダー)550枚530枚440枚530枚310枚680枚
重量409g429g638g572g584g424g
発売日2023/07/282023/10/132022/11/252017/11/252015/10/162020/10/23
表は左右にスクロールできます

\ お持ちのカメラ・レンズ買います /

ONE SCENEの買取サービス

定額買取
梱包材無料送付
集荷サービス

直近の買取実績

ミラーレス一眼

Nikon Z fc [ボディ シルバー]

60,250で買取

(大手他社より+11,250円)

【内訳】本体(定額): 58,700円 / 美品: 500円 / 予備バッテリー: 1,050円

ズームレンズ

TAMRON 18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) [キヤノン用]

49,450で買取

(大手他社より+4,450円)

【内訳】本体(定額): 46,500円 / 美品: 500円 / 別売り三脚座: 1,200円 / プロテクトフィルター・偏光フィルター: 1,250円

ミラーレス一眼

OLYMPUS OM-D E-M1X

61,000で買取

(大手他社より+11,000円)

【内訳】本体(定額): 59,900円 / 美品: 500円 / サードパーティーバッテリー2個: 600円

単焦点レンズ

Nikon NIKKOR Z 85mm f/1.8 S

67,100で買取

(大手他社より+12,100円)

【内訳】本体(定額): 65,900円 / 美品: 600円 / フィルター: 600円

ミラーレス一眼

SONY α7 III(ILCE-7M3) [ボディ]

123,300で買取

(大手他社より+21,300円)

【内訳】本体(定額): 122,300円 / 美品: 1,000円

ミラーレス一眼

Nikon Z 6II [ボディ]

120,900で買取

(大手他社より+20,900円)

【内訳】本体(定額): 119,900円 / 美品: 1,000円

今スグ買取価格を調べる